11DSCN2472.jpg

もう今年も半分過ぎるところですね。沖縄はすでに夏です。

さて、個人的な事ですが、本日をもって

全てのブログランキングから撤収することにしました。


みなさまのおかげで、各所で1位を取ることができ、

大変感謝しています。


しかし同時に、1位に縛られ、1位にしがみつく自己に

気が付きました。それ故に、自由を失ってしまい、

優越感という罠にはまり、本来なすべきことを見失うところでした。



僕が目指すものは、少なくともランキング1位を死守し、

優越感に浸る事ではなく、自己を確立することです。


それにアートというものは競いあうものではありません。


よって、再度自由になるために、全てを放棄することにしました。

放棄することは得ることですね。

今まで応援してくれた皆様、どうもありがとうございます。

今後は別の形で、よろしくお願いします。

スポンサーサイト

12DSCN0939.jpg


さて、50才を過ぎてからのチャレンジ、ヘヴイ・メタルという

分野の音楽探索は今日で一段落します。

「AWAKENING THE WORLD」で終わるところが洒落ているでしょう?

いや~面白かったです。

ヘヴイ・メタルの疾走感、高揚感、たまりませんね~。

個人的には北欧系と南米系のBANDが特に印象深かったですね。


同時に70年代ブリティッシュ・ロックの良さも再認識しました。

70年代恐るべしですよ。みなさん、LED ZEPPELIN聴きましょう。


-------------------------------------------------------------


さて、それでヘヴイ・メタル探索を終えて、次はアートの世界で

遊びます。聴き手から作り手への方向転換です。




↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ

fuji2012.jpg
fuji2012-3.jpg


明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

管理人は新年の誓いとして、今年はBLOGのアフィリエイトによって発生した収益は、原則として世界辞書ウィキペディア(Wikipediaja)に全額寄する事に決めました。

もはやウィキペディアの存在は、インターネット上の百科事典として必需品です。ある調査によると日本からの支援は、全体の0.48312095%だけだそうです。皆様の良識ある御協力・応援、よろしくお願いいたします。


さらに今年は、個人的な買い物のうちから1%を中村哲医師の活動のため、ペシャワール会に寄付する事も決めました。(ペシャワール会に関する情報はこちら)

選択するにあったて、WWFジャパンと迷いましたが、WWFジャパンのシンボルマークがパンダであったため、中華が連想され、中国に領海侵犯を繰り返されている沖縄県民としては、許容出来る物ではないので、WWFジャパンは却下しました。

また、2012年度のBLOGは、更に新規軸を打ち出し、ますます混沌とした管理人の精神構造を垣間見せるBLOGになりそうですが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。所詮この世はカオスです。

尚、政権公約に反した消費税率のUPは容認できないので、断固反対することも表明しておきます。それは同時に、民主党政治の終焉を期待している事でもあります。


さあ、2012年も飛ばしていきましょう!

B'z 恋心(KOI-GOKORO) LIVE


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

hana001.jpg

コンテンツが少し方向性を見い出してきたので、ブログのタイトルを「50才からのCDレビュー」から「音楽と本と猫と沖縄で遊ぶ」に変更しました。より具体的なタイトルになったと思います。あらためてよろしくお願いいたします。

こんにちは。管理人のH(エイチ)といいます。御訪問ありがとうございます。ここではこのブログの目的について、書いてみたいと思います。

段々と年を重ねると、それなりに不具合も出てくることを実感している今日この頃。僕の場合は特に目の不具合に難儀している。通常時は普通の眼鏡をしているが、本を読むときは近距離用の近々眼鏡、パソコンの画面を見るときはパソコン専用の近々眼鏡と、眼鏡に囲まれた生活をしている。

今ならまだパソコンを1、2時間程度見ていても苦痛ではないので、思い切ってブログとホームページを作ってみる事にした。フリーソフトを利用したり、図書館から借りてきた本とにらめっこしながら作っている。もう眼鏡をとっかえひっかえしながらなので、それなりに時間がかかる。

内容は子供の頃から今までに聞いた、音楽のレビューが中心。洋楽が中心だけど、クラシックからメタルまで、満遍なく聞いてきたので聞く耳は、まだそれなりにあると思う。個人的な思い入れが混じってしまいますが、お許し下さい。人が生涯に聞く音楽って意外に少ない感じがするので、レビューの中で、今までに聞いたことのない音楽に出会えてもらえれば幸いです。

それにしても、すばらしい音楽はいいですね。この年になっても音楽はかかせません。後、60年代後半のROCK創成期を原体験できたのが、ちょっと嬉しいかな。

それと、僕が聴く音楽の基準はメロディが美しいことが原則。何は無くともメロディアスさ優先。よってレビューするアーチストに偏りがでる可能性が高いと思いますが、その辺は御愛嬌という事で。

また、ついでといっては何ですが、僕と同じ50才以上の人用に、レビューしたCDが50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度(10点に近いほうが安全)とメロディアス度(旋律美)を10点満点で評価してみました。参考にしてみて下さい。(クラシックは省く)

なお、当然のことながら、音楽というものは感じ方・感想などに圧倒的な個人差があります。「ここで紹介されてたCDやDVDを買ったけど、全然良くなかった」というクレームは一切受け付けませんので、悪しからずご了承ください。また、他の商品の購入に関しても自己責任でお願いします。


                                 ***追記***

CD/DVDのネット販売大手AMAZONとアフィリエイト契約を結び、当ブログのCDレビューページ等で紹介した作品をそれぞれのページから、AMAZONの商品ページへの直接リンクを設置いたしました。 CD/DVDは基本的に輸入版にリンクしています。国内版にリンクした場合はわかりやすいように国内版と記述してます。どうぞ、ご購入をご検討の方はクリックしてみてください。