srw-001.jpg

僕は普段スポーツには疎く、基本的にサッカーの
ワールドカップしか観戦しないのですが、
先日ラグビーW杯イングランド大会をチラ見しました。
今はスーパーラグビーと言うのですね。

日本が大健闘して、喜ばしいです。
南アフリカを破る大金星をあげたそうで、これって
サッカーで言うと、W杯でドイツ相手に3-2で勝って
優勝したぐらいの凄さなのかな。

-------------------------------------------------------------

それに何より、ラグビーW杯日本代表のユニホームが
素敵ですね。

あきらかに日本国旗に敬意を評したデザインで
赤と白の組み合わせが美しいです。


いや、このデザイン、個人的には感動モノですよ。
とても素晴らしい。

-------------------------------------------------------------

それに比べ、サッカーの日本代表のユニホームの
サムライ・ブルーのデザインはしょぼいです。
小学生の運動会用のユニホームだな。
なんだか弱々しく見えるんですよね。
実際、弱いけど・・・。

その意味ではサムライの呼び名はラグビー日本代表に
譲るべきでしょう。
サッカーはゲイシャ・ブルーでいいですよ。

なんだかサッカーの日本代表のユニホームのカラーって、
日本人の心にフイットしないんですよね。

-------------------------------------------------------------

個人的には、サッカーのユニホームで使われている青は
やめたほうがいいという意見です。

何故かと言うとブルーは集中力を高める効果はあるけど、
興奮を押さえ、気持ちを落ち着かせてしまう色なんですね。
それに日本的には、未熟さに対してのまだ青いや青二才や
や発展途上のイメージが強い。

だから接触プレーの多いスポーツにはむかない色です。

-------------------------------------------------------------

それに比べ、ラグビーのユニホームで使われている赤は
人が生きるために必要なものと多く結びついている色であり、
エネルギーを感じさせるアクティブな色です。

気分を高揚させる働きから元気を与えてくれたり、
スポーツで闘争心を駆り立ててくれる色です。


活力を感じさせ、気持ちを前向きにさせる色で
アドレナリンを分泌してくれる効果があります。

そして何よりも、日本の国旗の色。
この赤を使わないで何を使うの?って言う感じです。


-------------------------------------------------------------

フィジカルでもメンタル面でも強度を高くして戦うならば
絶対赤をたくさん使うべきです。

全てのスポーツの日本代表のユニフォームには
美しい日本の国旗の色をしっかりと使うべきですね。

-------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------

NEW
サブ・ブログを作りました。
こちらはランキングに参加しています。
お時間が有りましたら訪問していただき
ランキングボタンを押していただけると嬉しいです。

arrow-001.gif こちらは毎日更新中!?

↓↓よろしくお願いします

沖縄日記・島猫と遊ぶ日々(ΦωΦ)フフフ版


スポンサーサイト

nz-000.jpg

ニュージーランド政府が新しい国旗デザインを公募して、
2016年に国民投票で最終的に新国旗を決めるそうですね。

これがまた、どこぞの国の五輪エンブレムの決め方とは真逆で
みんなが参加できるいい方法です。

どこぞの国は、密室で身内同士でデザインを持ち回り制で決めるから
佐野ナニガシくんの様なパクリ大魔王が降臨してしまうのですね。

それに比べニュージーランド政府の方式は、とてもクリーンで公平です。
これなら佐野ナニガシくんの様な盗作デザイナーも排除できますね。

どこぞの国も見習うべきです。

---------------------------------------------------------------------

nz-001.jpg
nz-002.jpg
nz-003.jpg
nz-004.jpg

どのデザインもオリジナリティーがあり、幸福感にあふれています。
うらやましいですね。どこぞの国の五輪エンブレムもニュージーランドに
発注したらいいのにと、マジで思います。

色合いは白と黒だけを使ったデザインもありますが
佐野ナニガシくんのようなお葬式感満載ではなく
逆に躍動感にあふれていて、僕は好きですね。

このニュージーランドの国旗デザイン公募の予算、23億円だそうです。
どこぞの国は金満体質を改め、ニュージーランドを見習うべきです。

---------------------------------------------------------------------

デザイン案の公募は2015年7月16日で締め切られ、最終的に
1万292個のデザインが集まったそうです。
その中から最終候補が以下の4種類にしぼり込まれました。
どれも喜びを感じるステキなデザイン。

僕は3番めのデザイン案が好きですね。シンプルでいいですよ。
派手目な国旗が多い中、このデザインは逆に目立つと思います。
国連とかで国旗を並べていますが、その中に入れても埋没しない
とても優れたデザインだと思いますね。


---------------------------------------------------------------------

こういう優れたデザインを見るとワクワクしてきます。
楽しいですよね。

それに対し、東京2020の新国立競技場の当初案、
白紙撤回された大会エンブレム、ボランティア用ユニフォームに
悲壮感を感じてしまうのはなぜでしょう??


やっぱりどこぞの国では一部の利権を握っている人間がゴリ押し
するからでしょうか。まさに世界の笑い者ですね。
経済的には発展しても、尊敬されないどこぞのお国・・・。

---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------

そういえば佐野ナニガシくんって田魔美で教授してるんですよね。
どんな内容なのか、一度講義を受けてみたいな。
きっと最先端のパクリ技術を教えてくれるんでしょうね。
これからのデザインはパクリだ!!パクってパクってパクりまくれ!!
って言う感じかな。

まあどちらにしろ、アーチストを目指し、美大なんかを卒業しちゃった
人間は、一生3流アーチストだよね。
美大を卒業した人、その意味わかりますか?
そう、わからないから永遠に3流。


---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------

NEW
サブ・ブログを作りました。
こちらはランキングに参加しています。
お時間が有りましたら訪問していただき
ランキングボタンを押していただけると嬉しいです。

arrow-001.gif こちらはほぼ毎日更新中!?

↓↓よろしくお願いします

沖縄日記・島猫と遊ぶ日々(ΦωΦ)フフフ版




asahi-001.jpg

前回の記事で意識を失うことがあると書きました。
みなさん心配していただいて、ありがとうございます。

今まで何度も意識を失っているのもかかわらず
今のところ無事ですので、今後も無事かなと楽観的に
考えています。まあ人間1度は死を迎えますから
その覚悟もしています。

幸いな事に意識を失うと同時に、それを保護する機能が働くようで
生命の絶対的危機での状態では意識は失わないようです。

それにまだまだやりたい事はたくさんあるので
それが終わるまでは生にしがみつきます。

まあブログが継続されている間は生きているなと思って下さい。
ご心配本当にありがとうございました。

------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------

さて、若い頃から睡眠時間は少なかったのですが、
最近いっそう睡眠時間が少なくなりました。
夜10時には寝て夜中の3時には目覚めてしまう様になりました。

文伽さんには「おじいちゃん」とか言われてショック。
せめて壮年とか熟年とか言って下さい!!(笑)
まあ、じょうだんはさておき。

------------------------------------------------------------------

確かに自分でも睡眠時間少ない感じはしますが、特徴として
「死んだように眠っていて、何がおきても起きない」
睡眠なのだそうで、これで十分なのでしょう。

だた、家で一番の早起き猫・エルが夜中に僕の足を舐める事があって
その場合だけは例外的に起きてしまいます。
エル、何が目的なんだろう?僕の足、どんな味がしますか。

想定外に1時ぐらいに覚醒してしまった場合は、車で秘密基地に行きます。
ここは僕と友人だけが知っている薪を焚ける場所。
深々とした深夜に薪の火を見ていると心が落ち着きます。

薪の炎はすごいですね。温かいし明るいし気持ちがいいです。
ゆらゆらと揺らぐ薪の炎は神秘的な感じがします。
(本当は法律的には焚き火などは禁止なのですが、まあ誰にも迷惑かけないから
いいかなと・・・。もちろん火の後始末はしっかりしてますよ。)

------------------------------------------------------------------

で、20・30代では3日ぐらいの徹夜は全然平気でしたが、今はダメ。
とにかく寝ておかないと翌日頭が回りません。
っていうか体が動きません。まったくもっておじいちゃん状態。(笑)

いや~、徹夜はもう不可能です。ある時間になったら寝てしまったほうが
翌日の気分が違います。もういい気分優先で生きていこう!

------------------------------------------------------------------

話はそれますが、朝日が登る瞬間を体験したことはありますか。
僕は3,4時頃に目覚めてしまったら、外に出て朝日が登る瞬間を体験しに行きます。
朝日が登る瞬間は、無条件で心地よいですよ。
みなさんも朝日が見れる場所に住んでいるのならば、これはお薦め。
体中が清浄なエネルギーで満たされます。

朝日が登る瞬間を何回も真剣に観察していると分るのですが
朝日が登る瞬間、海の表面を光が走ります。
本当にわずか一瞬ですが、それがまた美しい。

早起きは三文の得と言いますが、それは本当で、こんな大自然の
不思議を見る事ができるので楽しいですよ、早起きは。

------------------------------------------------------------------

追記

なんでも自称芸術家のフランス人・クレ・アブラーム(48)が
京都や大阪の繁華街にある道路標識にいたずら書きをしているそうですね。

「標識は権力のシンボル」、「権力が定めた法を守ることに、
異議を唱える作品だ」と主張しているらしい。

まあ権力に反抗するのはいいのですが、それにしてはあまりにも
みみっちい子供の遊びみたいなイタズラですね。
アートというには明らかに重要な部分が欠けています。
これを作品だというバカなフランス人の精神構造が知りたいです。

真剣に権力に異議を唱えるならば他の方法があるはずです。
本当にインチキな自称芸術家のフランス人ですね。
こんなものタダのイタズラ書きです。犯罪です。

何度も言うように何でも好き勝手に表現すればいいという事はありません。
最近は本当に自称芸術家が増えていて、芸術の意義がわからない
世の中になっています。困ったものだ。

------------------------------------------------------------------

まあ、それはそれとして2015年のオジサン一押しのBABYMETALを聴いて
本物のアートを楽しみましょう。

BABYMETAL - Road of Resistance - Trailer


BABYMETAL - WORLD TOUR 2014 - Trailer


chikyuu-002.jpg

明けましておめでとうございます。
本年がみなさまにとって、世界にとって
良い年でありますように。

一見殺伐とした世界ですが、静かに世界中で愛が育っています。
少しでも世界が平和になりますように。

さて、今年の個人的な目標は猫になる事です。
猫になって愛猫エルと会話がしたいです。
それでは猫になって屋根の上で会いましょう。

相変わらず好き勝手なことを書いているブログですが
今年もよろしくお願いします。(^O^)/


今年はBABYMETALでいくぞ~。
ヘドバンヘドバン バンバンババン♪
ヘドバンヘドバン バンバンババン♪


BABYMETAL - Summer Sonic 2013 [Full Special] HD





egao-001.jpg

え~、いまだに「アナ雪」のどっちがアナでどっちが雪か知らない管理人Hですが
皆さまの応援に支えられて、早いものでこのブログを始めて3年がたちました。
3年って僕の人生のパターンの1ブロック、1つの区切りです。

もともと音楽と本と猫がメインのブログでしたが、初心はすっかり忘れ
今や個人的な戯言を勝手気ままに無責任に書いてしまう
ブログになってしまいました。

まあ変化していくのは必然なのですが、その時期その時期で
ブログの内容に関連した人々と交流出来て楽しいです。

ただ一つだけの心残りは,先代猫チロがブログを始めてから
若くして虹の橋を渡ってしまった事です。
もっといっぱい愛してあげたかった。

------------------------------------------------------------------------

それにしても不思議ですね。多分生涯を通じて実際に出会う事はない人々と
このような形で交流できるとは思ってもみませんでした。
毎日のように各ブロガーさんのブログに訪問していると
なんだか昔からの知人のような気がしてきます。
本当に出会いって不思議で面白いですね。

やっぱり3年続いたのは、色々な出会いがあって楽しいから続いたのでしょうね。


僕は基本的に来る者拒まず去る者追わずなのですが
その時期その時期で訪問してくれる人が変化しています。
そりゃそうですよね。最初はヘヴイメタルのレビュー中心でしたから
ヘヴイメタルに興味がある人が訪問してくれますよね。

今は最初の頃に比べると内容も幅広くなりましたので、
やはり幅広く訪問してもらってます。
ありがとうございます。

------------------------------------------------------------------------

今後の展開は・・・と聞かれると??なんですが
気ままに進む方向に進んでいこうと思います。
いつまで続けるかもわかりませんが、楽しめる限りは続けます。

でも、もう10年もブログを更新されているブロガーさんもおり
う~ん、すごいな~と、頭を垂れるばかりです。

まあ、こんないい加減なブログですが今後もよろしくお願いします。
みんなでいろいろなものを分ち合いましょう。

------------------------------------------------------------------------

今日は3周年記念に、僕の秘蔵のアーチスト、ロリーナ・マッケニットを
紹介します。
彼女は婚約者を水難事故で亡くしてからしばらく活動を停止していたのですが
現在は見事に復活して音楽活動に専念しています。

自らを「さまよえるケルト人」と呼ぶ彼女の音楽性はケルト音楽を中心に
中近東の音楽を加えた摩訶不思議な世界です。登場する楽器も見たことのない
楽器が多く、ビジュアル面でも楽しめます。


Loreena McKennitt - The Mummer's Dance


Loreena McKennitt - Caravanserai