dionysus01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


スウェーデンのネオクラシカル・メロディックパワーメタルバンドDIONYSUS(ディオニソス)の2ndアルバム。2004年発表。

曲目
01. DIVINE
02. BRINGER OF WAR
03. ANIMA MUNDI
04. MY HEART IS CRYING
05. WHAT
06. EYES OF THE WORLD
07. MARCH FOR FREEDOM
08. CLOSER TO THE SUN
09. FOREVER MORE
10. PARADISE LAND
11. HOLY WAR


1曲目。 どこか東洋風のイントロで始まり、明るく軽快に疾走していく曲。中間部のギターソロは、どことなく頼りない感じがする。

2曲目。 ギターリフで始まるミドルテンポの曲。ヴォーカルの声がよく映えている。

3曲目。 北欧系特有のスピード・チューン。メロディラインが美しい。サビは明るい曲調。

4曲目。 これも北欧系特有のスピード・チューン。中間部のギターソロは、1曲目と同じで、やはりどことなく頼りない感じがする。

5曲目。 壮大な雰囲気のイントロで、ゆったりと始まるミドルテンポの曲。

6曲目。 ミドルテンポの曲。ヴォーカルの声がよく映えている。途中テンポダウンするパートが心地良い。ここではギターソロも頑張って速弾きしているが、どこか垢抜けない。

7曲目。 北欧系のスピード・チューンではあるがキラキラ感は少ない。サビは典型的な明るい曲調のメロスピ・サウンド。

8曲目。 哀愁を誘うバラードで始まり、途中からバンドサウンドも入り、ミドルテンポで進んでいく。しかし、展開がやや退屈である。

9曲目。 これも北欧系スピード・チューン。垢抜けないギターソロが曲を間延びした感じにしてしまう。ヴォーカルのハイトーンヴォイスは心地良い。

10曲目。 スピード・チューン。キャッチーなメロディではあるが、アルバム全体を通して同じようなサウンドなので、既知感を感じてしまう。

11曲目。 これもキャッチーなメロディのスピード・チューン。


基本がしっかりしており、ヴォーカルもそれなりにうまい、演奏もそれなりにうまい、メロディラインもいい。スピード・チューンあり、ミドルテンポの曲あり、バラード調ありとバランスもいい。

メロディック・パワー・メタルのファンには、安心して聴けて、喜ばれるサウンドだろう。

が、しかし、まとまりすぎていて、意外性がない点が欠点だ。それとギターリフが弱く、曲を上手く生かしきれていない印象を受けてしまう。

結論としては、クオリティは高いので、メロディック・パワー・メタルのファンは聴いておいて損のないアルバムだろう。


Dionysus - Anima Mundi


Dionysus - March for Freedom



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト