yes3.jpg
yes3-2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

1974年に発表された作品「Relayer」(リレイヤー)はLP時代には全3曲と大作主義が再び顔を出し何かと「Close To The Edge」(危機)と比較される作品。(CDになってからはボーナス・トラックが3曲追加されている)スタジオアルバムとしては7枚目。

本作ではリック・ウェイクマン(Key)が脱退し、替わりにスイス人のパトリック・モラーツ(Key)が加入したことにより、ジャズ・ロック色を深め、ヘヴィで攻撃的なサウンドと、それに対となる穏やかで澄み切った楽曲からなる力作になっている。

「戦争と平和」、「悪と善」、「動と静」、そして「影と光」といった対照となるテーマを掲げながら、各メンバーの壮絶なバトルと調和と構築美に溢れた傑作。

アルバム・ジャケットはロジャー・ディーン。今回はモノトーン調で特に美しいが、裏面には大蛇が潜んでいるという、このアルバムの本質的2面性を現している。なお、パトリック・モラーツはこの1作品だけで脱退している。


曲名
1.「The Gate Of Delirium」(錯乱の扉)
2.「Sound Chaser」
3.「To Be Over 」

「The Gates Of Delirium」(錯乱の扉)は23分の大作。 新参加のパトリックのキーボードは「キラキラ」した音で、今までのYESには無かった種類の明るい雰囲気を作り出しており、ある種の気持ちよさを感じる。ジョンの歌声もハウのギターの音色も心なしか明るめだ。

しかし途中から音色はだんだんと重みを増し緊張感に包まれ始める。各メンバーの壮絶なバトルが展開され緊張感をもった音と音がしのぎを削る。

やがて演奏は後半の「SOON」に移っていく。緊張から緩和へ。見事な展開。実に美しい旋律が耳を捉えて離さない。ジョンの澄んだ美しい声が静かに全体をコントロールする。そして曲は静かに終わる。

「Sound Chaser」では出だしからメンバー同士がぶつかり合い、極度の緊張感を持った演奏が始まる。今までのYESの形式美や調和とは違い、まるで何かを破壊するかのような音色だ。それでいて、音楽としてぎりぎりのところで踏みとどまっている感じだ。

「To Be Over」は前曲から一転して、YESらしい形式美を持った作風の美しいスローナンバー。途中リズムが変わり美しいソロが流れる。ここでのYESは調和している。


本作の「Sound Chaser」のようなジャズ・ロック路線は長いYESの歴史において後にも先にもこれ1曲であり、計算の上に成り立っている緻密な楽曲構成のYESにあって「Relayer」(リレイヤー)の曲は特異であると言える。また本作はYESの歴史の中で、最もハードで、アグレッシヴで、アヴァンギャルドなものであることは間違いない。

どこか混沌とした世界観を持つ本作だが、ひと際ユニークな輝きを放っている。YESファンの間でも好き嫌いがはっきり別れる問題作で、美しい旋律も多々あるが、ジャズ・ロック的インプロゼーション好きの人向けのアルバムだろう。

演奏メンバー
Jon Anderson(Vo)
Chris Squire(Ba)
Steve Howe(Gt)
Alan White(Dr)
Patrick Moraz(Key)

soon - yes (relayer) 1974



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・7.0
メロディアス度・・7.0


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

yes2.jpg

Amazon.co,jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

1972年に発表された「Close To The Edge」(危機)は、YES(イエス)の5作目。 LP時代はA面1曲、B面2曲の構成だった。(CDになってからボーナストラックが4曲追加されている)ジャケットのロジャー・ディーンによる美しいアートワークも含めてのトータル・アルバムだ。

曲名
1・Close to the Edge(危機)
(Ⅰ The Solid Time of Change(着実な変革))
(Ⅱ Total Mass Retain(全体保持トータル・マス・リテイン))
(Ⅲ I Get Up I Get Down(盛衰))
(Ⅳ Seasons of Man(人の季節))
2・And You And I(同志)
(Ⅰ Cord of Life(人生の絆))
(Ⅱ Eclipse(失墜))
(Ⅲ The Preacher The Teacher(牧師と教師))
  (Ⅳ The Apocalypse(黙示))
3・Siberian Khatru

タイトル・チューンの「Close To The Edge」(危機)は、演奏技術の結晶、形而上的な歌詞など、YESの代表曲というだけでなく、プログレッシヴ・ロックを代表する大作であり一大傑作だ。

19分ほどにもなるこの楽曲は、小鳥のさえずり声などのSEの後、 YES特有のベースがやたらとラウドなバンド演奏から始まる。しかし最初の数分はどこに行きたいのか解らない演奏だ。

やがてスティーヴ・ハウのギター・ソロが始まり、道を示しだす。そしてようやくメロディらしいメロディが流れ、歌が始まる。ジョン・アンダーソンの透明感に満ちたヴォーカルに耳が奪われる。

「Close to the edge Just by the river Seasons will pass you by I get up,I get down Now that it's all over and done Now that you find,now that you're whole.」の部分のメロディラインは美しく印象的だ。

気が付くと聴き手は崇高な雰囲気の幻惑的宇宙空間に連れて行かれる。 途中、ハモンド・オルガンの小さな音をバックにジョン・アンダーソンが静かに歌う部分はやがてひとつの高みに達し、ハモンド・オルガンの咆哮と入れ替わる。「I get up,I get down」のリフレインが心地いい。 そして再び疾走するBAND演奏が始まる。

中盤のパイプ・オルガンによる荘厳なパートからバンド演奏へ戻り、ハモンド・オルガンのソロを経て再度歌に戻り、クライマックスへ登りつめていくための激しく動く後半部分の流れはは圧巻だ。そして曲は「I get up,I get down」のリフレインで頂点に達し幕を閉じる。

壮大な曲構成、細部にまで凝った緻密なプレイなど、すべてが完璧に調和している。圧倒的に完成度の高い名曲でその形態は奇跡に近い。


1曲目の陰に隠れてしまってあまり語られることの無い、2曲目「And You And I」、 3曲目「Siberian Khatru」だがそれぞれ質の高い楽曲である事は間違いない。

2曲目「And You And I」はゆったりとした美しい調べの組曲。ステーィブ・ハウのアコースティク・ギターが素晴らしい。最後の部分の「And you and I?」が美しい。

3曲目「Siberian Khatru」は疾走感あふれる曲。リズム隊が素晴らしく、独特の浮遊感を生み出している。中間部のキーボードは必聴。


アルバム「Close To The Edge」(危機)は、黄金期のYES(イエス)が誰も到達し得ない領域まで近づいてしまった傑作だ。メンバーそれぞれの解釈やアイディアを詰め込んだ楽曲が、これでもかと炸裂している様は圧巻。黄金期のYESが創造した複雑緻密なプログレッシヴ・ワールドの結晶がここにある。

演奏メンバー
Jon Anderson(Vo)
Chris Squire(Ba)
Bill Bruford(Dr)
Steve Howe(Gt)
Rick Wakeman(Key)

Yes - Close To The Edge Live 1973 (complete)


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・9.0


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ