hana003.jpg


5月はネットショップの構築に明け暮れて、

あっという間に過ぎてしまいました。

まあ、新しいことにチャレンジするのは

楽しい遊びなので、有意義な月でした。


それはさておき、クリシュナムルティの

講話を一つ。これもアートです。

----------------------------------------------

子供たちとの対話―考えてごらん
b004-1.jpg
Amazon.co.jpで詳細を見る

生が助けに来る


子供たちとの対話--Page 174--Author J.クリシュナムルティ

Q.僕がどんなに技師になりたくても、父が反対し、

助けてくれなけれぱ、どうして工学の勉強ができるのでしょう。 



A.たとえお父さんに家を追い出されても、技師になるという志を

貫徹するなら、君は工学を勉強する方法や手段が見つからないと

言うのでしょうか。


君は誰かに頼みこんだり、友達を頼って行くでしょう。

生はとてもふしぎです。何をしたいのかが明確になったとたんに、

何かが起きるのです。

生が助けに来てくれます。友達、親戚、先生やおばあさん、

誰かが助けてくれるのです。

しかし、お父さんに家を追い出されそうだからと、

やってみるのを恐れているなら、君は迷ってしまいます。


恐怖から何らかの要求に屈するだけの人たちには、

生は決して助けに来ることがありません。

しかし、君が、「これが僕の本当にしたいことだから、

追求していこう」と言うなら、そのときには奇蹟的なことが

起きるのに気づくでしょう。

君はお腹を空かせたり、やりとおすために苦労しなくては

ならないかもしれません。

しかし、君は単なる誰かのまねではなくて、価値ある人間に

なるでしょう。そこが奇蹟的なのです。


私たちのほとんどは、一人で立つことを恐れていますね。

そしてこのことが若い君たちには特に困難なのはわかっています。

なぜなら、この国には、アメリカやヨーロッパにはあるような

経済的な自由がないからです。


この国は人口が過剰なので、誰もが屈してしまいます。

君たちは「僕はどうなるだろう」と言うのです。

しかし、君が持ちこたえるならば、何かが、誰かが助けてくれる

ことに気づくでしょう。

大衆の要求に反して本当に立つとき、君は個人であり、

生が助けに来るでしょう。



生物学には変種といわれる現象がありますね。

それは類型からの突然の自然発生的な逸脱です。

庭を持ち、特定の品種の花を栽培していると、ある朝その品種から

何かまったく新しいものが生まれたことに気づくかもしれません。

その新しいものが変種と呼ばれます。それは新しいので目立ちます。

庭師もそれに特に興味を持つのです。そして、生もそれに似ています。

あえて敢行したとたんに、自分の中にもまわりにも何かが起こるのです。



生はさまざまな形で助けに来てくれます。

来てくれる形が君は嫌かもしれませんーそれは悲惨や苦労や飢えで

あるかもしれません。君が生を招くとき・事は起こりはじめます。


しかし、私たちは生を招きたくないし、安全な駆け引きを行いたいのです。

そして、安全な駆け引きを行う人たちは無事安全に死んでしまいます。

そうではないですか。


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト

12DSCN0939.jpg


さて、50才を過ぎてからのチャレンジ、ヘヴイ・メタルという

分野の音楽探索は今日で一段落します。

「AWAKENING THE WORLD」で終わるところが洒落ているでしょう?

いや~面白かったです。

ヘヴイ・メタルの疾走感、高揚感、たまりませんね~。

個人的には北欧系と南米系のBANDが特に印象深かったですね。


同時に70年代ブリティッシュ・ロックの良さも再認識しました。

70年代恐るべしですよ。みなさん、LED ZEPPELIN聴きましょう。


-------------------------------------------------------------


さて、それでヘヴイ・メタル探索を終えて、次はアートの世界で

遊びます。聴き手から作り手への方向転換です。




↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 美術ブログへ

沖縄は梅雨入りしました。毎日雨が降ってます。

それとネットショップ、契約上の問題で名前を若干変えて

公開してます。

Digital Fine Art Gallery 沖縄

クレジットカード決済できるようになりました。

それはさておき・・・

lost-horizon01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る


スウェーデンのメロディック・パワーメタルバンド、LOST HORIZON
(ロスト・ホライズン)の1st。2001作。
アルバムの完成度は高く、デビュー作とは思えない素晴らしい出来だ。


曲目
1. The Quickening
2. Heart of Storm
3. Sworn in the Metal Wind
4. The Song of Air
5. World Through My Fateless Eyes
6. Perfect Warrior
7. Denial of Fate
8. Welcome Back
9. The Kingdom of My Will
10. The Redintegration

1曲目。
雷が鳴り響き、戦いが始まる予感を感じさせるイントロ。


2曲目。
漢くさい熱いシャウトから始まるアグレッシブでアップテンポな曲で、
中間部のギターソロがテクニカル。最初から最後まで、力強く漢くさい曲。


3曲目。
見事なキラーチェーン。
ハイトーンヴォイスが冴える疾走曲。しっかりしたリズム隊の上に、
力強いハイトーンヴォイスが乗るヘビィでメロデックな曲。
早口のヴォーカルが、独特のパワーを曲に与えている。


4曲目。
ピアノによる哀愁漂う短い間奏曲。


5曲目。
これも漢くさく熱い、王道パワーメタル。
間奏のギターソロが北欧らしい美しい音色を聴かせてくれる。


6曲目。
がっしりとしたミドルチェーン。骨格がしっかりしているのでヴォーカルが
よく映える。
ギターソロの切れ味も抜群。


7曲目。
メロディアスかつキャッチャーな疾走曲。北欧的美意識を感じる曲。
ヴォーカルのシャウトも力強く、激しいギターリフも心地よく疾走感を煽る。


8曲目。
静かなイントロから徐々にスピードアップしていく、キャッチャーな
メロディの曲。
ギターソロはテクニカルで熱く印象的。サビは勢い良くかつ熱い。


9曲目。
9分の大作。しかしながらドラマティックな曲調で飽きることはない。
ところどころに現れる、相変わらず熱すぎる叫びが印象的。
変幻自在のヴォーカルが堪能できるメロディアスな曲。


10曲目。
シンセによる、スペイシーなアウトロ。


テクニックも勢いもある切れの良い見事な演奏に、
パワフルで艶のあるハイトーンヴォイスが一体となって、
聴き手を圧倒する素晴らしいサウンドが聴ける。

何と言ってもヴォーカルの力量は桁外れに素晴らしい。


そして、このBANDは基本的に漢くさく熱いのだ。漢メタルという分野を
作ってもいいぐらいだろう。
このBANDを聴かずしては、一生の不覚だ。それぐらい衝撃的なBANDだ。


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.0


Lost Horizon - The Quickening - Heart of Storm


Lost Horizon - Sworn in Metal Wind



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

Spin-off企画、「Digital Fine Art Gallery 音楽と本と猫と
沖縄で遊ぶ」も順調に準備が進んでいます。

新たにart-okinawa.netというドメインを取って、ちょっと
本格的に展開してみるつもりです。それはさておき・・・

VANDROYA01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)
Amazon.co.jpでMP3を試聴する


ブラジル・サンパウロで結成されたメロディック・パワー・メタルBAND、
VANDROYA(ヴァンドローヤ)のデビュー・アルバム。2013年作。

力強い女性シンガー・ダイサ嬢をメインに据えた、ツイン・ギターを含む
5人組。


曲目
01. All Becomes One
02. The Last Free Land
03. No Oblivion For Eternity
04. Within Shadows
05. Anthem (For The Sun)
06. Why Should We Say Goodbye?
07. Change The Tide
08. When Heaven Decides To Call
09. This World Of Yours
10. Solar Night


1曲目。シンセサイザーによる美しい旋律が奏でられるイントロ。


2曲目。1曲目から間髪をいれずに続く疾走曲。ツインリードが奏でる
キャッチーな旋律に、ダイサ嬢の力強くストレートな歌声が乗る
メロパワのお手本のようなキラー・チェーン。


3曲目。2曲目のサビメロが中近東風にアレンジされたイントロから始まる
ミドルテンポの曲。力強いギター・リフが印象的だ。


4曲目。哀愁感溢れるツインリードで始まる曲。ヘビィな演奏から
途中いきなり雰囲気が変わり、プログレ・メタル的な技巧を見せる。


5曲目。泣きのギターが印象的なミドルテンポの曲。


6曲目。ピアノとダイサ嬢による美しいメロディのバラード。
ダイサ嬢が切々と歌い上げ、途中からBANDも加わり、徐々に
盛り上がっていく楽曲。


7曲目。イントロから勢いよく疾走するドラマティックなメロパワ曲。


8曲目。プログレ・メタル的な側面が強く出ている曲。
ただ技巧には走らず、歌中心の楽曲なので聴きやすい。


9曲目。疾走曲。ダイサ嬢の力強い声が鳴り響く。
中間部のギターソロがクラシカルな雰囲気を醸し出している。


10曲目。ピアノにしっとりとしたBANDサウンドが絡み、その上に
ヴォーカルが乗るスタイルの、ゆったりした叙情的な曲。


メロディック・パワー・メタルBANDだと思って聴いてみたのだが、
意外なほどプログレ・メタルの側面も持ってる。が、あまり技巧には
走らず、あくまでもダイサ嬢の歌中心の作りなので、聴きやすい。

面白い試みとして、全編を通して2曲目のメロディがアレンジされて
使い回されており、アルバムに一種の一体感を与えている。

また、サウンド・プロダクションはあまり良くは無いのだが、そんな
欠点を吹き飛ばしてしまうほどダイサ嬢の小細工のないストレートな
歌いまわしは魅力的だ。


演奏も高密度で圧倒されるし、飛翔感のあるツイン・ギター・パートは
聴いていて心地良い。

今後の活躍が大いに期待できるBANDだ。


Vandroya - The Last Free Land


Vandroya - Why Should We Say Goodbye?



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.5


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ


↓↓こちらもよろしくお願いします。
↓↓クリックするとギャラリーにいきます。

Digital Fine Art Gallery 音楽と本と猫と沖縄で遊ぶ(FC2版)


scelerata01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


ブラジルのメロディック・パワー・メタル・バンド、SCELERATA(セレラータ)の
2ndアルバム。2008作。


曲目
01. Enemy Within
02. Spiritual Path
03. Leave Me Alone
04. Surrender
05. Close To Move Mountains
06. The Turn
07. Cancer
08. Phoenix Tales
09. Bad Dreams
10. Regret
11. Forever And Ever


1曲目。ミドルテンポのヘヴイな曲。まさに重みのある正統派サウンド。
重みの中にもキャッチーさがあり聴きやすい曲。


2曲目。疾走曲。疾走しつつも軽いサウンドではなく、独特の重量感を
感じるサウンドからはオリジナルティを感じる。
演奏陣も非常にテクニカルで難しいパートを簡単に演奏している。


3曲目。高揚感を感じる疾走曲。ヴォーカルもパワフルで伸びやかな
ハイトーンを駆使し、聴いていて心地良い。
演奏陣も素晴らしい演奏を繰り広げている。


4曲目。キラキラ感のある疾走曲。
中間部のギターソロが非常にエモーショナルで聴かせてくれる。


5曲目。メロディがとても美しいバラード。中間部でのアコースティックな
ギターソロから鳴きのギターソロへの展開はドラマチック。


6曲目。やや複雑な展開をみせる疾走曲。
中間部でのギターソロがテクニカルで心地良い。


7曲目。キャッチーな疾走曲。ハイトーンヴォイスが美しい。


8曲目。ミドルテンポの曲。ヘヴイなギターのリフが印象的だ。


9曲目。ツインギターが奏でるイントロが美しいミドルテンポの曲。


10曲目。南米風のアコースティックな雰囲気で始まる曲。


11曲目。アコーディオンを用いたラテン色のあるタンゴっぽい曲。
ヴォーカルの力強い声が映える。



ありふれたメロディック・パワー・メタルサウンドではなく、
オリジナリティが感じられるサウンドだ。全体的に重量感があり力強い。
疾走曲でも軽薄な感じがしないアレンジは見事。


また、南米のフォークやタンゴなど独特の音楽性を楽曲に加えているため、
音楽性の幅広さを感じる。

演奏もうまいし、ヴォーカルも良いので、後はアルバム中間部でややだれる点が
改善されれば、一気に一線級のBANDになる可能性を秘めている。
今後に大きな期待ができるBANDだ。

とても素晴らしいBANDだが、アルバム・ジャケットのセンスが悪い点は
改善してもらいたいと思う。


SCELERATA - Leave Me Alone


SCELERATA - Close to Move Mountains



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ


GWも後半、みなさんどう過ごされていますか?

僕は「Digital Fine Art Gallery 音楽と本と猫と沖縄で遊ぶ 」

設立準備で遊んでいます。それはさておき・・・


kamelot01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


アメリカのフロリダ出身のメロディック・パワーメタルバンド
KAMELOT(キャメロット)の5th。2001作。妖艶なアルバムジャケットが印象的。


曲目
1. Regalis Apertura
2. Forever
3. Wings Of Despair
4. The Spell
5. Don`t Your Cry
6. Karma
7. The Light Shine On You
8. Temples Of God
9. Across The Highlands Elizabeth
10. Elisabeth:Mirror MIrror
11. Elisabeth:Requiem For The Innocent
12. Elisabeth:Fall From Grace
13. Ne Pleure Pas - (bonus track)


1曲目。オープニング。中近東風の短いインスト曲。


2曲目。 1から間を開けず続く哀愁漂うスピード・チューン。
メロディアスな曲調に、ローイ・カーンの美声がのり心地良く疾走していく曲。


3曲目。ドラマテイックな疾走曲。中間部のギター・ソロが曲をいっそう
引き締めている。ここでもローイ・カーンの美声がよく映えている。


4曲目。 妖艶でメロディアスなKAMELOTワールドを見事に表現している
ミドルテンポの曲。とにかくメロディラインが美しい。


5曲目。ローイ・カーン絶品のヴォーカルが聴ける哀愁ただよう儚いバラード。
サビの「Don't you cry ~」のリフレインが心に響く。
この曲は本アルバムでの美しさの頂点だろう。


6曲目。アルバム。タイトルチューン。壮大なドラマティックな曲。
ピアノの音色がこの曲を一段と盛り上げている。


7曲目。ローイ・カーンの歌声がいっそうと映えるミドルテンポの華麗な曲。
美旋律が心をとらえる。


8曲目。神秘的なムード漂うミドルテンポの曲。どんな曲でも歌いこなしてしまう
ローイ・カーンの、情感たっぷりな歌唱力は素晴らしい。


9曲目。疾走曲。ギター・ソロが疾走感を引き立てる。


10,11,12曲目は組曲になっている。


10曲目。ローイ・カーンの美声が映えるメロディアスでスローな曲。


11曲目。一転してハードなギター・リフで始まるミドルテンポの曲。
最後、ピアノとストリングスだけの展開になり静かに終曲となる。


12曲目。 11から続いて、いきなりハードなギター・リフで始まる力強い曲。
ローイ・カーンも力強く疾走していく。


10から12へと展開していく流れは見事なアレンジだ。


13曲目。 ボーナストラック。(輸入盤と国内盤では内容が異なるようだ。)
アコースティックギターの調べで始まる哀愁ただよう佳曲。



まずローイ・カーンのヴォーカルが素晴らしい。そしてアメリカ出身の
バンドでありながら、ヨーロッパ的な湿った空気感を醸しだす
ドラマティックなサウンドも、華麗で見事だ。

とにかくどの曲も完成度が高く、文句のつけようもない。
本作は、万人に推薦できるアルバムだ。


Kamelot - Don't you cry



Kamelot - Karma (Live)



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・9.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ