沖縄では桜が咲きはじめました。
受験生の皆さん、今日はモーツァルトを聴いて、ゆっくり頭を休めて下さい。

mzek.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

トン・コープマン指揮アムステルダム・バロック・オーケストラ。
1989年録音。Div.K.136~138、Div.K.251の4曲収録。

1. ディヴェルティメント ニ長調K.136(125a)
2. ディヴェルティメント変ロ長調K.137(125b)
3. ディヴェルティメント ヘ長調K.138(125c)
4. セレナード第13番ト長調K.525「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」

16歳のモーツァルトがどこまでも晴れやかな気分にしてくれる、透明感あふれる親しみやすい楽曲ディヴェルティメント ニ長調K.136や、誰もが知っている旋律美が印象的な「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」まで入っているお徳盤。

天才モーツァルト、メロディメーカーとしての才能炸裂。演奏もすばらしく、古楽器の音色が楽しめる。

Mozart K.136 Divertimento in D 1st mov. Allegro


Mozart K.136 Divertimento in D 2nd mov. Andante


Mozart K.136 Divertimento in D 3rd mov. Presto


Eine kleine Nachtmusik(アイネ・クライネ・ナハトムジーク)第一楽章


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

METROPOLIS PT.2 SCENES FROM A MEMORY / DREAM THEARTER

猫と遊ぶ・その5

comment iconコメント ( 7 )

No title

こんばんは。

沖縄はもう桜の開花シーズンなのですね。
関東は連日寒くて、雪でも降ってきそうです。

すてきな音楽の紹介をありがとうございます。
モーツァルトの「ディヴェルティメント」と「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」はとても好きです。

名前: HTunit [Edit] 2012-01-18 21:31

HTunitさんへ

HTunitさん、こんにちは。沖縄の桜は来週から月末辺りまでが見所だと思います。

モーツァルト気に入っていただけて、幸いです。さすがはモーツァルト、いい曲ですよね。

ディヴェルティメント・ニ長調K.136なんて16才で作曲しているのですから、驚きです。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-19 00:13

こんにちは。

沖縄はもう桜が・・・
小さな国なのに、気候の違いに驚きです。

今回もすばらしい曲を取りあげられましたね♪
モーツァルトの代表的なセレナードと弦楽四重奏を
聴いていると高貴な人になったようで
1人妄想にふけります。
当時だと耳にすることも出来なかったでしょうね。
いい時代に生まれました(笑)
それでは。

名前: nonpy [Edit] 2012-01-19 10:51

No title

こういうMOZARTはいかがでしょう。

MOZARTを愚弄している?、でも私はこの発想に拍手を贈りたい。

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/MNtYYuWILNE" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

名前: 中森 ユウジ [Edit] 2012-01-19 22:25

No title

すいません、コメント編集が出来ないので訂正させて下さい。
動画はこちらでないと起きないかもしれません。

http://www.youtube.com/watch?v=MNtYYuWILNE

あしからず。

名前: 中森 ユウジ [Edit] 2012-01-19 22:31

中森ユウジさんへ

中森ユウジさん、こんにちは。

微妙な演奏ですね。逆にMOZARTの天才性が浮き出てくる感じですね。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-20 00:08

nonpyさんへ

nonpyさん、こんにちは。
沖縄の桜、月末あたりが見所のようです。

>当時だと耳にすることも出来なかったでしょうね。
>いい時代に生まれました(笑)

そうですね。この時代はまだ王様や貴族のための音楽ですからねー。
でもモーツァルトあたりから、庶民も聴けるようになったのかもしれません。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-20 00:10

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)