wit4.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

もう40年以上も前からHARD ROCKとオーケストラの融合に、いろいろなBANDがチャレンジしてきたが、 RENAISSANCE(ルネッサンス)の成功例は別格として、そうそう成功例は無い。

今回のWithin Temptationとオーケストラの競演は、Within TemptationのBANDとしての個性がやや希薄なことが幸いして、うまくオーケストラと融合している。

本作品は、2008年にWithin Temptationの自国、オランダ・ロッテルダムにて行われたフルオーケストラとの、ライブの模様を完全収録した2枚組みCDに、ボーナスDVDが付属したもので、見所はライブを完全収録したDVDだ。

1万人収容の会場、ヨーロッパ最大のスクリーン、フルオーケストラおよび30名のコーラス隊など、豪華な内容のライブとなっている。

wit4-2.jpg

実際、内容は素晴らしく最初から最後まで見るものを飽きさせることはない。 1曲目はオーケストラの演奏で始まる。いい演出の導入部だ。

注目はやはりオランダの、いや、もはやヨーロッパを代表する歌姫、シャロン・デン・アデル(Vo)なのだが、期待以上のクオリティで歌声を聴かせてくれる。1曲目のオーケストラの演奏が終わりシャロン・デン・アデル(Vo)が2曲目を歌い始めると、その第1声で場の雰囲気が変化する。確固たる世界観を明確に出来うるアーチストのみが持つ力だ。途中ゲストを迎えながら、最後の感動的なIce Queenまで、最高のパフォーマンスを見せてくれる。

このライブの記録は、シャロン・デン・アデルはもちろんの事、Within Temptationの一つの金字塔だろうし、 Within Temptationとしてベストの状態でのパフォーマンスだろう。とにかくこのオランダ・ロッテルダムのライブ映像は一見の価値がある。(インタビュー及びドキュメンタリー等の特典映像も付いている)

Within Temptation - Our Solemn Hour - Black Symphony


Within Temptation - Ice Queen - BlackSymphony



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・9.0


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

拍手コメントへのお礼メッセージ記入が不調です。

ブリューゲル

comment iconコメント ( 2 )

No title

すごい・・・壮大すぎる・・・。
分厚いオケのサウンドから突き抜けてくるシャロン・デン・アデルの歌唱力に圧巻です。
後ろの指揮者も楽しそうでなによりです(笑)

名前: ME~RO [Edit] 2012-02-12 07:39

ME~ROさんへ

ME~ROさん、こんにちは。

やっぱりこのBAND、シャロン・デン・アデルの存在が大きいです。

いい声してますよね。シャロン・デン・アデルは。
ヨーロッパの歌姫と言われるだけの事はあります。

DVDではこの調子で2時間歌ってる映像が見れますから、まさに圧巻です。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-02-12 12:23

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)