theocracy01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


アメリカのメロディックパワーメタル、THEOCRACY(シアクラシー)の
3rdアルバム。2011作。

個人的にこの手のアルバム・ジャケットには手を出してしまうのと、
珍しいアメリカ産のメロディックパワーメタルと言うことで
興味を惹かれて聴いてみた。


曲目
1. I AM
2. The Master Storyteller
3. Nailed
4. Hide in the Fairytale
5. The Gift of Music
6. 30 Pieces of Silver
7. Drown
8. Altar to the Unknown God
9. Light of the World
10. As the World Bleeds


アルバムはいきなり11分の大作で幕を開ける。。

1曲目。印象的なイントロで始まるミドルテンポの曲。
途中プログレ風味の不規則な拍子があったりと、プログレ
メタルの側面もある。

ヴォーカルもやや線が細いものの、十分許容範囲だし、
ギターソロもツボをおさえた演奏をする。


2曲目。メロディックパワーと言うよりも、プログレメタル
といった感じの疾走曲。なかなかドラマチックな展開をみせる。

3曲目。この曲もメロディックパワーメタルと言うよりも、
プログレメタル。ギターソロがなかなか聴かせてくれるし、
壮大なクワイアが曲を引き締めている。

4曲目。ギターの音色が美しいイントロで始まる疾走曲。

5曲目。パワーバラード曲。途中からバンドが入り、後半に向けて
盛り上がっていく、よくあるタイプの曲調。疾走パートでは、
なかなかテクニカルなギターソロが楽しめる。

6曲目。疾走曲。ヴォーカルの声が心地良く響きわたる。
ここでも力強くテクニカルなギターソロが楽しめる。

7曲目。ミドルテンポの曲。静と動をうまく使い分けて曲を展開している。

8曲目。 明るい曲調のミドル~スピード・チューン。
テクニカルなギターソロが心地よく響きわたる。

9曲目。出だしから明るいメロディ全開の疾走曲。明るい歌声が明るい
メロディを歌い上げ、明るいギターソロが明るい音色で響き渡る。
本アルバムで一番印象的な曲。

10曲目。アルバム・ラストを飾るタイトルチューン。
しっとりとした歌声で始まり、徐々に疾走していく曲。
分厚いサウンドとギター・ソロが心地良い。



純粋なメロディックパワーメタルとして聴くとがっかりするかも
しれない。中身はかなりの度合い、プログレメタル風だ。

しかし内容は、かなり健闘しているのではないだろうか。
メロディのセンスの良さは所々で感じることができる。
演奏のテクニックも申し分ない。

アルバムのクオリティは高く、その点は満足できるのだが、
ヨーロッパのBANDのように、音に深みはあまり感じられない。

逆に言うと、そのアメリカ的サウンドが、このBANDの個性なのだが、
その点で好き嫌いの好みが分かれそうな感じがする。


Theocracy - Nailed


Theocracy - I AM



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト