LIV MOON
LIV-MOON-SY.jpg
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

LIGHT BRINGER
LIGHT-BRINGER.jpg
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

と、いわゆる国産嬢メタル周辺が賑わっている今日この頃ですが、なかなか華があっていいですね。Amazonで曲のサンプルを試聴してみましたが、なかなかいいじゃないですか。ただ個人的にはもっと高揚感を感じられる曲がほしかったですね。

さて今日はヘヴイなサウンドを聴きましょう。

dt3.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る

アメリカの超絶技巧プログレ・メタル集団DREAM THEATERの通算7枚目となるアルバム。2003年発表。ヘビーでダークな曲集、雰囲気、ジャケットまでも暗黒色で統一されている。 1曲1曲に繋がりはないが全体を通したイメージは統一感がある。今回DREAM THEATERはヘビーでダークな面を見せることにしたようだ。

曲目
1. AS I AM
2. THIS DYING SOUL
3. ENDLESS SACRIFICE
4. HONOR THY FATHER
5. VACANT
6. STREAM OF CONSCIOUSNESS
7. IN THE NAME OF GOD

1曲目「As I am」 ヘビーでダークな音像で始まるこの曲は、スピードを増しながら地を這うように蠢く。間奏部分でのギターソロは速引きの見事さもさることながらヘビーさを増幅するようだ。そしてヘビーでありながら同時にメロディアスだ。

突然始まる2曲目「This Dying Soul」。 超絶技巧のギターソロから始まるこの曲は約11分半の大作。終盤のインスト・バトルはとても熱く激しい。

急に終わる2曲目に続きスロー・テンポで始まる3曲目「Endless Sacrifice」スロー・テンポなのは前半だけで中盤から後半にかけては激しいインスト・バトル。ギターとキーボードの絡みが物凄い。前半の「静」と中盤からの「動」の展開美が光る。

4曲目「Honor Thy Father」。本アルバムの中ではやや異質な感じがする曲。それでもギターはヘヴィだしベースの動きも激しい。

ピアノとヴァイオリンの調べが美しい5曲目「Vacant」。ジェイムズ・ラブリエ(Vo)もしっとりとうたいあげる。嵐の前の静けさ。

6曲目「Stream of Consciousness」は全編インストの曲。このアルバムのクライマックスだろう。あらゆる楽器が鬼気迫る勢いで絡み合っている。 DREAM THEATERの全てが集約されている感じだ。

最後を飾る7曲目「In the Name of God」は14分にも及ぶ壮大な曲であり、各部位での展開が美しい。エンディングにふさわしい壮大な曲。


全編に重々しいギターリフが鳴り渡り、複雑な速弾きソロが展開される。ダーク&へヴィのお手本の様なアルバムで、その意味においてはDREAM THEATERの思惑は成功しているだろう。このアルバムはある意味DREAM THEATERからリスナーへの挑戦状だ。

Dream Theater - Stream of Consciousness (Live at Budokan)


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・7.0
メロディアス度・・7.0


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

猫と遊ぶ・その7

米国と中国の狭間で / 沖縄グアム化妄想論

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは^^

この曲も素敵ですね♪
音が安定しバランスも良く、ところどころ不思議なメロディーで、10分余りですが、あっという間に終わってしまいました。それだけのめり込んでいたのでしょう。(笑)
武道館でのライブすばらしかったのでしょうね!
生のライブで聴きたいDream Theaterの曲でした。
また1つ、知らない音楽に出合い嬉しいです。
それでは。

名前: nonpy [Edit] 2012-01-25 09:27

nonpyさんへ

nonpyさん、こんにちは。Dream Theater気に入ってもらえてよかったです。確か武道館ライブのCD/DVDもでていたはず。

知らない音楽に出会うのは楽しいですよね。僕も聴いたことのない音楽をはじめて聴く時は、ドキドキします。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-01-26 00:17

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)