ESET Smart Security V5.0 3年1ライセンス 50000本限定パック
eset-v5.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る


McAfeeの契約期間も残り僅かになったので、「ESET Smart Security V5.0」のトライアル版を入れて見ました。

うわさで動作が軽いとは聞いていましたが、これが本当に軽い!!まるで「ESET Smart Security V5.0」が導入されていないかのように、サクサク動きます。本当に軽快な総合セキュリティソフトです。

これで本当にウイルス検知するの?と思ってしまうほど、作業に影響を与えない軽い動作。

体感的にはMcAfee導入時の半分ぐらいの時間でWEBブラウジングが出来る感じです。


いや~、実際に体験してみて驚きました。この動作の軽さは、明らかに美点でしょう。とはいえ、McAfeeにあった、サイトアドバイザー機能等が無いので、軽くて当たり前といえば、当たり前。でも、その点を差し引いても、
この軽さは素晴らしいです。

ウイルス定義ファイルの更新も気が付かないほど軽く実行されます。


欠点も書いておきましょう。

いろいろと細かい設定を行おうとすると、操作が直感的ではなく、非常にわかりづらいです。

PDFの操作マニュアルはトライアル版導入前にダウンロードしておいたほうがいいです。この説明書がなければ、細かい設定を行うのに難儀します。

ただ通常はデフォルト値のままで使えるようなので、その点はOKでしょう。


なおフルスキャンは管理人のPC環境で、McAfeeが50万ファイルで1時間30分、ESETが67万ァイルで1時間35分かかりました。

ほぼ同じ条件でのフルスキャンですが、ESETのほうが徹底的にスキャンするようです。それにESETのほうが若干処理が速かったです。


それと管理人の場合、タスクバーに「ESET Smart Security V5.0」のインジケターがでなかったのですが(青い目玉マーク)、タスクバーの隠れているインジケータボタンを右クリックし、カスタマイズから、「タスクバーに表示するアイコンと通知の選択画面」をだし、「ESET GUI」を「アイコンと通知を表示」に設定せれば、タスクバーに「ESET Smart Security V5.0」のアイコン(青い目玉マーク)が表示されます。



「ESET Smart Security V5.0」のトライアル版はこちらから


メールアドレスの登録が必要になります。

導入は自己責任で・・・


*** 追記 ***


いいことばかりでは無いようで、管理人の環境では(WIN7 Professional SP1 メモリ4G)で使用していると、
テキストのコピー&ペーストがうまくできなくなる現象が発生。

正確にはテキストをコピーをしようとすると、カーソルがぶれてしまい、必要な場所が選択できない現象が多発。

これは「ESET Smart Security V5.0」をインストールしてから起きた現象なので、「ESET Smart Security V5.0」が原因でしょう。

さて困った。最初は無線マウスのユーティリティとの相性を疑って、マウスの設定を変えてみたけど変化なし。

やっぱし「ESET Smart Security V5.0」が原因と仮定して、「ESET Smart Security V5.0」のユーティリティ画面から、設定→詳細設定→ユーザーインターフェイス→グラフィックと入っていき、ユーザーインターフェイス要素の「グラフィカルユーザーインターフェイスの設定」をOFF、「アニメーションコントロールを使用する」をOFFにしてみたところ、とりあえず問題解決。

同じような現象が起きた人はお試しあれ。


さてグラフィカルユーザーインターフェイスの設定をOFFにした「ESET Smart Security V5.0」は、味も素っ気もないテキストベースのユーザーインターフェイスになってしまいましたが、総体的には、いい総合セキュリティソフトだと思うので、試用期間終了後、正規版に移行するかもしれません。

今Amazonで1,000円引きSALEやってるから、先に買っておこうかな。

管理人の個人的意見としては、通常作業を邪魔しない、いい総合セキュリティソフトだと思います。


↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

DARK PASSION PLAY / NIGHTWISH

Ja,Zoo / hide with Spread Beaver

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)