wildpath01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co,jpでMP3を視聴する


フランスのシンフォニック・メタルバンド、WILDPATH(ワイルドパス)の2nd。
2009作。

女性ヴォーカル・マルジョレーヌ・バナードの美しく可憐な歌声と、それを
引き立てるシンフォニックなサウンド・プロダクションは実に表情豊かで、
洗練されている。


曲目
1. Two Broken Candles (Introduction)
2. Unforgotten
3. Ballroom Doors (Interlude)
4. Shadows Dance
5. Grinin Sanity
6. Facing Fears (Interlude)
7. Ghost Memories
8. Desire part I - Lust
9. Desire part II - Forsaken
10. Light Heart
11. Secret’s Case
12. Cimetear (Interlude)
13. Non Omnis Moriar
14. Hall Stairway (Interlude)
15. Sanctuary part I  The Cathedral
16. Sanctuary part II  Death
17. Sanctuary part III  Acceptation


1曲目。 オルゴールの蓋を開いたような演出で始まる壮麗な
イントロダクション。

2曲目。 激しい演奏で始まるスピード・チューン。やや軽めの
サウンドに、やや線の細い可憐な声のマルジョレーヌ・バナードの
歌声がのり、せつなさや儚さがとてもよく表現されている。

3曲目。神秘的な雰囲気の間奏曲。

4曲目。ギターのリフで始まるスピード/ミドルチェーン。
マルジョレーヌ・バナードの歌声は儚くも美しい。
間奏部のツインギターの音色が美しい。

5曲目。 1曲目のイメージを引き継いだ形で始まる曲。
アルバムの流れとして一体感を感じる凝った作りで、
BANDとしての作曲能力の高さを感じる。

6曲目。これも神秘的な雰囲気の間奏曲。

7曲目。再びギターのリフで始まる曲。ギターのリフのうえを
気持ちよさそうに女性ヴォーカルが流れていく。
男性/女性コーラスやデスヴォイスが加わり、曲は華やかに疾走して終曲。

8曲目。神秘的で重厚な雰囲気で始まり、たゆとうようにヴォーカルが
流れていく。なにか深い悲しみを感じる曲。
うっすら聴こえるナレーションが神秘性を増している。

9曲目。 8曲目の続き。哀愁を感じる出だしで始まる
インストゥルメンタル・スピードチューン。

10曲目。 民謡調のどこか懐かしさを感じる曲。
可憐な女性ヴォーカルと曲調のマッチングが見事で
思わず聴きいってしまう。

11曲目。 この曲も、どことなく民謡調な感じで始まるミドルテンポの曲。
やや女性ヴォーカルの声の細さが気になるが、コーラス隊が曲に厚みを
加えているため、心地良いサウンドになっている。

12曲目。再び神秘的な雰囲気の間奏曲。

13曲目。 12曲目に続いて即始まる、明るめのスピード/ミドルテンポの曲。
徐々に疾走していく曲調が心地良い。

14曲目。 重厚でクラシカルな雰囲気の間奏曲。

15曲目。 14曲目から続いて始まるスピード・チューン。
女性ヴォーカル・マルジョレーヌ・バナードの可憐な声が美しい。
コーラス隊がマルジョレーヌ・バナードの唄ををサポートするかのように、
曲に厚みを加えている

16曲目。 勇壮かつ哀愁を感じる曲。

17曲目。キャッチーなメロディのスピード・チューン。
男性ヴォーカルと女性ヴォーカルのからみ合いが印象的。



マルジョレーヌ・バナードの声がやや細いものの、見事な
アレンジでカバーしている。

アルバムを通して、幻想と現実の狭間を彷徨っているような
ファンタジックな世界観が感じられ、物語を見るような手法で
聴き手を魅了するサウンド・プロダクションは、実に見事だ。

2ndアルバムでここまで個性が出せるBANDも少ないので、
今後の動向も要チェックだろう。

アルバムは万人に薦められるアルバム。
特に女性ヴォーカル好きには必聴盤だと思う。


WILDPATH - UNFORGOTTEN


WILDPATH - SHADOWS DANCE



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・9.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト