night7.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


前作から4年の時を経てリリースされたNightwishの7th。2011年12月発表。

メタル的部分はほとんど姿を消し、同名の映画が製作中ということもあってか、非常にシネマチックなサウンド・プロダクションとなっている。これはもはやヘヴイメタルとは言えないだろうし、賛否両論が入り交じるだろう。

曲目
1. Taikatalvi
2. Storytime
3. Ghost River
4. Slow, Love, Slow
5. I Want My Tears Back
6. Scaretale
7. Arabesque
8. Turn Loose The Mermaids
9. Rest Calm
10. The Crow, The Owl And The Dove
11. Last Ride Of The Day
12. Song Of Myself
13. Imaginaerum


1曲目。オルゴールのメロディに乗せてマルコの歌声が、物語の幕開けを告げる。シンプルで効果的な導入部だと思う。

2曲目。先行シングルとして発表されていた曲で、アップテンポの、ノリのいい曲。リズムの強さに対し、アネット・オルゾン(Vo)のヴォーカルが弱いと感じるのは、私だけか?

3曲目。マルコのダミ声とアネットの可憐な声が織り成すシンフォニックな曲。後半に向かって盛り上がっていくNightwishらしい曲。

4曲目。何か懐かしい映画の一場面を見ているような錯覚に陥るような曲で、ヘヴイメタルとは無縁の、まさに映画音楽のようだ。ゆったりとしたうねるような感覚が心地よい。

5曲目。マルコとアネットがツイン・ヴォーカルをというNightwishお得意の曲。バグパイプを使用して変化をつけてはいるが、ヘヴイメタルと呼ぶには物足りないサウンドだ。

6曲目。映画的と言うか、まるでコミカルなサーカスのような展開の曲。演奏隊の音圧が低いせいか、ここではアネットの声もよく映えるし、若干だが成長の跡も感じられる。

7曲目。 6曲目と間を置かずして演奏されるインスト曲。ヘヴイメタルとは無縁の、どこかアラビアンナイトのような映画音楽のようだ。

8曲目。これもヘヴイメタルとは無縁の民族音楽風の曲。広大な砂漠を横断するキャラバンが連想される。

9曲目。マルコの歌声が、久しぶりにこれはNightwishのアルバムであることを思い出させてくれる。それだけこのアルバムは、今までのNightwishのイメージからはかけ離れているのだ。この曲も映画音楽そのものだ。

10曲目。 マルコとアネットのためのフォークソング。アネットの声質はヘヴイメタルよりも、フォーク調の曲にマッチしている。

11曲目。 久しぶりに今までのNightwishらしいスケール感に満ちた曲。しかしそうなると、やはりアネットの声が埋もれがちになってしまう。

12曲目。 これも今までのNightwishらしい展開で聴かせてくれる曲。しかしながら、後半部分はただのセリフパートで、映画的といえば映画的だが、映像が無いので退屈ではある。

13曲目。 出だしからして完全な映画音楽で、本アルバムのNightwishの方向性をはっきり見せてくれる曲。チャップリンの映画や、「チャーリーとチョコレート工場」を見ているような感じがする音楽だ。



クオリティは相変わらず非常に高い。じっくりと腰を据えて制作されたのだろう。しかし、はっきり言って、これは映画音楽であって、ヘヴィメタルではない。ツォーマス・ホロパイネン(Key)の個人的趣味に満ちているアルバムだ。

商売上手なNightwishの事だから、いろいろな目論見があるのだろうが、今回のアルバムに限って言えば、ヘヴィメタル・ファンを切り捨てて、新境地を開こうとしている感じがする。よってヘヴイなメタルサウンドを求めるファンには、本作は不要だと思う。が、それ以外の新しさに、意味を見いだせるファンは、聴いておいたほうがいいかも知れない作品だ。

個人的にはBANDの大きな転換期をむかえた意義深いアルバムだと思う。


Nightwish - Storytime


Nightwish- Ghost River


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

night6.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


NIGHTWISHサウンドをより引き立てた、ターヤ・トゥルネン(Vo)を電撃解雇し、後任にアネット・オルツォンを迎えての再出発となるBANDとしては6thのアルバム。2007年作。

注目はBANDの個性の一つであったターヤ・トゥルネンを解雇してまでも交代した新ヴォーカルのアネット・オルツォンの実力だ。


曲目
1. The Poet And The Pendulum
2. Bye Bye Beautiful
3. Amaranth
4. Cadence Of Her Last Breath
5. Master Passion Greed
6. Eva
7. Sahara
8. Whoever Brings The Night
9. For The Heart I Once Had
10. The Islander
11. Last Of The Wilds
12. 7 Days To The Wolves
13. Meadows Of Heaven
14. The Escapist

新ヴォーカル、アネット・オルツォンの澄んだ声で始まるは1曲目は、いきなり13分に及ぶ超大作で、NIGHTWISHらしくオーケストラとコーラスを大々的にフューチャーした大仰な曲。

5パートに別れており、緩急のつけ方が見事で、それぞれのパートで工夫を凝らした聴かせ所があり、ドラマチックな手法で、リスナーをあっという間にNIGHTWISHの世界観に引き入れる力がある。

2曲目。 前任ヴォーカル、ターヤに向けた曲。アネットが得意な中音域を生かして歌う中、マルコの力強いヴォーカルが全体を締める。

3曲目。 へヴィーなギターリフが心地良いポップなハードロックナンバー。アネットの声にマッチした曲。

4曲目。 これもへヴィーなギターリフとベースラインが特徴的な曲。ここでのアネットは、やや苦しそうな歌唱だ。

5曲目。 へヴィなギターリフとマルコのパワフルなヴォーカルの組み合わせが見事に融合している曲。

6曲目。 哀愁漂うバラード。アネットの澄んだ声が曲調によくマッチしている。

7曲目。 再びへヴィーなギターサウンドの上にアネットのヴォーカルが乗っかる形の曲。

8曲目。これもへヴィーなギターサウンドの上にアネットのヴォーカルが乗っかる形の曲。

9曲目。哀愁感のあるギターサウンドからアネットの可憐な声へと続く明るめの曲。アネットの声もそれなりに伸びており、演奏に埋もれること無く健闘している。

10曲目。 アルバムの雰囲気を変えるアコースティックギターを用いた民謡風の曲。

11曲目。 一転してヘヴイな民謡風の、楽しげなインスト曲。本アルバムで最もノリの良い曲。

12曲目。ミドルテンポの重々しい雰囲気の曲で、ドラマティックな展開をする曲。この重々しさとアネットの声質は相性が悪い。アネットの高音域を使った歌唱が痛々しい。

13曲目。美しい旋律のバラード。シンプルながらも、ツボを抑えた構成は感動的。

14曲目。幻想的でドラマチックな雰囲気の中、ギターのキャッチャーなメロディーが印象的な曲。テンポもよくノリもよく十分楽しめる曲。


まず演奏面から感じた事を言うと、基本的な音楽性は前作「ONCE」を踏襲し、その延長上にあり、よく練られたアレンジのシンフォニックで劇的なメタルサウンドで、演奏も実に分厚く、聴き手を十分納得させる音になっている。あきらかに前作「ONCE」を上回っているだろう。

ただ個人的にはアルバム中間部(4,5,7,8曲目)で、歌メロの弱い同じ曲調が続くので、やや淡白な印象を受けたし、妙にノレない曲もあった。尺が長いので、3曲程度減らしてコンパクトにしたほうが良かったのではないかと思う。

そして残念な事に、新ヴォーカルのアネット・オルツォンのオーソドックスな歌声は、前任者であるターヤ・トゥルネンより明らかに劣っており、楽曲の魅力を損ねている。

スタジオ録音でこれだけヴォーカルの声が埋もれてしまうと、LIVEでは通用しない(特に過去の曲において)のではないかと、危惧する。それはマルコ・ヒエタラとツイン・ヴォーカルを取る場面で、はっきり現れている。アネット・オルツォンの声はマルコ・ヒエタラの声に完全に押されている。

ただし、それでもBANDとしてはメジャー級のサウンドなので、総合評価としては非常に難しい。


Nightwish - Amaranth


Nightwish - Meadows of Heaven



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

night5.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る[DVD+2CD]


曲目
・INTRO: RED WARRIOR
1. DARK CHEST OF WONDERS
2. PLANET HELL
3. EVER DREAM
4. THE KINSLAYER
5. THE PHANTOM OF THE OPERA
6. SIREN
7. SLEEOING SUN
8. HIGH HOPES
9. BLESS THE CHILD
10. WISHMASTER
11. SLAYING THE DREAMER
12. KUOLEMA TEKEE TAITEILIJAN
13. NEMO
14. GHOST LOVE SCORE
15. STONE PEOPLE
16. CREEK MARY'S BLOOD
17. OVER THE HILLS AND FAR AWAY
18. WISH I HAD AN ANGEL
・OUTRO: ALL OF THEM
SPECIAL FEATURE
・A DAY BEFORE TOMORROW
・PHOTOGALLERY


END OF AN ERA(エンド・オブ・アン・エラ)は、2005年10月21日、ヘルシンキのハートウォール・アリーナで収録された NIGHTWISHのLIVEアルバム(DVD+2CD)。注目はDVDの映像で、感動的なLIVE映像が収められている

night5-2.jpg

本LIVE終了後にヴォーカルのターヤ・トゥルネンが解雇されたため、この編成での公演はこれが最後となった。

演奏はというと、さすがにヨーロッパを制したBANDだけあって、見事なステージパフォーマンスを見せてくれる。シンフォニックかつドラマティックなサウンド・プロダクションは素晴らしく、映像自体の編集もシンプルながらも、ツボを抑えた感動的な仕上がりで、聴き手を惹きつけて離さない。

そしてまさにタイトル通り、一つの時代の終焉の記録でもあるが、それにしてもこれだけ見事に歌えるターヤ・トゥルネンを解雇してまで守りたかったものは何であったのか考えてしまう。あまりにも惜しい終焉だ。

これだけのLIVEが見られなくなるのは、非常に残念であるが、幸いなことに本DVDの出来が良いことが救いで、このDVDを繰り返し見ることで、心も落ち着くだろう。まさに感動的なターヤ・トゥルネン時代のLAST LIVEで、万人に薦められる大傑作だ。


Nigthwish - Sleeping Sun ( Live End Of An Era )


Nightwish - Ever Dream( Live End of An Era)


Nightwish - Slaying the Dreamer



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ


night4-1.jpg

night4-2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


母国フィンランドでは圧倒的な人気をほこるNIGHTWISHの5thアルバム。2004年発表。前作はシンフォニックな作風に傾きすぎ、緊張感に欠ける曲が多かったが、今回はどのようなサウンド・プロダクションを施してきたのか、興味は尽きない。

(ジャケットカバーは2種類。どちらも「嘆きの天使」像をモチーフしている)

曲目
1. Dark Chest Of Wonders
2. Wish Had An Angel
3. Nemo
4. Planet Hell
5. Creek Mary's Blood
6. The Siren
7. Dead Gardens
8. Romanticide
9. Ghost Love Score
10. Kuolema Tekee Taiteilijan(Death Makes An Artist)
11. Higher Than Hope
12. White Night Fantasy
13. Live To Tell The Tale

1曲目。かってのNIGHTWISHらしいへヴィなギターリフとオーケストラが絶妙に絡み合う曲。前作と違いアルバムの出だしで、力強さと緊張感を表現している。が、ターヤはオペラ風ではなく普通に歌っている。

2曲目。ターヤとマルコのヴォーカルが際立つ明るめのハードでリズミカルな曲。ターヤとマルコのツイン・ヴォ―カルになると、マルコの方が力強い歌唱で、目立つ。ここでもターヤはオペラ風ではなく、普通に歌っている。

3曲目。へヴィなギターリフが印象的なバラード。BANDとしての成長がはっきりとわかるサウンドだ。シンフォニックかつ自信に溢れた力強い演奏。途中のギター・ソロは古典的で懐かしく感じる。

4曲目。分厚いサウンドで聴き手に迫るへヴィーな曲で、ターヤとマルコのツイン・ヴォーカルがうまく絡み合い、NIGHTWISH独特の世界を作り上げている。

5曲目。フィンランド民謡の雰囲気も持つバラード。この曲のイントロは新鮮で面白い表現だし、曲はへヴィで説得力がある。ただしメロディラインは、へヴィ・メタルというよりも、ポピュラーな大衆受けするような感じ。後半の、より壮大になる場面で、ターヤがバックコーラスにまわる場面は素晴らしい。

6曲目。どことなくアラビア風のメロディにマルコの声が乗り、終始ターヤがバックコーラスにまわる手法をとっている。そのコーラスが曲に厚みを加えている。シンフォニック色の強いナンバー。終始不気味な雰囲気が漂っている。

7曲目。これもBANDとしての成長した一体感を感じる曲で、やや弱いメロディラインを、ターヤを含め全員でカバーしている。

8曲目。へヴィーな演奏の中、ターヤの美声がはえる。間奏部のギターソロは古典的だが、曲調にはあっている。ラップ調の部分はやや未消化。

9曲目。 10分近い大作。オーケストレーションが素晴らしい。ターヤの歌声とバックコーラスの重なり具合が絶妙だ。本物のオーケストラを使った事で、壮麗で幻想的な仕上がりになっており、緩急のつけ方もよく、スケール感を感じる。クラシック目線で見ても、十分な説得力がある。

11曲目。ターヤの美声をたっぷり聞く事ができる、北欧情緒溢れる美しいバラード。オリジナル・アルバムではラストを飾る曲であり、十分役目をはたしている。

12曲目。甘ったるい声で歌うターヤにやや戸惑うが、ターヤ自身が新しい面を見せているバラード。

13曲目。ターヤを中心に置き、まわりをコーラス及び演奏隊が固める感じのNIGHTWISHらしい曲。


前作でうまく表現できなかった部分をほぼ修正した、NIGHTWISH渾身のアルバム。

ターヤのオペラ風の歌唱を封印したかのような歌い方には、最初違和感を感じたが、何度か聴いているうちに普通に歌っても美しい声であることがわかった。

また演奏面ではオーケストレーションが大幅に向上し、優れた演奏技術を有するメンバー達が奏でる、いわゆる大人向けの音になっている。

ヘヴィメタルという限定された世界から抜け出し、アメリカ進出を視野にいれると、本作のような仕上げ方になるのは必然だろうが、所々でEVANESSENCE的テイストを感じてしまうのは、いたしかたないところか。

そうは言ってもヨーロッパ的ウェット感や叙情性、優れたオーケストレーションが作り出す壮麗さを持った素晴らしくクオリティの高いアルバムだと思う。


Nightwish-Dark Chest of Wonders


Nightwish - Nemo



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

night3.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る


フィンランドのシンフォニック・メタルバンドNIGHTWISHの4thアルバム。2002年発表。(リマスター盤は4曲のボーナス・トッラク付)

メンバー交代があったのか、それともゲストなのかは不明だが、男性ヴォーカルのパートが増え、今までのアルバムとは一味違うサウンド・プロダクションになっている。(情報によるとベースのサミ・ヴェンスケが脱退し、後任に歌唱力のあるマルコ・ヒエタラが加入。これにより、ターヤとの男女ツインボーカルが可能になったようだ。)

曲目
1. BLESS THE CHILD
2. END OF ALL HOPES
3. DEAD TO THE WORLD
4. EVER DREAM
5. STAYING THE DREAMER
6. FOREVER YOURS
7. OCEAN SOULS
8. FEEL FOR YOU
9. THE PHANTOM OF THE OPERA
10. BEAUTY OF THE BEAST
11. LAGOON
12. THE WAYFARER
13. BLESS THE CHILD(EDIT)
14. END OF ALL HOPES(LIVE)
15. DEAD TO THE WORLD(LIVE)


1曲目はミドルテンポの壮厳な雰囲気を醸し出す楽曲だが、アルバムの最初を飾る曲にしてはインパクトに欠ける地味な曲。

2曲目。今までのNIGHTWISHらしい曲調で、へヴィで力強い。ターヤの歌声がはえる。

3曲目。マルコとターヤの男女ツインヴォーカルが新鮮な、緩急をつけた疾走曲。ターヤの声とマルコの声がうまく混ざり違和感は感じない。が、ターヤよりマルコの歌唱の方が際立って聴こえる。マルコの歌唱力は、なかなかのものだ。

4曲目。ターヤの音域を充分考慮して作られたであろう曲で、北欧的な哀愁を感じさせるメロディラインを持ち、ターヤも伸び伸びと歌い存在感を示している。

5曲目。へヴィーなギターリフで始まる曲で、ここでもターヤよりマルコの方が存在感を示している。ラップ風のテイストが感じられるが、その分メロディラインが潰れて、美しくない箇所があり、全体的に単調なイメージを受ける。

6曲目はゆったりとしたNIGHTWISHらしいバラードナンバー。美しいメロディにターヤの美声が映える。ここでは、オペラ風の歌唱ではなく、しっとりとした北欧風情を感じさせる歌い方で、曲調と良くマッチしている。

7曲目。ゆっくりとしたテンポの曲で、何十回と、このアルバムを聴いてわかったのだが、スローバラードの後に、スローな展開の同じ様な曲調が続くので、この辺で中だるみを感じる。一定のクオリティを充分満たしている曲だが、配置が悪いと思う。

8曲目は、これといって印象に残らない曲だが、マルコの歌唱力の高さだけが目立つ。マルコの歌唱力であるば、他のBANDでフロントを飾れるだろう。

9曲目。「オペラ座の怪人」のカヴァー曲。この曲はアレンジが光る。ターヤとマルコそれぞれの声質が相性良く、それが幸いして、音に厚みがでている。

10曲目。 3部からなる10分をこす大作。前半は、ゆったりとした雰囲気で流れていくが、メロディラインには特徴が無く面白みに欠ける。続く中盤は、ようやく激しいギターリフの上にターヤの声がのり、NIGHTWISHらしいサウンドになる。そして後半は、壮大なコーラスが鳴り響き幕を閉じる。

11曲目。これも、ゆったりとしたナンバー。ただ仕上がりとしては、一瞬前作のアウト・テイクかと思うほどだ。

以上(基本的にボーナス・トラックのコメントはしない)


男女のツイン・ヴォーカルの導入や、オーケストラの導入など、新しい試みも行っているが、全体的にコンパクトにまとまり過ぎて、NIGHTWISHらしい高揚感が感じられない。それに楽曲の出来不出来が激しい感じがする。

ターヤがオペラ風に歌い上げる箇所も少なく、じっくり聴かせる曲ばかりが並んでいて、これっと言ったキラーチェーンも無い。

やはりこのクラスのBANDであれば、アルバム「OCEANBORN」の「 THE STARGAZERS」クラスの楽曲をリスナーに提供しなくてはならないし、そうでなければ、リスナーを納得させるのは難しいだろう。 とは言え、楽曲のクオリティは十分高く、聴き応えがある事は確かだ。

本アルバムは、メタル系サウンドを捨てて、ヨーロッパ受けするであろうポピュラーなサウンド指向へと舵を切った、一般受けを狙ったアルバムだ。


Nightwish - Dead to the World


Nightwish - Ever Dream with lyrics



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.5


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ