fairyland01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


フランスのシンフォニック・メタル・バンドFAIRYLAND(フェアリーランド)の1stアルバム。2003年作。ヴォーカルは元DARK MOORのエリサ嬢。サウンドは典型的なRHAPSODY(ラプソディー)系ファンタジック・サウンド。

曲目
1. And So Came The Storm...
2. Ride With The Sun
3. Doryan The Enlightened
4. The Storyteller
5. Fight For Your King
6. On The Path To Fury
7. Rebirth
8. The Fellowship
9. A Dark Omen
10. The Army of The White Mountain
11. Of Wars in Osyrhia
12. Guardian Stones


1曲目。スカボロフェアーのメロデイで始まる物語の始めを告げる短いインスト曲。

2曲目。 1曲目に繋がって始まるシンフォニックな疾走曲。キラキラしたサウンドや強烈なクワイヤがこれでもかと連発する。まさにRHAPSODYばりのファンタジック・サウンドだ。

3曲目。スローでファンタジックなイントロからいきなり疾走する曲。大仰な間奏も様々な展開を見せてくれて聴き応え十分。ギターソロが勇ましい。

4曲目。シンフォニックかつ幻想的なバラード。大げさな男性クワイアが連発し、雰囲気をもりあげている。中間部の民謡調のフレーズはじつにタイミングよく挿入されている。

5曲目。煌びやかで勇壮な疾走曲。タイトル通り戦いの曲。エリサ嬢のハイトーンヴォイスが一段と映える。

6曲目。ナレーションのイントロからいきなり激しく疾走する曲。 RHAPSODYお得意の手法を使っているRHAPSODY風ファンタジック・サウンドチェーン。初期RHAPSODYそのままの曲だ。

7曲目。美しいメロディのバラード曲。大仰なクワイアが印象的。

8曲目。ドラマチックな疾走曲。これまた強烈なクワイヤが印象的で、初期RHAPSODYそのままの曲。終盤のナレーション入間奏などまさにRHAPSODY風味。

9曲目。スケール感のあるシンフォニックな疾走曲。劇的かつ煌びやかに疾走するサウンドは心地良い。エリサ嬢の力強いヴォーカルが印象的。

10曲目。映画音楽のようなゆったりしたテンポのインスト曲。

11曲目。アルバム・ラストを飾る10分超えの大作。大袈裟なイントロからシンフォニック炸裂の勇壮な曲。大げさなクワイヤ、緩急ある展開など聴きどころ満載で、最後を飾るぞという気合いを感じる。

12曲目。ボーナス・トラック。ドラマチックな疾走曲。スローになる間奏が印象的で、曲に変化をつけている。


どの曲も水準以上の出来だが、あまりにも初期RHAPSODYの影響を受けすぎている。RHAPSODYのフォロワーかと思うほど、 RHAPSODY風の音楽性だ。

これでRHAPSODYのファビオ・リオーネ(Vo)が歌えば、RHAPSODYそのままになってしまう。それはそれで悪くはないが、やはり個性を打ち出して行かないと、この業界で生き残れないだろう。

1stアルバムにして凝ったアレンジ、壮大なシンフォニックメタルサウンドを打ち出せる実力を持っているのだから今後に期待できるBANDだ。

本アルバムは、RHAPSODYやDARK MOORファンならば聴く価値は十分あるだろうし、お薦めできる。


Fairyland - Ride with the sun


Fairyland - The Storyteller


Fairyland - The Fellowship



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。