dragonf03.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)

イギリス出身のメロディックスピードメタルバンド、DRAGONFORCE(ドラゴンフォース)の4thアルバム。

デビュー作から続く、スピードへのかたくなまでのこだわりは維持しつつ、本アルバムではミドルテンポのパートを導入し変化をつけている。そしてそれは、よりいっそうスピード感をもりあげるのに役だっている。

曲目
1. Heroes Of Our Time
2. The Fire Still Burns
3. Reasons To Live
4. Heartbreak Armageddon
5. The Last Journey Home
6. A Flame For Freedom
7. Inside The Winter Storm
8. The Warrior Inside


1曲目。いきなりいつものDRAGONFORCE節で始まる。スピード感と親しみやすいメロディの合わさった曲。途中でスピードを1度落とし、再度スピードアップするチャレンジをしている。間奏部のギターソロは、実に攻撃的。

2曲目。シンフォニックなイントロが印象的な疾走曲。この曲でも中間部でテンポを変えている。その後の後半のギターとキーボードによる演奏は見事に疾走し圧倒される。

3曲目。キャッチーな曲調の疾走曲。この曲も前曲同様、中間部でテンポを変えている。そのためかメロディラインがよくわかり心地良い。後半は再度疾走する。

4曲目。これもキャッチーな曲調の疾走曲。ギターソロのパートでは一転してスローテンポに変わり、雰囲気を変えている。最後は疾走するギターソロになりキーボードも加わり、終曲。

5曲目。DRAGONFORCEにしては珍しい、ミドルテンポのナンバー。しかし後半からはエネルギッシュな疾走チェーンになる。

6曲目。壮大なイントロで始まるパワーバラード。

7曲目。DRAGONFORCEらしいキャッチーな疾走ナンバー。この曲でも中間部で大胆にテンポを変え、曲に変化をつけている。

8曲目。明るい疾走曲。巧みにテンポを変化させ、曲に変化をつけている。間奏はDRAGONFORCEらしい疾走感に溢れている。


ほぼ疾走一辺倒だった前作から、あきらかにその音楽的方向性に変化があり、より幅広い層にアピールするような構成になっている。随分と苦労して、楽曲の構成を練り上げたようだ。

実際聴いてみて、前作までの疾走一辺倒による息苦しさはなく、音の開放感のようなものを感じる。

疾走一辺倒に頼らずともいい曲を創り出せば、ファンは生まれることを証明するかのような力作。今後は出来れば叙情的な曲を加えてくれれば、いうことはない。


DragonForce - Heroes of Our Time (HD Official Video)


DragonForce - The Fire Still Burns



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・7.5
メロディアス度・・7.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

CIUDAD DE LAS IDEAS / VICENTE AMIGO

INHUMAN RAMPAGE / DRAGONFORCE

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)