もうすぐ足あと機能が終了してしまいますね。
便利だったのに残念。

替わりに置き手紙で対処しようと思いますが、さてどうなる事やら。
うまく訪問できなかったら、ごめんなさい。

後、タイズページっていう新サービスを試しましたが、
ここはアフィリエイト系ばかりで、あし@のような多様性がない。
個人的にはアフィリエイト系興味が無いので、退会しました。

それはさておき・・・。

-------------------------------------------------

ShadowIcon_EmpireInRuins_FrontCover_small_s.jpg

2013年11月8日のブログ記事に書いた、スロベニアに注文したCDが
ようやく届きました。まあ、自主制作盤のCDだから、
時間はかかると思っていましたが、予想以上の遅さ。


注文したのが10月上旬で、発送が11月27日。
注文から発送まで2ヶ月かかっている。だめじゃん、スロベニア。

そして発送から到着までも、約2ヶ月かかっている。
スロベニアの郵便事情はどうなっているのかね?

-------------------------------------------------

少なくても日本じゃ考えられないし、国際基準と比べても
遅すぎる。
AmazonのUKからでも1週間で届くのだから、スロベニア内部での
郵便事情が悪いのかな。

見て下さい。この安っぽい封筒。それに比べAmazonのごついこと。

13CIMG2813.jpg
13CIMG2809.jpg


しかし中身はしっかりとプレスされたCDでした。おお、すごい。
甘ったるい女性ヴォーカルとヘヴイなサウンドの組み合わせは
わりと好みのタイプ。


13CIMG2817.jpg


-------------------------------------------------

スロベニアのバンドを応援しつつ、スロベニアの外貨獲得にも
貢献したのだから、なんとなく嬉しい。

いや~、何事もチャレンジした後に結果が出ると高揚するな~。
くせになりそう。


ShadowIcon - The Haunting


ShadowIcon - Battle Of Actium (Pt.1&Pt.2)


スポンサーサイト

沖縄・名護市の市長選挙、基地移設反対派の現職市長が当選しましたね。
これで政府に基地はいらないと市民が表明したと思います。
(その結果、復興基金500億円見直しだなんて、自民党も地味にせこいね。)

次は都民が頑張って、安倍政権にNOと言って下さい。
みんなで市民主導の新しい世界を作りましょう。

------------------------------------------------------

andt-t01.jpg

アンディ・ティモンズのギターインスト・アルバム。

おちゃらけたアルバムジャケットにやや不安を感じながらも、

黄金色にひかれて購入。

もちろん初めて聴くギタリストで、ワクワクドキドキ。

(後でわかったことですが、おちゃらけポーズは、ヨガのポーズのようです。)


------------------------------------------------------------------


まず第一音から、その太いギターの音色に驚かされました。

今まで聴いたギタリストの誰とも違う、ぶっとい音。

そしてなんともいえず、耳に心地よいトーン。

いや、すばらしいです。最初の曲で、もうANDYの虜です。


楽曲の幅も広いし、まさに万能型のギタリスト。

もちろんテクニックも抜群ですが、それだけではなく歌心も素晴らしい。

日本人のフィーリングに合うタイプですね。

本当に聴けば聴くほど味わいが出てくるスルメのようなギタリストです。


全くノーマークだっただけに、世の中は広いなとつくづく思います。

そしてこのようなギタリストの音楽に触れられてラッキーです。

本気でおすすめのギタリストです。


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5





Andy Timmons-That Was Then This is Now


Andy Timmons - Super 70's


book-c-2.jpg

未来の生 Author J.クリシュナムルティ


野心と関心とは二つの別々の事柄なのだ。

もし私が絵画に本当に関心があり、絵を描くことが好きなら、

私はいちばんよい、または有名な画家になるために競争したりしない。

私はただ絵を描くことを好む。


君の方が私より絵を描くことが上手かも知れないが、

しかし私は自分のことを君と比べはしない。

絵を描くとき、私は自分がしつつあることが気に入っているので、

私にとって、それだけで十分なのである。

沖縄では名護市長選挙が終盤に入り、いちだんとヒートアップしてきました。

今回は基地建設反対派と賛成派の一騎打ちなので、お互いにものすごい勢いです。

ネガティブ・キャンペーンも行なわれており、雰囲気は悪いです。

それはさておき・・・。いや、さておけないけど・・・。

brueghel_babel00_s.jpg


モノが壊れる時って、立て続けに壊れませんか?
トイレに続いて、今度はパソコンのモニターが表示不可になりました。

ちょっと前からハードディスクの動きがおかしかったり、
画面の輝度が半分ぐらいになる現象があったのですが、
今日完全に何も映らなくなりました。

まずはどこで不具合が出ているのか、原因を見つけなければなりません。
で、別のモニターをつなげてみました。
するとしっかり画面は表示されます。

これで原因はモニター自体にある事がわかりました。

------------------------------------------------------

慌てて故障したDELL製モニターの保証期間をみると、3年保証で
残り2ヶ月をきっていましたが、保証期間内でした。ラッキー。

速攻でDELLのサポセンに電話すると、やっぱり中国・大連に転送され
中国人の不思議な日本語サポート。
この段階で、嫌な予感はしたんですよ。細かい点、伝わらないし。

それでもちゃんと非光沢画面のモニターを送ってもらうことは
理解されたみたい。
で結果、新しい非光沢画面のモニターを送ってくれることになり、
一安心。いや~、保証期間内でよかったですよ。

もう、何も壊れませんように。

------------------------------------------------------
dell295.jpg

で、結果、DELLから送られてきたモニタは、
DELLの中国人のサポセンに、あれほど画面は光沢ではなく、
非光沢の商品を送って下さいと注意していたのに、
送られて来たのは、光沢画面でした。もう、げっそり。


個人的に、光沢画面、映り込みがうっとしくて、嫌いなんですよ。
外国人にサポートさせると、この程度の事でも、上手く伝わらないから
不安なんですよね。だからDELLは・・・

------------------------------------------------------

それでも諦めず、再度交換の交渉しました。
しかし中国人、融通がききません。
そのうち私の責任ではないとか言い出して・・・
やれやれです。世界一最低のサポセンですよ。


で、こうゆう混乱状態で、負の連鎖にハマった時、どうしたら良いか。
それは全てを捨て去ることです。

結局、モニタの交換は諦めて、2台のPCで1台のモニターを共有する事に
しました。触らぬDELLと中国人にはお手上げです。

ああ、疲れる。これだからDELLと中国人は・・・

------------------------------------------------------

しかしDELL+中国人はサポセンとしては最強の組み合わせ。
あらゆるサポートを混乱させる破壊力がある。
今のうちに手を切っておいたほうが吉ですね。

そういえば電話には一回も日本人出てこなかったです。
本体はマウスコンピューターに乗り換えておいて良かった。

すいません、長い愚痴をダラダラ書いて・・・。
でも本当に疲れました。

アメリカでマリフアナ合法化の動きが強くなっていますね。

日本人からするとマリフアナは馴染みのない不気味なモノですが、
タバコのほうがよっぽど害があり、中毒性が高いです。

でもアメリカのマリフアナ合法化は低迷するタバコ産業を
救うための手段であり、やっぱり大金が絡んでくる胡散臭い
話ではあります。

それに日本にも強制してくる予感がして、いやな感じです。

それはさておき・・・。

---------------------------------------------------

13CIMG2949.jpg


表題どおり、朝トイレに行ったら、トイレのタンク部に
大きな亀裂が入っていていました。
幸いなことに、タンクの内側に塗られているウレタンの発泡剤が
水漏れと亀裂が広がるのを防いでいてくれて、大きな被害はありません。


へえ~、トイレのタンクって割れるんですね。始めてみました。
なんてのん気な事を言っていると、少しずつ亀裂が大きくなって
いく感じがして、即、修理を決定しました。

-----------------------------------------------------------

始めはDIYで亀裂をコンクリ・ボンドで埋めようかと思いましたが、
これはちょっと素人には荷が重い作業になりそうなので、さっさと
プロ探し。


ネットで検索すると、結構トイレ修理・交換業者さんて沢山あるのですね。
その中から2社選んで、電話で交渉。そのうち1社はすぐ来れるということで、
すぐ来てもらうことにしました。


待つこと1時間。やってきた業者さんは、さっさとトイレの状態を見極め、
もう古い型式のトイレで在庫もないという事で、全交換になりました。

まあ業者さん、手際のいいこと。1時間ちょっとで、まるごと交換してしまいました。
で、全部込で68,000円。ずいぶんと安いですが、ありがたいです。


13CIMG2956.jpg

うん、いいですね。新しいトイレは。気持ちがスカッとします。
でも、新年早々、トイレが割れるって、風水的にはどうなん?
ま、大きな被害もなく新しくなったのだから、全てOKとしておきましょう。

leaves-01.jpg

ノルウェーのゴシック・メタルバンド、leaves' eyes(リーヴズ・アイズ)の

2013年作のアルバム。


前作を柔とすれば、本作は剛。

いつもの柔らかく包み込むようなサウンドではなく

いきなりヘビーなサウンドで、驚かされる。


ゴシック・メタル・バンドにしては珍しく、ギターが

前面に出てきており、金属的なギターサウンドが楽しめる。

デスグロウルな咆哮も効果的に使われていて、デスグロウルが

苦手な人も、納得できる仕上がりだ。


------------------------------------------------------------


さらに驚くべきことは、ここにきて、リブ・クリスティーン嬢の

ヴォーカルの質が進化していることだ。

しっとりした曲から激しい曲まで、堂々と歌い上げている。



アルバム全体が心地良い攻撃性に満ちており、北欧のバンドから

ヨーロッパを代表するバンドのサウンドにレベルアップしている。

そのため、以前より北欧的情緒は薄れているが、明らかに

世界に通用するレベルの素晴らしいアルバムだ。


本アルバムはleaves' eyes(リーヴズ・アイズ)の最高傑作で、

leaves' eyesは間違いなく世界に羽ばたいていくだろう。

ぜひLIVEが見てみたいと思うのは、僕だけではないだろう。


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.5






LEAVES' EYES - Hell To The Heavens | Napalm Records


Leaves' Eyes - Hymn to the Lone Sands

日本の人口が7年連続減で、2013年の自然減は
過去最多を更新したそうですね。

年々高齢化社会になっていくのですが、法も設備も
追いついていかないですね。

無愛想で、住みにくい国です。
それはさておき・・・。

-----------------------------------------------

koyanagi-01.jpg


僕にしては珍しく日本人のアーチストの紹介。

このアーチストの評価が低いということが、
いかに日本の音楽業界が疲労しているかを示している。

もう子供が歌う歌や、パホーマンス中心の歌はいいから、
一人立ち歌う、大人の歌を母国語で聴きたい。

小柳ゆき - 愛情


小柳ゆき - be alive