wit5.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

ヨーロッパを代表する歌姫、シャロン・デン・アデル(Vo)を擁するWITHIN TEMPTATIONの2011年発表の 5作目。前作「The Heart of Everything」では、よりモダンな要素を打ち出してきたが、本アルバムではさらにモダンに、さらにPOPに変化している。もはやゴシックメタルの面影は無い。

結成15年を迎えて取り組んだ本作は、コミックと連動したコンセプトという異色の内容。あまり聞かないコンセプトなので、若干の不安を感じつつアルバムを聴いてみた。尚、国内版にはDVDが付属する。

曲目
1. Why Not Me
2. Shot In The Dark
3. In The Middle Of The Night
4. Faster
5. Fire And Ice
6. Iron
7. Where Is The Edge?
8. Sinead
9. Lost
10. Murder
11. A Demon's Fate
12. Stairway To The Skies
*13. I Don't Wanna
*14. Empty Eyes

アルバムは全体的に音に厚み、安定感が出てきている。が、今までのWITHIN TEMPTATIONとは、ずいぶん違う印象を受ける。 1番の変化はシャロン・デン・アデル(Vo)の歌唱法だろう。 2曲目から以前とは違い、パワフルにシャウト気味に歌っている。続く3曲目、4曲目も同様だ。パワフルでダイナミックに歌っている。

それは5曲目のバラード調の曲でも同じだ。以前のように優しく歌い上げるといった感覚は消えダイナミックに歌っている。それはアルバム終盤まで行き届きている。

今までのスケールの大きさ、緻密さも感じさせる表現方法から、身近で少々ラフでパワフルなPOPスタイルへと、サウンドの質感に大きな変化をもたらしいる。アメリカ進出を視野に入れてのことだろうが、個人的にはしっとりと歌うシャロン・デン・アデル(Vo)を聴きたいというのが本音。

結局のところ、このアルバムはアメリカ進出へ向けての第一歩であり、アメリカンハードPOPSとヨーロピアンPOPSの中間に位置する感じがする。

楽曲自体は優れており、良質のPOPSとして聴ける。ただしその分、以前のWITHIN TEMPTATIONらしさは薄れている。音像からして1980年代に全米チャートを賑わせていたHEARTに感じが似ている。現在のMETAL系ではEVANESCENCEあたりに似ている感じ。

どちらにしろ変化するという事は、古くからのファンが離れていく代わりに新たなファン層を獲得すると言う事だから、本アルバムでのWITHIN TEMPTATIONの変化は必然だろう。次のアルバムでどの方向に決定付けるのか、非常に興味深い。その時、シャロン・デン・アデル(Vo)はどのような歌唱法で挑むのか興味は尽きない。

今作も標準以上のクオリティを保っているが、ファン層を広げるための一環としてのアプローチがとられているようで、 WITHIN TEMPTATIONのファンでなくても、普通に楽しめる仕上がりになっている。

Within Temptation - Faster Music Video


Within Temptation- A Demon's Fate



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.0


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

インターネット・セキュリティ

猫と遊ぶ・その11

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは。

雰囲気が「ガラッ」と変わりましたね。
BANDが、生き残っていくには、世の中のニーズも大切ですから、変化していくことは仕方ないことです。
しかし、「Within Temptation]はいい方向に進んでいると思います。
アメリカでも人気がでること間違いないですね^^¥
それでは。

名前: nonpy [Edit] 2012-02-16 10:34

nonpyさんへ

nonpyさん、こんにちは。やっぱりこのアルバム、以前と比べて雰囲気全然違いますよね。

ヨーロッバ的な音作りから、アメリカを意識した音作りになっていると思います。

「Within Temptation」僕もアメリカで成功してもらいたいです。でもアメリカは、アメリカとイギリス出身以外の国のアーチストに対しては、厳しい世界ですから、ちょっと心配でもあります。

名前: H(エイチ) [Edit] 2012-02-17 00:04

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)