12DSCN8435_201706150635154ec.jpg

こんにちは。

最近、精神状態も体調も良すぎて、自分のフルパワー状態を超えています。
まるでリミッターが外れたかのように、ものすごい状態になっています。

いわゆるチャクラが全開状態で、それに加え、手首からもエネルギーが
入ってくる。

全身が黄金のオーラに包まれ、どこまでも拡大していく感覚。
全てが愛おしい感覚。新鮮な季節が訪れた感覚。
そう、開いていた心の窓に、新鮮な季節が訪れたのだ。

さて、信頼するヒーラーに会いに行かなければならない。

スポンサーサイト

cat-246933_640.jpg

こんにちは。
親友がネットショップを開設しました。
オリジナルのジグレー版画専門店です。

売上の一部は、殺処分される猫の保護・保護猫シェルター建設・
里親探しの費用に当てられます。

よろしくお願いします。

沖縄招き猫アート工房

-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------

さて、フリーランスの立場を続けるにおいて、
定期的な運動の必要性は、前回書いた。
それに付け加えると、

中年期以降のトレーニングは、若い世代のようにマッチョを
目指す必要はない。よって過度のトレーニングの必要はないし、
ジムに通う必要もないだろう。

しかし自宅でできる範囲で運動を行えば、体型を維持する
ことができるし、骨の強化にもつながる。
いつまでも自力で歩行できる事は快適だ。

-----------------------------------------------------------------------

また、脳の衰えは、歩幅との相関関係が認められるといわれている。
そんな論文を目にして、改めて痴呆症の方を見ると、歩幅は
とても小さい。ということは、確実ではないものの、歩幅を縮めない
努力をしておけば、それだけでも痴呆へ向かうリスクを
低減できるかもしれない。


何にしろ、定期的な運動は必要だろう。
運動により気分も爽快となるし、良いことずくめだ。
是非とも日々運動を、できる範囲で行うことをお勧めしたい。

そう、フリーランス心得の第三は体力だ。(耐力でもある。)

-----------------------------------------------------------------------

そしてフリーランス心得の第四は、仕事を生きがいにしない事だ。

人生は、仕事のためにだけ存在するのではない。
生活に必要な分のお金を手にしたならば、
後は仕事以外の事をするべきだ。


そこで僕は、脳性麻痺などの子供たちの生活の手伝いをする
ボランティアを薦めている。

あなたは決心し、ボランティアに行き、脳性麻痺などの子供たちと
接して、どうしていいかわからず戸惑うだろう。
それでいいのだ。戸惑うことは新しい種が蒔かれた印だ。
種はやがて成長し、あなたの心に新鮮な蕾をつけるだろう。
あなたの人生は、こんなにも豊かなのだ。

-----------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------