mo2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(Deluxe Edition)

1975作、マイク・オールドフィールド(Mike Oldfield)の3rdアルバム。

このアルバムは優しい目をした内向的な青年の、隠遁生活が伝わってくるような世界観にあふれている。民俗音楽を色濃く取り入れつつ、シンフォニックな音の重ね方も素晴らしく、 牧歌的で壮大な世界すべてを包み込むような大きさと、人間的な優しさにあふれている。

アルバムはPART1,PART2にわかれており、PART1では夢見るような導入部から、トラッド風のメロディーが浮き上がっては消えるといった、非常に魅力的な展開をみせる。中盤以降導入されるアフリカンパーカッションに導かれて、印象的な女性ヴォーカルのコーラスやマイク・オールドフィールド独特のエレクトリックギターの音色とフレーズが、聴くものをなにか神聖な世界に引き入れて心を癒す。

そしてすべての音が怒涛のように押し寄せてきて圧倒的なクライマックスを迎えエンディング。


一転してPART2は、オルガンの響きで始まる比較的静かなアコースティック主体のサウンド。ここでは派手さは無いが、魅力的なフレーズが満載で聴き応えがある。バグパイプの音色が美しい。

曲は途中大きく展開しエレクトリックギターのソロが流れる。情熱をひたすら内側に向けるマイク・オールドフィールドの心の動きを直接映し出すようにエモーショナルで、じわじわと聴く者の心を高揚させていく。

そしてアコースティックギターの弾き語りから、徐々に様々な楽器、コーラスが重なってきて夢見るような明るいエンディングを迎える。

このアルバムは一人でゆっくりと心の疲れを癒したい人向けの作品だ。ここには余計な刺激は一切無く、聴き手はゆっくりと時を過ごせるだろう。

Mike Oldfield: Ommadawn- Part One 1/2


Mike Oldfield: Ommadawn- Part Two 2/2


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・10
メロディアス度・・9.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへハードロック・ヘヴィメタル
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

mo1.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(Deluxe Edition )

20才のMIKE OLDFIELD(マイク・オールドフィールド)が多重録音により作り上げた記念碑的アルバム。全2曲という構成の中(CDではボーナストラックが2曲追加されている)にあらゆる音楽的要素を混在させている。個人で作り上げた音楽とは思えないほど完成されている。

アルバム「TUBULAR BELLS」(チューブラー・ベルズ)は2部構成になっており、 PART1では導入部のメロディがしばらく続き、やがて他の楽器も加わり曲は変化していく。ゆったりとしたメロディの中、導入部のメロディが再度聞こえては消えていく。

やがてギターが主役となり、リズムを刻みだす。気が付くと遠くで鐘の音が鳴っている。最終部での単純なメロディの循環にいろいろな楽器が重なっていく場面は一番の聴き所。そして、楽器の紹介とともに終曲を向かえる。

そしてPART2。ゆっくりしたテンポで始まる。どこまでもゆったりしている。全体を支配する、その牧歌的なメロディはどんな時でも、至福感を感じてしまう。このオリジナリティあふれる牧歌的メロディに心を同調させるのがPART2の聴き所なのかもしれない。最後はフォークダンスのような曲で、リスナーの心を安らげて終曲となる。

アルバム「TUBULAR BELLS」は激しさや刺激より、安らぎを求めるリスナー向けの作品だろう。


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・10
メロディアス度・・9.0