night4-1.jpg

night4-2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


母国フィンランドでは圧倒的な人気をほこるNIGHTWISHの5thアルバム。2004年発表。前作はシンフォニックな作風に傾きすぎ、緊張感に欠ける曲が多かったが、今回はどのようなサウンド・プロダクションを施してきたのか、興味は尽きない。

(ジャケットカバーは2種類。どちらも「嘆きの天使」像をモチーフしている)

曲目
1. Dark Chest Of Wonders
2. Wish Had An Angel
3. Nemo
4. Planet Hell
5. Creek Mary's Blood
6. The Siren
7. Dead Gardens
8. Romanticide
9. Ghost Love Score
10. Kuolema Tekee Taiteilijan(Death Makes An Artist)
11. Higher Than Hope
12. White Night Fantasy
13. Live To Tell The Tale

1曲目。かってのNIGHTWISHらしいへヴィなギターリフとオーケストラが絶妙に絡み合う曲。前作と違いアルバムの出だしで、力強さと緊張感を表現している。が、ターヤはオペラ風ではなく普通に歌っている。

2曲目。ターヤとマルコのヴォーカルが際立つ明るめのハードでリズミカルな曲。ターヤとマルコのツイン・ヴォ―カルになると、マルコの方が力強い歌唱で、目立つ。ここでもターヤはオペラ風ではなく、普通に歌っている。

3曲目。へヴィなギターリフが印象的なバラード。BANDとしての成長がはっきりとわかるサウンドだ。シンフォニックかつ自信に溢れた力強い演奏。途中のギター・ソロは古典的で懐かしく感じる。

4曲目。分厚いサウンドで聴き手に迫るへヴィーな曲で、ターヤとマルコのツイン・ヴォーカルがうまく絡み合い、NIGHTWISH独特の世界を作り上げている。

5曲目。フィンランド民謡の雰囲気も持つバラード。この曲のイントロは新鮮で面白い表現だし、曲はへヴィで説得力がある。ただしメロディラインは、へヴィ・メタルというよりも、ポピュラーな大衆受けするような感じ。後半の、より壮大になる場面で、ターヤがバックコーラスにまわる場面は素晴らしい。

6曲目。どことなくアラビア風のメロディにマルコの声が乗り、終始ターヤがバックコーラスにまわる手法をとっている。そのコーラスが曲に厚みを加えている。シンフォニック色の強いナンバー。終始不気味な雰囲気が漂っている。

7曲目。これもBANDとしての成長した一体感を感じる曲で、やや弱いメロディラインを、ターヤを含め全員でカバーしている。

8曲目。へヴィーな演奏の中、ターヤの美声がはえる。間奏部のギターソロは古典的だが、曲調にはあっている。ラップ調の部分はやや未消化。

9曲目。 10分近い大作。オーケストレーションが素晴らしい。ターヤの歌声とバックコーラスの重なり具合が絶妙だ。本物のオーケストラを使った事で、壮麗で幻想的な仕上がりになっており、緩急のつけ方もよく、スケール感を感じる。クラシック目線で見ても、十分な説得力がある。

11曲目。ターヤの美声をたっぷり聞く事ができる、北欧情緒溢れる美しいバラード。オリジナル・アルバムではラストを飾る曲であり、十分役目をはたしている。

12曲目。甘ったるい声で歌うターヤにやや戸惑うが、ターヤ自身が新しい面を見せているバラード。

13曲目。ターヤを中心に置き、まわりをコーラス及び演奏隊が固める感じのNIGHTWISHらしい曲。


前作でうまく表現できなかった部分をほぼ修正した、NIGHTWISH渾身のアルバム。

ターヤのオペラ風の歌唱を封印したかのような歌い方には、最初違和感を感じたが、何度か聴いているうちに普通に歌っても美しい声であることがわかった。

また演奏面ではオーケストレーションが大幅に向上し、優れた演奏技術を有するメンバー達が奏でる、いわゆる大人向けの音になっている。

ヘヴィメタルという限定された世界から抜け出し、アメリカ進出を視野にいれると、本作のような仕上げ方になるのは必然だろうが、所々でEVANESSENCE的テイストを感じてしまうのは、いたしかたないところか。

そうは言ってもヨーロッパ的ウェット感や叙情性、優れたオーケストレーションが作り出す壮麗さを持った素晴らしくクオリティの高いアルバムだと思う。


Nightwish-Dark Chest of Wonders


Nightwish - Nemo



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

猫と遊ぶ・22

ESET Smart Security V5.0 / トライアル版

comment iconコメント ( 4 )

お騒がせします。

Hさんは、今このバンドにはまっていらっしゃるのですね。


ポリスの記事…事後報告ですが、
乗っからせていただきました。
すみません。


ワタシの子どもが今日から修学旅行で沖縄に行きます。
お騒がせしますが、
よろしくお願いします。

名前: ma shanti mika [Edit] 2012-04-22 03:43

こんにちは。

雰囲気がガラッと変わりましたね~
「Dark Chest of Wonders」は、壮大な仕上がりで、
かっこいい!
BANDの演奏が素晴らしいです。
「Nemo」は、ヴァーカルがしっとりと歌い、幻想的で切ない感じがして、とても良かったです。
ピアノの音を効果的に使い、一段と素敵な曲になっていると思います。
ではe-463

名前: nonpy [Edit] 2012-04-22 09:30

ma shanti mikaさんへ

この頃のNightwishは大好きなBANDです。


お子さん、今日から修学旅行ですか。

初日、天気が悪く残念でしたね。

でも明日以降は晴れるみたいですよ。

存分に楽しんで下さい。

名前: H [Edit] 2012-04-23 00:09

nonpyさんへ

Nightwishに関しては(LIVEをはぶいて)このアルバムが一つの頂点かもしれません。

それだけ優れたアルバムであり、大推薦できます。


是非機会があれば、アルバムを通して聞いてください。

本当にお薦めです。

名前: H [Edit] 2012-04-23 00:11

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)