obama-003s.jpg


President Obama Participates in a Wreath Laying Ceremony


アメリカのオバマ大統領が5月27日、広島市の平和記念公園で
原爆死没者慰霊碑に献花した。

オバマ氏は現職のアメリカ大統領として初めて被爆地・広島を訪問。
原爆投下国として、広島と長崎を含む第二次世界大戦のすべての
犠牲者らに哀悼の意を示すスピーチをした。
その中で「核なき世界」を主導する責任についても言及した。


献花には安倍晋三首相が同席した。
オバマ大統領のスピーチは以下のとおり。


■オバマ大統領「広島と長崎が教えてくれたのです」


71年前の明るく晴れ渡った朝、空から死神が舞い降り、
世界は一変しました。閃光と炎の壁がこの街を破壊し、
人類が自らを破滅に導く手段を手にしたことがはっきりと示されたのです。

なぜ私たちはここ、広島に来たのでしょうか?

私たちは、それほど遠くないある過去に恐ろしい力が解き放たれたことに
思いをはせるため、ここにやって来ました。

私たちは、10万人を超える日本の男性、女性、そして子供、
12人のアメリカ人捕虜を含む死者を悼むため、ここにやって来ました。

彼らの魂が、私たちに語りかけています。
彼らは、自分たちが一体何者なのか、
そして自分たちがどうなったのかを振り返るため、
内省するようにに求めています。



広島だけが際立って戦争という事実ではありません。
遺物を見れば、暴力的な衝突は人類の歴史が始まった頃から
あったことがわかります。フリント(岩石の一種)から刃を、
木から槍を作るようになった私たちの初期の祖先は、
それらの道具を狩りのためだけでなく、
自分たち人類に対しても使ったのです。


どの大陸でも、文明の歴史は戦争で満ちています。
戦争は食糧不足、あるいは富への渇望から引き起こされ、
民族主義者の熱狂や宗教的な熱意でやむなく起きてしまいます。


多くの帝国が勃興と衰退を繰り返しました。
多くの人間が隷属と解放を繰り返しました。
そして、それぞれの歴史の節目で、罪のない多くの人たちが、
数えきれないほどの犠牲者を生んだこと、
そして時が経つに連れて自分たちの名前が
忘れ去られたことに苦しめられました。



広島と長崎で残酷な終焉へと行き着いた第二次世界大戦は、
最も裕福で、もっとも強大な国家たちの間で戦われました。

そうした国の文明は、世界に大都市と優れた芸術をもたらしました。
そうした国の頭脳たちは、正義、調和、真実に関する先進的な思想を
持っていました。

にもかかわらず、支配欲あるいは征服欲といった衝動と同じ衝動から、
戦争が生まれたのです。

そのような衝動が、極めて単純な部族間同士の衝突を引き起こし、
新たな能力によって増幅され、新たな制限のないお決まりの
パターンを生んでしまったのです。


数年の間に、およそ6000万人もの人たちが亡くなりました。
男性、女性、子供、私たちと何ら違いのない人たちがです。
射殺され、撲殺され、行進させられて殺され、爆撃で殺され、
獄中で殺され、餓死させられ、毒ガスで殺されました。

世界中に、この戦争を記録する場所が数多くあります。
それは勇気や勇敢な行動を綴った記念碑、言葉では言い表せないような
卑劣な行為の名残でもある墓地や空っぽの収容所といったものです。

しかし、この空に立ち上ったキノコ雲の映像を見た時、
私たちは人間の中核に矛盾があることを
非常にくっきりとした形で思い起こすのです。


私たちの思考、想像力、言語、道具を作る能力、
そして人間の本質と切り離して自分たちを定めたり、
自分たちの意志に応じてそうした本質を曲げたりする能力
といったものを私たちが人類として際立たせること

――まさにそうしたことも類を見ない破滅をもたらすような能力を
私たちに与えられることによって、
どれだけ悲劇をもたらす誘発剤となってしまうか。


物質的な進歩、あるいは社会的な革新によって、
どれだけ私たちはこうした真実が見えなくなってしまうのか。

より高い信念という名の下、どれだけ安易に私たちは
暴力を正当化してしまうようになるのか。


どの偉大な宗教も、愛や平和、正義への道を約束します。
にもかかわらず、信仰こそ殺人許可証であると主張する
信者たちから免れられないのです。

国家は犠牲と協力で人々が団結するストーリーをこしらえ
、優れた功績を認めるようになります。
しかし、自分たちとは違う人々を抑圧し、人間性を奪うため、
こうしたものと同様のストーリーが頻繁に利用されたのです。


科学によって、私たちは海を越えて交信したり雲の上を
飛行したりできるようになり、あるいは病気を治したり
宇宙を理解したりすることができるようになりました。
しかし一方で、そうした発見はより効率的な殺人マシンへと変貌しうるのです。


現代の戦争が、こうした現実を教えてくれます。
広島が、こうした現実を教えてくれます。

技術の進歩が、人間社会に同等の進歩をもたらさないのなら、
私たち人間に破滅をもたらすこともあります。
原子の分裂へとつながった科学的な変革には、
道徳的な変革も求められます。

だからこそ、私たちはこの場所に来るのです。

私たちは、この街の中心に立ち、勇気を奮い起こして
爆弾が投下された瞬間を想像します。

私たちは、目の当たりにしたものに混乱した
子どもたちの恐怖に思いを馳せようとします。

私たちは、声なき叫び声に耳を傾けます。

私たちは、あの悲惨な戦争が、それ以前に起きた戦争が、
それ以後に起きた戦争が進展していく中で
殺されたすべての罪なき人々を追悼します。

言葉だけでは、こうした苦しみに言葉に表すことはできません。
しかし私たちは、歴史を直視するために共同責任を負います。
そして、こうした苦しみを二度と繰り返さないために
どうやってやり方を変えなければならないのかを
自らに問わなければなりません。


いつの日か、証言する被爆者の声が私たちのもとに
届かなくなるでしょう。
しかし、1945年8月6日の朝の記憶を決して薄れさせてはなりません。
その記憶があれば、私たちは現状肯定と戦えるのです。
その記憶があれば、私たちの道徳的な想像力をかき立てるのです。
その記憶があれば、変化できるのです。


あの運命の日以来、私たちは自らに希望をもたらす選択をしてきました。

アメリカと日本は同盟関係だけでなく、友好関係を構築しました。
それは私たち人間が戦争を通じて獲得しうるものよりも、
はるかに多くのものを勝ち取ったのです。

ヨーロッパ各国は、戦場を交易と民主主義の結びつきを深める場に
置き換える連合を構築しました。
抑圧された人々と国々は解放を勝ち取りました。
国際社会は戦争を防ぎ、核兵器の存在を制限し、縮小し、
究極的には廃絶するために機能する組織と条約をつくりました。


それでもなお、世界中で目にするあらゆる国家間の侵略行為、
あらゆるテロ、そして腐敗と残虐行為、そして抑圧は、
私たちのやることに終わりがないことを示しています。

私たちは、人間が邪悪な行いをする能力を根絶することは
できないかもしれません。
だから、国家や私たちが構築した同盟は、
自らを守る手段を持たなければなりません。

しかし、私の国のように核を保有する国々は、勇気を持って
恐怖の論理から逃れ、核兵器なき世界を追求しなければなりません。


私が生きている間にこの目的は達成できないかもしれません。
しかし、その可能性を追い求めていきたいと思います。
このような破壊をもたらすような核兵器の保有を減らし、
この「死の道具」が狂信的な者たちに渡らないようにしなくてはなりません。


それだけでは十分ではありません。
世界では、原始的な道具であっても、非常に大きな破壊を
もたらすことがあります。私たちの心を変えなくてはなりません。

戦争に対する考え方を変える必要があります。
紛争を外交的手段で解決することが必要です。
紛争を終わらせる努力をしなければなりません。


平和的な協力をしていくことが重要です。
暴力的な競争をするべきではありません。
私たちは、築きあげていかなければなりません。
破壊をしてはならないのです。

なによりも、私たちは互いのつながりを再び認識する必要があります。
同じ人類の一員としての繋がりを再び確認する必要があります。
つながりこそが人類を独自のものにしています。

私たち人類は、過去で過ちを犯しましたが、
その過去から学ぶことができます。選択をすることができます。
子供達に対して、別の道もあるのだと語ることができます。


人類の共通性、戦争が起こらない世界、残虐性を
容易く受け入れない世界を作っていくことができます。
物語は、被爆者の方たちが語ってくださっています。

原爆を落としたパイロットに会った女性がいました。
殺されたそのアメリカ人の家族に会った人たちもいました。
アメリカの犠牲も、日本の犠牲も、同じ意味を持っています

アメリカという国の物語は、簡単な言葉で始まります。
すべての人類は平等である。そして、生まれもった権利がある。
生命の自由、幸福を希求する権利です。

しかし、それを現実のものとするのはアメリカ国内であっても、
アメリカ人であっても決して簡単ではありません。


しかしその物語は、真実であるということが非常に重要です。
努力を怠ってはならない理想であり、すべての国に必要なものです。
すべての人がやっていくべきことです。
すべての人命は、かけがえのないものです。

私たちは「一つの家族の一部である」という考え方です。
これこそが、私たちが伝えていかなくてはならない物語です。



だからこそ私たちは、広島に来たのです。
そして、私たちが愛している人たちのことを考えます。

たとえば、朝起きてすぐの子供達の笑顔、
愛する人とのキッチンテーブルを挟んだ優しい触れ合い、
両親からの優しい抱擁、そういった素晴らしい瞬間が
71年前のこの場所にもあったのだということを考えることができます。

亡くなった方々は、私たちとの全く変わらない人たちです。
多くの人々がそういったことが理解できると思います。
もはやこれ以上、私たちは戦争は望んでいません。
科学をもっと、人生を充実させることに使ってほしいと考えています。

国家や国家のリーダーが選択をするとき、また反省するとき、
そのための知恵が広島から得られるでしょう。


世界はこの広島によって一変しました。
しかし今日、広島の子供達は平和な日々を生きています。
なんと貴重なことでしょうか。

この生活は、守る価値があります。
それを全ての子供達に広げていく必要があります。
この未来こそ、私たちが選択する未来です。

未来において広島と長崎は、核戦争の夜明けではなく、
私たちの道義的な目覚めの地として知られることでしょう。


スポンサーサイト

DSCN3482.jpg

子供が犠牲になる事件が増えている。
もちろん一番の原因は犯罪者が野放しになっている事だ。
犯罪者は氏名・住所・顔写真をネットにさらし、
健全な国民の安全を優先するべきだ。
犯罪者に人権など無い。

殺人者はさっさと死刑にすべき。殺人者は更生する事など無いし
存在の意味もない。死刑に抑止力は無いだろうが、遺族の心は休まるだろう。
世の中には不要な人間も存在するのだ。

-----------------------------------------------------------------------------

しかし気になるのは、今回の犠牲者の小学生は、深夜に徘徊をしていた事だ。
小学生が深夜に徘徊?信じられない。

親は何をしているのだ。身近にいる大人は何をしているのだ。
小学生ぐらいのガキは事の善悪も、人間の善悪もわからない未熟な存在だ。
それを保護・教育するために親が存在するのだが
今回の犠牲者の小学生の親は、責任を放棄している点で親失格だろう。

親が子供への保護・教育を何らかの理由で放棄してしまったら、
子供は糸の切れた凧のように、どこに向かうかわからない。
子供に道を示す事が親が一番にやるべきことなのだ。


-----------------------------------------------------------------------------

深夜に徘徊する時点で、犯罪に巻き込まれる率が高くなるのは、
中学生でもわかる事だ。
それでいながら、小学生に深夜徘徊という危険な行為を許した親は
危機管理意識のない親だ。子供を愛していない親だ。


仕事が忙しいとか、いろいろな言い訳はあるだろうが、一番大事なことは
経験値が少なく無知な子供の生命を守ることだろう。
その一番大事なことを実行できなかったのだから、救いはない。
子供に対する責任を放棄したのだから、責められてもしょうがない。

子供にとって一番身近な存在である親ができない事を
他人ができるわけがない。
子供に対する親の責任は想像以上に大きいのだ。
親は子供の生と死に大きく関わっているのだ。


-----------------------------------------------------------------------------

深夜に子供を徘徊させたら、犯罪に巻き込まれる確率が高いことを
理解できないような危機管理能力のない親に、子供など持つ資格はない。

親の一番大事な仕事は、子供が分別つくように、しっかり教育する事だ。
そして独り立ちできるまでは、全力で保護する責任がある事だ。

大事なことは、豊かな生活を与える事ではない。
生命の正しい使い方を教える事だ。

-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------

追記

この記事は親や保護者を糾弾するために書いたものではありません。
すでに時代は私の子供時代とは違い、何がおこるかわからない時代に
なっています。

この記事の根底には、今回のような不幸な殺人事件が2度と起こらないように
するには、どうしたらよいかという問いかけがあります。

その答えは親・保護者が今までの概念を捨て、新たに危機管理意識を
強く持たなければならないという事です。


-----------------------------------------------------------------------------

子供は分別のつく青年になるまで、親・保護者が保護・教育しなくては
なりません。その過程で、十分コミュニケーションをとれば
子供の現在の立場も理解できるだろうし、また理解すべきだと思います。

やはり何より重要なのは相互コミニュケーションであり、その中で
人間性が育っていくのかなと思います。

その意味では子供はもちろん、親・保護者も成長していかなければならないし、
成長するべきです。

-----------------------------------------------------------------------------

これは理想論かもしれませんが、理想をかかげなければ、何も変化しないでしょう。
時代は変化していきます。私達にも変化を求められています。
親・保護者が変化していかなければ、今回のような事件は無くならないでしょう。
もはや時代は危機管理意識を持つ必要性を示しています。

今回の事件から、しっかり教訓を学びましょう。
親子間でコミュニケーションをとりましょう。
そうする事で、次の事件・事故を防げるはずです。


-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------

watanabe-002_convert_20150209071256.jpg


日本人がイスラム国というテロ集団に殺害されました。
テロリストの底なしの残忍さは、僕の人間に対する思いを
再構築しなければならないほどの残虐性でした。

イスラム国というテロ集団に殺害された全ての人に哀悼の意を表します。

今回の事件で100人いれば100の意見・解釈があるでしょう。
それでいいと思います。それが自然です。
僕も個人的意見を書いてみます。

------------------------------------------------------------------------


非常に残念な結果になってしまいました。
僕の言う残念な結果というのは厳しい表現ですが
日本人がテロリストに殺害された事よりも
危機管理意識の薄い日本人のせいで
日本人全体がテロ集団であるイスラム国の標的になった事です。

勘違いしないでほしいのはイスラム国のテロリストに殺害された
人間は日本人だけではないという事です。

遅かれ早かれ日本もテロリストの標的にはなったと思いますが
2人の危機管理意識の薄い日本人のせいで
それが加速された事は事実でしょう。

------------------------------------------------------------------------

あの2人が何故危険を犯してまでテロ集団のいる場所に潜入したかは
知りませんし知ろうとも思いませんが、無謀な行為であったことも事実。

一部でジャーナリストの人を英雄扱いしていますが、
僕から見ると命を粗末に扱った愚かな人間に感じます。
何故なら後先を考えず感情だけで行動し、好奇心・功名心を抑制できなかったからです。

------------------------------------------------------------------------

それは戦場カメラマン・渡部陽一氏の危機管理に優れた戦場取材の掟の真逆を行く
行為だったからです。

戦場カメラマン・渡部陽一氏は戦場取材の掟として

1・最前線行く時は世界最強の軍隊の自走砲部隊と行動する
2・ゲリラが蔓延る地域には近づかない
3・戦場が流動的なところには行かない
4・国外の難民キャンプとかを中心に取材する
5・護衛がいても危ない所には近づかない
6・国境地域から一歩も紛争国の中には基本的に入らない
7・捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格
8・ボディガードはその地域最強の奴を大金で雇う

と言っています。
好奇心・功名心を抑制した見事な危機管理意識だと思います。

人間として最も大事な事は与えられた生命を大事にする事です。
それはジャーナリストであっても同じです。
危険な場所での行動であるからこそ、一般人以上の自制心が求められます。
万一の場合の覚悟などという幻想は抱かず、生命を優先すべきなのです。

------------------------------------------------------------------------

渡部陽一氏は言っています。
7・捕まるやつはその時点でジャーナリスト失格
まさにその通りの重い言葉です。
ジャーナリストを名のる者は渡部陽一氏の掟を理解すべきでしょう。
経験値など何の役にも立たない事を知るべきです。
いくらフリーの立場のジャーナリストであろうとも
越えてはいけない一線はあるでしょう。

ジャーナリストはジャーナリズムの本質が何であるのか
この機会にもう一度再確認されてはいかがですか。
生命以上に大事なものがあるのでしょうか。

------------------------------------------------------------------------

基本的に悪意を持っているのはテロ集団であるイスラム国です。
殺害された日本人を含め日本に悪意も罪もありません。

しかし現実問題としてテロ集団に名指しで敵として認識された日本は
国家として何らかの対策を取らねばならないでしょう。

その意味でも、テロ集団を異常に興奮させてしまった2人の行動は
やはり配慮の足りない自制心のない無謀な行為で
命を粗末に扱った代償は大きいと思います。

------------------------------------------------------------------------

今後多くの人間が卑劣なテロ集団に人質として拘束される可能性が高いでしょう。
テロに屈しない姿勢は立派ですがそれだけではどうにもならないのが現実です。

テロに対してどのように対応していくのか日本国民も真剣に考えないと
ならない時代になりました。

今後はイスラム国支配地域への渡航を自粛勧告するだけでなく
強制力を持った渡航中止権も必要でしょう。
決定しなければならない事は山のようにあります。
まずは日本人の危機管理意識を高める必要があると思います。

------------------------------------------------------------------------

それと何より必要なのは、戦う勇気ではなく、かわす勇気です。
戦い合う事は、それこそ泥沼に両足を入れるに等しい愚かな行為です。
日本は戦わない国と世界に認識させましょう。欧米に追従する必要はありません。
能ある鷹は爪隠すですよ。

70年間戦争を放棄した日本という特殊な国が欧米以外のテロ対策の
見本を示すべきでしょう。
原爆を2発も落とされ、多くの命を失った日本ならではの、報復という形ではない
テロ対策が必ず見つけられるはずです。

私達は、日本に狂気の原子爆弾を2発も打ち込んでおきながら、
反省の色など微塵もなく、いまだに世界の何処かに
無慈悲に爆弾を打ち込み人間を殺戮しているアメリカさえ許しました。

私達日本人は世界でもまれな、「許し」を心得た民族なのです。
私達のすべき唯一のことは、争うことではなく無償の愛を学ぶことです。
それが人生の意味です。日本人には可能でしょう。

------------------------------------------------------------------------

追記

アメリカはイスラム国占領地に対して空爆を行っていますが
武力攻撃では何も解決しないでしょう。
暴力に対して暴力で答えることはさらなる悲劇を生むだけで
平和は遠ざかっていくでしょう。
それはすでに歴史から学べる事ですが、同じ歴史を繰り返してしまう所に
人類の危機の源があるのかもしれません。



ff008.jpg

ブログ3周年!!で、多くのお祝いのコメント、拍手ありがとうございました。
とても感激しています。嬉しい~。(^O^)/

3年って僕の人生パターンの1つの区切りですので
気分も新たに次の3年に向けて進んでいこうと思います。
今後ともよろしくお願いいたします。


沖縄は16日の知事選に向けてヒートアップしています。
新基地建設反対派と賛成派の一騎打ちなのでそれもしょうがないでしょう。

僕は日本人に不平等な日米地位協定が改正されない限りアメリカ軍の
沖縄駐留には反対の立場です。もちろん新基地建設には反対です。
それにしても不平等な日米地位協定を読むと、日本は経済的には繁栄したけど
基本的には70年経っても敗戦国のままなのだなとつくづく思います。


------------------------------------------------------------------------

さて、安楽死のためのスイス渡航者が5年で611人になるそうです。
611人は31カ国からスイスを訪問。特にドイツと英国からの
旅行者が多いとの事。

611人のうち58%は女性で、年齢は23~97歳、平均年齢は
69歳。半数近くの人が神経疾患を抱えていたほか、がん、リウマチ、
心臓疾患など複数の疾患を持つ人も多いそうです。

------------------------------------------------------------------------

なぜスイスかというとスイスでは医師が薬物を処方し、死を選んだ患者が
自ら使用する「自殺ほう助」が事実上認められており、「自殺ほう助」を
支援する団体も存在するからです。

オランダも安楽死を認めていますが、外国人を受け入れる団体はないから
自然とスイスに渡航する人間が多くなります。

そしてドイツでは自殺幇助は倫理的に認められておらず、意識を失っていく
患者に対して医師が何もしなければ、罪に問われる可能性もあるそうです。

英国、アイルランド、フランスでは自殺幇助が違法とされています。

------------------------------------------------------------------------

現在の日本では、積極的安楽死は認められておらず、殺人罪として刑法で
裁かれます。

実際、安楽死は非常に微妙で難しい問題だと思います。
激しい苦痛に耐えてまで人は生きなければならないのか否か。
安楽死はある意味他殺もしくは自殺ではないかという論理上・哲学上の問題。

最終的には個人の判断に任せるということになるのでしょうか。

ただ僕は、安楽死に絶対的価値はがあるとは思いません。
死に方を自分で決められることは、人生最大の幸運かもしれないが
それだけが全てではない。

------------------------------------------------------------------------

死は誰にでも平等にやってきます。
その時どうするかを考えておくことは悪いことではないでしょう。
生を生きるという事は死に近づいていく事ですから。

生と死という表裏一体の状態を常に感じ取り生きていくことは
人生という大切な時間を有意義に使うための有効な手段でしょう。

------------------------------------------------------------------------

そして、やはり重要なのは死に方よりも、生あるうちにどのように生命を
使ったかという事です。

貴重な生命の季節は大切に過ごしたいものです。
生命は私達が思っている以上に奇跡的で貴重なものなのです。

------------------------------------------------------------------------

追記

末期がんで余命半年と宣告され、安楽死を予告していた米国人女性が
予告通りに自ら死を選択しました。
自宅のベッドで家族に囲まれ、医者から処方された薬を飲んで
安らかに息を引き取ったそうです。

この安楽死に関して賛否両論があったそうですが
僕はこの安楽死に関しては、安楽死の持つ危うさを感じました。
それは安楽死を支援する団体の存在です。

なぜ個人的な問題に、このような団体が関与するのでしょうか。
安楽死を支援する団体がなければ、安楽死を選択する人も
減ったのではないでしょうか。
これらの団体は一般人とは違った価値基準を持っているような気がします。
個人的にこれらの団体から感じるのは嫌な感覚。

どうも個人的な事に組織が絡むことによってできる妙な価値基準からは
胡散臭さを感じてしまいます。
組織が個人を取り込んでいく時に生まれる悲劇は、あらゆる場面で
経験しているはずなのに、なぜ同じことを繰り返してしまうのでしょうか。
人間ってそんなに弱い生命体なのでしょうか。

やはり安楽死に関しては、もっとみんなで深く考える必要がありますね。
再度言いますが、生命は私達が思っている以上に奇跡的で貴重なものなのです。