angra02.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

ブラジルのメロディックメタルバンド、ANGRA(アングラ)の5thアルバム。2004作。十字軍の騎士をテーマにしたコンセプトアルバム。オーケストラを大幅に取り入れている点が大きな特徴になっている。

曲目
1. DEUS LE VOLT !
2. SPREAD YOUR FIRE
3. ANGELS AND DEMONS
4. WAITING SILENCE
5. WISHING WELL
6. THE TEMPLE OF HATE
7. THE SHADOW HUNTER
8. NO PAIN FOR THE DEAD
9. WINDS OF DESTINATION
10. SPROUTS OF TIME
11. MORNING STAR
12. LATE REDEMPTION
13. GATE XⅢ


1曲目。2曲目につながるインスト曲。そして即座に2曲目に移り、物語の幕開けにふさわしい疾走曲が始まる。間奏部のツインギターソロのハモリは素晴らしく、そして美しい。シンフォニックなサビは高揚感に溢れている。

3曲目。ドライブ感いっぱいのスピード・チューン。複雑かつ、超テクニカルな演奏が聴ける。

4曲目。 ドラマティックな展開のミドルテンポナンバー。哀愁漂うメロディーが心に響く。

5曲目。 ラテンの香りがする明るく素朴な感じのポップナンバー。ANGRAにしては珍しいメジャーな音階。

6曲目。クラシカルなメロディーの力強いイントロから始まる疾走曲。アルバム中最高の疾走曲。

7曲目。 フラメンコ調のギターで始まるミドルテンポの、異国情緒豊かな曲。フラメンコ的サウンドとヘヴイメタルサウンドが融合したような曲。

8曲目。アコースティック・ギターの調べで始まるバラード。哀愁の中にも、ぬくもりを感じるメロディが美しい。

9曲目。 緊張感を感じるイントロで始まる疾走曲。クラシカルでとてもドラマティックな展開をみせる。中間部で一転してピアノを主体としたマイナーに転調する。その後再び疾走感のある曲調になる。二人のギタリストの早弾きはこの曲の聴き所。

10曲目。ラテン調のふんわりと軽やかな曲。ANGRAの演奏能力の幅広さを感じさせられる曲。

11曲目。 ミドルテンポナンバー。プログレ色が強く、展開が次々と変化する複雑な構成の曲。独特のリズム感が心地良い。

12曲目。 アコースティック・ギターで始まる物哀しいバラード。ラテン色を散りばめており、哀愁を誘う。曲は後半に向かって盛り上がりを見せ、壮大な雰囲気の中終曲となる。

13曲目。コンセプトアルバムを締めくくる壮大で複雑な展開をみせる曲。オーケストラだけで演奏されている。見事なオーケストレーションを感じさせる曲。


繊細なオーケストレーションと、情熱的なラテン音楽が巧みに混ざり合った幅広いサウンドプロダクションは、見事の一言。

アルバム全体を通して、隙がなくしっかりと聞かせる演奏能力・作曲能力の高さは素晴らしく、万人に薦められる傑作だ。


Angra - Spread Your Fire


Angra - The Shadow Hunter



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

angra01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


ブラジルのメロディックメタルバンド、ANGRA(アングラ)の4thアルバム。2001作。大幅なメンバーチェンジを乗り越えて創り上げた、傑作中の傑作アルバム。


曲目
1. In Excelsis
2. Nova Era
3. Millennium Sun
4. Acid Rain
5. Heroes Of Sand
6. Unholy Wars
7. Rebirth
8. Judgement Day
9. Running Alone
10. Visions Prelude
11. Bleeding Heart


1曲目。ダークで神秘的なインスト曲で、そのまま2曲目につながる。

続く2曲目はキャッチーなメロディの疾走曲。中盤でのギターソロ、高揚感溢れるサビ、どれを取っても素晴らしい楽曲だ。

3曲目。前半はピアノを中心としたバラード曲。途中から一転して力強い明るい曲調で展開していく曲。哀愁感漂うギターソロが心にしみる。

4曲目。 劇的なクワイアを用いたイントロで始まる、ミドルテンポの曲。間奏部のギターソロはテクニカルでかつメロディアスで美しい。曲はサビに向かい疾走していく。このタイミングがツボを抑えていて高揚感が高まる。

5曲目。ギターのアルペジオで始まるバラードナンバー。新ヴォーカリスト・エドゥの力強い声が心地よく響く、哀愁漂う曲。

6曲目。ブラジルの祭りのようなメロディで始まる曲。が突如パワー溢れるように疾走。メロディラインはとても明るく、ブラジルの太陽のようだ。この曲も、間奏部におけるギターソロがメロディアスで美しい。8分を超える大作だが、ダレることはない。

7曲目。本アルバムのタイトルチューン。哀愁感溢れるメロディが心地良い。曲は徐々にスピードを上げ、ギターソロの部分は疾走し、美しいメロディを奏でる。音色といいメロディラインといい美しさに溢れている。

8曲目。ラテンの雰囲気を漂わせている疾走曲。緩急がついているドラマチックな曲。

9曲目。イントロから劇的なコーラスで始まるメロディアスな疾走ナンバー。間奏部はピアノ、ギターソロとドラマティックな展開をみせる。

10曲目。物悲しいメロディのバラードナンバー。ヴォーカルの歌声が良く響き、哀愁を漂わせている。



ヴォーカル、ギター、リズム隊のバランスが非常によく、感動的な演奏だ。楽曲も、哀愁のバラードや、感動的なミディアム・ナンバー、心地良い疾走曲を盛り込んだバランスよい構成で、文句のつけようがない。

疾走曲もただ速ければいいのではなく、心に響く作品でなければ意味が無いことを示してくれている。

聴いて楽しめるアルバムは数多くあるが、感動できるアルバムは数少ない。このアルバムはそんな数少ない感動できるアルバムだ。 万人に薦められる名盤。


Angra - Nova Era


Angra - Nova Era(Live)


Angra - Rebirth



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・9.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

sonata02.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

1stアルバムで、一躍北欧を代表するBANDになったフィンランド出身のメロディックパワーメタルバンド、SONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)の2ndアルバム。2001年発表。

相変わらずSTRATOVARIUS等からの影響はうかがえるが、前作に比べ楽曲のバランスもよく、かなり洗練された音作りになっている。

曲目
1. ... OF SILENCE
2. WEBALLERGY
3. FALSE NEWS TRAVEL FAST
4. THE END OF THIS CHAPTER
5. BLACK SHEEP
6. LAND OF THE FREE
7. LAST DROP FALLS
8. SAN SEBASTIAN (Revisited)
9. SING IN SILENCE
10. REVONTULET
11. TALLULAH
12. WOLF & RAVEN
13. THE POWER OF ONE


相変わらずスピードチューンはメロディラインが美しく、高揚感に溢れる作風。それは2曲目、3曲目で発揮されている。

そして4曲目で一転してバラードに移る展開は、前作には無かった心地よさを聴き手に与えてくれる。

5曲目、再び疾走チェーンで演奏はスピードアップする。間奏も聴き応えがある。

6曲目も疾走チェーン。この曲は比較的ハードな印象を受ける疾走曲。

7曲目、ゆったりとした中にも格調の高さを感じさせる大人のバラード曲。トニー・カッコ(Vo)の歌声がよく映える。

8曲目は再度疾走チェーン。メロディラインが美しい。間奏部の各パートのソロも聴き応えがあり、楽しめる。

9曲目、ミドルテンポのバラード曲。

10曲目、スリリングなユニゾンで、アルバム構成上の変化をつけるインスト曲

11曲目のバラードはピアノ中心の美旋律。間奏部のギターソロも美しく響く。

12曲目本アルバムの中で最も激しい曲。気持ちが良いほど疾走している曲で、メロディックパワーメタル好きにはたまらない曲だろう。

13曲目美しいギターのアルペジオで始まり徐々にスピードを増していく曲。起伏は激しく、聴き応えはある


ほぼスピードチューン一辺倒だった前作に比べ、スピードチューン、ミドルチューン、バラードがほどよいバランスで配置されていており、聴き応えの点では、前作を上回っていると思う。

このアルバムもメロディックパワーメタルを代表するアルバムだろう。


Sonata Arctica - Weballergy


Sonata Arctica - San Sebastian


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ


sonata01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


フィンランド出身のメロディックパワーメタルバンドSONATA ARCTICA(ソナタ・アークティカ)の1stアルバム。1999年発表。

デビューアルバムとしてはかなり高い完成度の作品で、透明感と哀愁あふれるメロディの疾走チューンを、キラキラしたキーボードとテクニカルなギターワークで盛り上げる手法は、STRATOVARIUSやROYAL HUNTに通ずる音楽性を感じる。

アルバム発表当時、メンバーは平均年齢20才だというから驚きだ。

曲目
1. Blank File
2. My Land
3. 8th Commandment
4. Replica
5. Kingdam For A Heart
6. Full Moon
7. Letter To Dana
8. UnOpened
9. Picturing The Past
10. Destruction Preventer


1曲目。 CDスタートと共にいきなり始まる爽快なスピード感溢れる曲。その若さ溢れる疾走感は、度肝を抜かれるほど強烈だ。ハイトーンヴォイス、中間部のギターソロ、どれも激しく力強く疾走する。

2曲目。 北欧的哀愁漂うミドルテンポの曲。ギターソロのメロディラインは美しく、哀愁感を倍増させる。徐々に疾走しながらラストへ向かう展開は、独特の切なさを感じる。

3曲目。イントロのギターの高速リフから疾走していく曲。高揚感溢れるメロディラインが美しい。キラキラしたキーボード炸裂の、激しく強烈なスピードメタルナンバー。

4曲目。バラード風に始まり、徐々に盛り上がりを見せ、激しく終わるドラマチックな構成の曲。しっとりと聴かせるナンバーで、BANDの演奏力の幅広さを示している。

5曲目。イントロのキャッチーなキーボードのメロディが特徴的な疾走曲。キーボードが醸しだす疾走が素晴らしい。間奏部のテクニカルなギターソロも心を踊らす。

6曲目。バラード的な導入部からテンポアップしていくミドルテンポなナンバー。「Runaway」のリフレインが印象的な美旋律のドラマティックな曲。

7曲目。フルートとアコースティック・ギターで始まる、切ないヘヴィ・バラード。しっかりと曲を聴かせる展開は見事だ。

8曲目。 煌びやかなキーボードが乱舞する疾走曲。どこか哀愁感のあるメロディラインが美しい名曲。

9曲目。 イントロの早弾きギターから始まる充実のスピードチューン。ここでもハイトーンヴォイス、ギターと、激しく疾走する。

10曲目。 これもまた哀愁感漂うメロディラインが美しい疾走曲。間奏部のギターとキーボードのソロバトルは聴きどころの一つ。 かなり展開の激しい曲で、途中一度ブレイクして、アルペジオで歌い上げ、そこから一気にスピードアップして最後へと盛り上がっていく構成は、ドラマチック。

アルバム収録曲の8割がスピードチューンという偏った構成ながら、デビュー作でここまでのものを作ってくる能力には驚いてしまう。

様式美的な雰囲気を携えて疾走する、典型的な北欧スタイルのメロディックパワーメタルで、疾走感、高揚感、メロディの美しさ、どれをとってもクオリティーが高く、メロディックパワーメタルのお手本のような名盤。


Sonata Arctica - Blank File


Sonata Arctica - UnOpened



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。