mz4041.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

1・交響曲第40番ト短調K.550
2・交響曲第41番ハ長調K.551『ジュピター』
ラファエル・クーベリック指揮&バイエルン放送交響楽団 SONY MUSIC

交響曲第40番第1楽章冒頭のテーマはあまりにも有名で、聴いたことがない人はいないと思う。この楽曲はモーツァルトが書いた数少ない短調の交響曲で、あふれ出る悲しみの感情が4楽章を通して表現されている大傑作。

演奏は美しさに満ちていて、透き通った音色が心を静めてくれる。シンフォニックで優美な演奏。

第41番『ジュピター』はモーツァルトが書いた最後の交響曲。神々の王「ジュピター」から名づけられたように、力強く美しく、格調高く、その名に恥じない楽曲。交響曲の中でも名作中の名作で、晴れやかな第1楽章からフーガを使用した堂々たる終楽章まで、力の入るまさに渾身の大作。

スポンサーサイト

交響曲第40番&第41番(古楽器版) / モーツァルト

HR/HM御用達のBURRN!誌を買ってみた

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。