rhap6.jpg

Amazon.co.joで詳細を見る(国内盤)

前作をもって「EMERALD SWORD SAGA」を完結させたRHAPSODYの新作は、2004年発表の「SYMPHONY OF ENCHANTED LAND II 」(シンフォニー・オブ・エンチャンテッド・ランズ II)。これは「THE DARK SECRET SAGA」という新たなシリーズの始まりでもあり、前作のクライマックスがクオリティが高かっただけに、新シリーズへの期待も高鳴る。

今作は全体としては、全編クライマックスの様な前作よりも、アルバム全体の起伏が取れており、緩急のバランスもよく、メタル史上最上級と言える壮大かつ緻密なオーケストラや、50人編成のクワイア隊を擁して完成されている。 RHAPSODY史上最高にシネマティックで、かつ聴き疲れしない優れたアルバムだ。


曲目
1. The Dark Secret
2. Unholy Warcry
3. Never Forgotten Heroes
4. Elgand's Green Valleys
5. The Magic Of The Wizard's Dream
6. Erian's Mystical Rhymes
7. The Last Angel's Call
8. Dragonland's River
9. Sacred Power Of Raging Winds
10. Guardiani
11. Shadows Of Death
12. Nightfall On The Grey Mountains


1曲目。ナレーションにから劇的に展開する序曲。RHAPSODYらしいスケール感に溢れている。

2曲目。これもまた荘厳なクワイヤで始まる重厚で勇壮感溢れる曲。曲の展開も緩急がよく考えられており、疾走部が一段と引き立っている。中間部のギターソロは、やや民謡調でもあり、曲のアクセントになっている。そしてサビのクワイアの高揚感は、アルバム中でもずば抜けて素晴らしい。

3曲目。もはやRHAPSODY定番中の定番チューン。ドラッド調メロディと勇壮系メロディが見事な展開を見せる名曲。女性コーラスが効果的に使われている。中間部のギターソロが美しい。サビでのクワイアの重厚感は圧巻。

4曲目。民謡調の短いインストゥルメンタル。素朴な雰囲気と笛の音色が創りだす休息の時間。

5曲目。 壮大なバラード曲。威厳に満ちた歌の旋律も、ファビオ・リオーネ (Vo) の表現力とうまく融合し、見事な叙事詩的世界観を描き出している。感動的な名曲。

6曲目。 約10分の大作。RHAPSODYらしい勇敢に疾走する騎士系のサビに加え、後半のドラマティックな展開とくれば文句はないが、途中助長的な部分を数分切って、コンパクトにまとめれば、もっと良くなる曲だと思う。

7曲目。 RHAPSODYの伝統的な疾走曲。展開は見事であるが、曲としては新鮮味に欠けている。

8曲目。 水の音や鳥のさえずりなどのSEやフルートの魅惑的な音色に乗せ、ファビオ・リオーネ (Vo)がしなやかな歌声を聴かせてくれるフォルクローレ調の曲。

9曲目。これもRHAPSODYらしい曲。展開の鋭さは天下一品。ビバルディの四季を取り入れ変化をつけて入るが、全体的に既知感がある。初期の頃に比べるとクラシック音楽の取り入れ方が雑になっている。また10分を超す大曲ではあるが、やや中だるみ感・既希知感は否めない。

10曲目。 ファビオ・リオーネ (Vo) の表現力が冴えるトラッド調の曲。女性コーラスが曲を盛り上げる。

11曲目。勇ましい笛の音で目を覚ます疾走曲。説得力を増したファビオ・リオーネ (Vo)の歌声が映える。中間部のギターとキーボードの掛け合いが面白い。

12曲目。 獣の遠吠えではじまる本アルバムを締めくくる演出が成された最終曲。力強いファビオ・リオーネ (Vo)のヴォーカルが心地よい。そしてもちろんRHAPSODYお約束のアルバム序曲のクワイアに戻るという展開も設けられている。


RHAPSODYとオーケストラの融合は見事に成功しており、このアルバムの聞き所の一つになっている。ただし、当然駄作ではないものの、ある種の行き詰まりを感じたこともまた事実だ。

確かに、オーケストラやコーラス隊を大々的に導入し個性的な演出する手腕は見事なもので、そのクオリティは他に類を見ない事実であるのは確かだが、「EMERALD SWORD SAGA」で築き上げた魅力を削ぎ落としているようにも思われる。


楽曲的にはほぼ前作までと同一線上にあり、特にメロディ・ラインにおいて新鮮味が感じられない。マンネリと個性は紙一重だからそれでもまだ許容出来るのだが、欠点はキラーチューンが不在である点だ。リスナーとしては間延びした10分を超す大作よりも、3,4分程度のキレのある曲を望んでいるのでは無いだろうか。

とはいえ、73分という長尺でありながらも、ドラマティックで非常に魅力的なアルバムであることは紛れもない事実で、また、ここまでクラシックと融合している楽曲をを作れるHR/HM BANDはそうそう無いことも事実である。

いずれにせよトータルで見たときのクオリティは、非常に高く、シンフォニック・メタルの先駆者として、今後の活動に一層の期待がかかる。アルバム自体は、前作のような力みもなく、万人向けの聴きやすいアルバムだ。ある意味、大人のアルバムというところだろうか。


Rhapsody - Unholy Warcry


Rhapsody-Shadows of Death



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

猫と遊ぶ・17

猫と遊ぶ・16

comment iconコメント ( -2 )

気になっていたけど…。

このバンド気になってはいたのです。

やっぱり良いのですね。

欲しいものリストに入れておきます。

名前: ma shanti mika [Edit] 2012-04-04 05:27

ma shanti mika さんへ

RHAPSODY、いいですよ。本格的なシンフォニック・メタルバンドです。

元祖シンフォニック・メタルバンドって感じですかね。

名前: H [Edit] 2012-04-05 00:07

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。