coro.jpg


Amazon.co.jpで詳細を見る


ドイツの6人組シンフォニック・ゴシック・メタル・バンド、CORONATUS(コロナタス)の2nd。2008年度作。

このBANDの特徴は、フロントに女性ヴォーカル2人を擁している点で、まだ珍しい女性ツイン・ヴォーカルで、
どのようなサウンド・プロダクションが行われているのか、興味があって聴いてみた。


曲目
1. Prologue
2. Exitus
3. Fallen
4. In Silence
5. Beauty In Black
6. Cast My Spell
7. In Your Hands
8. Mein Herz
9. Am Kreuz
10. Der Vierte Reiter
11. Strahlendster Erster


まず興味があったのは、やはり女性ツイン・ヴォーカルの声の質。

聴いてみると一人はソプラノ声で、オペラ風に歌い上げるタイプで、もう一人は、
やや線の細いノーマル声で歌うタイプであり、
全く性質の違うタイプのヴォーカリストを揃えたのは、面白い試みだと思う。
そしてそれは、このアルバムでは成功している。


サウンド面では、荘厳なエジプト風の表現あり、ヴォーカルの声にエファクトをかけたり
民謡調のメロディがあったりと、いろいろ工夫のあとが見られる。


全体にシンセサイザーによるオーケストレーションと、適度にヘヴィでモダンなメタルサウンドが
混ざり合って、優美に聴かせてくれる。


また結構ギターがザクザクと刻む場面があり、アグレッシヴなサウンドになっている。



楽曲面では、スピーディーな楽曲が多く、女性ツイン・ヴォーカルを最大限生かす創りになっている。
誰もが想像するであろう2人の掛け合いもあるし、同時に同じ歌メロを歌う場面もある。


ただ楽曲間の強弱があまりはっきりしないため、やや単調に感じる場面もある。
しかし、いろいろな要素が詰め込まれているので、途中で飽きることは無い。


すでに4枚目のアルバムが発表されているようだから、それなりにこの路線は正解だったのだろう。
確かに女性ツイン・ヴォーカルはシンフォニック・ゴシック・メタルにおいては新境地だ。
後は必ず現れるであろうフォロワーに負けないように、楽曲のクオリティをさらに上げ、
幅を拡げる事が必要だと思う。


Coronatus - Exitus


Coronatus - In Silence



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0

メロディアス度・・8.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。