royal2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(初回限定盤)(DVD付)
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)
Amazon.co.jpで詳細を見る


デンマーク出身のクラシカルメタルバンド、ROYAL HUNT(ロイヤル・ハント)の通算11枚目のアルバム。2011年作。アルバム・ジャケットからはイメージできないほど、ロマンチックなサウンドが展開する。

ROYAL HUNT初期からリアルタイムで聴いていない初心者目線だとよくわからないのだが、13年ぶりにD.C.クーパー(Vo)が復帰したアルバムらしい。


曲目
1. One More Day
2. Another Man Down
3. An Empty Shell
4. Hard Rain's Coming
5. Half Past Loneliness
6. Show Me How To Live
7. Angel's Gone


1曲目。 勇壮で力強いイントロで始まり、女性コーラスからD.C.クーパー(Vo)の歌声に移る展開の激しい曲。 D.C.クーパー(Vo)の歌声に女性コーラスがかぶさり高揚感を高めている。また、中間部では屈指のテクニカルソロが聴ける。

2曲目。 実に日本人好みの哀愁漂う美しいメロディが炸裂する曲。 D.C.クーパー(Vo)と女性Voのデュエットがいいアクセントになっている。 ROYAL HUNTはキーボード中心のBANDかと思っていたが、この曲ではギターが良く鳴っている。

3曲目。速すぎず、かといって遅すぎず、見事な感性のスピード感で展開するシンフォニックサウンドが心地良い。ここでもギターはその存在感をはっきり見せている。

4曲目。 D.C.クーパー(Vo)の甘い声が耳に残るメロディアスな楽曲。中間部のギター・ソロが心地良い。曲は壮大さを現しながら盛り上がっていく。

5曲目。個人的にはこの曲がこのアルバムのメインだと思う。 この曲も実に日本人の心の琴線をとらえるメロディラインとサウンドが途切れること無く流れ、 D.C.クーパー(Vo)の歌声にノックアウトされてしまう。すばらしいキラー・チューンだ。女性コーラスも実に効果的に使われている。

6曲目。本アルバム中、最長の曲。ミディアム・テンポの曲で、D.C.クーパー(Vo)がしっとり歌い上るプログレッシブ・ロック風味の曲。アレンジが素晴らしいので、長尺でも飽きることはない。

7曲目。素晴らしい展開をもつイントロでKOされてしまうシンフォニックな疾走チューン。とても洗練されている楽曲でD.C.クーパー(Vo)とコーラス隊の掛け合いが相乗効果をあげている。



まさに日本人好みの、心の琴線に触れる楽曲群が素晴らしいアルバムだ。全7曲、47分というのは、最近のBANDのアルバムとしては物足りないが、それゆえ冗長的にならずコンパクトながらもクオリティの高い楽曲が並んでいる。

初心者目線ではROYAL HUNTはキーボードが中心のBANDだという認識であったが、本アルバムではギターが非常にアグレッシブに表面に出ている。ギターフリークとしては嬉しい点だ。

個人的にはHEAVY METALと言うより、正統派の素晴らしいHARD ROCKアルバムだ。


ROYAL HUNT - Another Man Down



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・9.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

ロゼッタストーン・7

PAPER BLOOD / ROYAL HUNT

comment iconコメント ( -2 )

こんにちは(^-^*)/

ROYAL HUNTの『Another Man Down』とても良い曲です。確かに日本人好みだと思います。他の曲も是非聴いてみたいです。前回よりも今回のアルバムのほうが好きそうです。NのCDがまた一枚増えそう(笑)ご紹介ありがとうございましたm(_ _)mでは、失礼します。

名前: Nです。 [Edit] 2012-06-19 04:53

Nさんへ

今回のアルバムは、前回紹介したアルバムから随分月日がたっています。

ヴォーカルもより日本人好みの音質を持つヴォーカルに
変わっています。

その意味では、本アルバムは、さらに日本人好みのサウンドになっていると思います。

Royal Huntお薦めです。

名前: H [Edit] 2012-06-20 00:09

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。