girl-2070612_640.jpg

友よ。

生と死は紙一重なのだ。
コインのように表裏一体だ。
両方あって成立する。

生あるうちは生を懸命に生き、
死が訪れば死を受け入れる。

生命とは、そのような季節の繰り返しだ。

スポンサーサイト