dragonf01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


疾走感あふれる楽曲と、驚異的な演奏スピードから「スピードキング」と呼ばれ、とにかく「速い」曲を好むファンに熱狂的に支持されているイギリス出身のメロディックスピードメタルバンド、DRAGONFORCE(ドラゴンフォース)。2004年にリリースされた2ndアルバム。

曲目
1. My Spirit Will Go On
2. Fury of The Storm
3. Fields of Despair
4. Dawn Over A New World
5. Above The Winter Moonlight
6. Soldiers of The Wasteland
7. Prepare For War
8. Once In A Lifetime


噂どおり、尋常でない演奏の速さは1曲目から発揮されれいる。疾走するリズム感も心地よく、ヴォーカルも十分聴ける。

2曲目は冒頭から更に加速した演奏で、「スピード」という一点で説得されてしまう。

3曲目も引き続き、疾走!疾走!疾走!でブラストビートが炸裂する。中間部でのソロもなかなか決まっている。

4曲目はこのアルバム唯一のバラード。なかなか心地よい、すばらしい仕上がり。

5曲目。速めの曲だが、メロディ重視で落ち着いた雰囲気がある。緩急を使いアルバムに変化をつけている。間奏部のギターソロもメロディアスで印象的。

6曲目。アルバム最長の10分近い曲だが、聴きどころ満載で、飽きることはない。疾走度も相変わらずで、メロディもなかなか良い。中盤はミドルテンポになり、変化をつけている。

7曲目も疾走曲だが、中盤でスローテンポになり、じっくり聴かせる場面もあり、いろいろな工夫の跡が感じられる。後半はこれでもかというぐらい、疾走する。

8曲目も疾走曲。間奏部における疾走感は素晴らしい。


この圧倒的なスピードは、若い世代は大喜びだろうが、シニア世代にはちょっと辛いといった感じだ。

しかし、このどこまでも「スピード」で押していく手法は、それはそれで有りだと思うし、面白いので DRAGONFORCEには、このまま突き進んで欲しいと思う。DRAGONFORCEの場合、ただ速いだけでなくメロディもしっかりしているのが美点だ。


Dragonforce - My Spirit Will Go On


Dragonforce - Fields of Despair



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・7.0
メロディアス度・・7.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

INHUMAN RAMPAGE / DRAGONFORCE

INDIA / XANDRIA

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)