amor2.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


フィンランドが誇るメロディック・デスメタルバンドの雄、Amorphis(アモルファス)が、祖国の叙事詩「カレワラ」をルーツに完成させた、壮大な内容を持つアルバム。今作は、2011年発表の通算10作目。印象としてはずいぶんとモダンなサウンドになっている。

またNIGHTWISHのマルコが間接的に参加している。そしてトラヴィス・スミスが手がけてたアートワークも美しく、「ホオジロガモの卵から世界は誕生した」という世界観を具現化している。


曲目
01. Battle For Light
02. Mermaid
03. My Enemy
04. You I Need
05. Song Of The Sage
06. Three Words
07. Reformation
08. Soothsayer
09. On A Stranded Shore
10. Escape
11. Crack In A Stone
12. Beginning Of Time
13. Heart's Song


1曲目。哀愁あふれるピアノで幕を開け、勇壮で力強いメロディラインが響き渡る。デス声によるアクセントがよく効いており、しっかりと曲を締めている。どことなく北欧の風景が浮かぶ。

2曲目。哀愁を誘う、北欧らしさ満点のアップテンポ・ナンバー。このアルバムの最初の聴きどころ。間奏部のギターやシンセの音が心地良い。

3曲目。 力強くヘヴィなデス声と、メロディアスで叙情的なノーマル声の掛け合いが印象的な曲。

4曲目。 しっとりとかつ、北欧的な叙情的雰囲気を持つミドルテンポの曲。メランコリックなピアノの音色が美しく響く。

5曲目。 煽情的な疾走曲。勇壮的な表現から、フルートが響く叙情的な表現へ移る場面転換は素晴らしいの一言。時々入る民族的なパートも美しく響き、聴き手を惹きつける。

6曲目。 ミドルテンポのヘヴイな曲。繊細な部分とアグレッシヴな部分が混在している重厚な曲。

7曲目。ピアノの旋律で始まり、美しいメロディラインを持つドラマティックな曲。終盤は重なり合う男声コーラスが重厚さを醸し出している。

8曲目。アップテンポな曲で、ギターが叙情性極まりないメロディーを奏でる。 どことなくエスニックな感じのするサウンドで、女性ヴォーカルがコーラスやバッキング・ヴォーカルとして効果的に使われている。

9曲目。 ミドル・テンポの曲で、しっとりとしたメロディを、ノーマル声が切なく歌いあげているハードバラード調の曲。ギターソロも泣きのフレーズで心に響く。

10曲目。アップテンポで勇壮な叙情メタルナンバー。途中で聞かれるデス声が、勇壮感をもりあげる様に効果的に使われている。

11曲目。ヘヴィなミドルテンポの曲。デス声が北欧独特の雰囲気を醸し出し、雰囲気をもりあげる。後半付近のコーラスがより一層北欧を意識させる曲。

12曲目。どこかミステリアスなムードが漂う曲。ギターの爪弾くメロディラインが印象的。曲が進むに連れ少しずつ重厚さを増していく、本編ラストに相応しい構成だ。

13曲目。どこか退廃的な感じを受けるミドルテンポの曲。メロディアスなギターソロのバックで聴ける笛の音が印象的。


このアルバムは、個々の曲に強烈なサビがある訳でもなく、パワフルなヴォーカルや高揚感溢れる演奏で聴かせる訳でもないのだが、不思議と耳に馴染むエモーショナルなメロディが心地良い。

北欧独特の民族的な音楽も上手く調和させてあるし、派手さは無いが、懐の深いとても優れたアルバムだ。一度は全曲通して聴いたほうがいいアルバムだと思う。


Amorphis - Mermaid


Amorphis - Song of the Sage



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

ANIMA MUNDI / DIONYSUS

ELEGY / AMORPHIS

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)