apocalyptica02.jpg


Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(W/Dvd)
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


フィンランドのチェロメタルバンド、APOCALYPTICA(アポカリプティカ)の6作目。2007年作。チェリスト3人組+ドラムスによる脅威のメタルサウンドが展開される。

本アルバムでは多くのゲストがフューチャリングされている。その点も聴きどころだ。


曲目
1.Worlds Collide
2.Grace (feat.布袋寅泰/g)
3.I'm Not Jesus (feat.Corey Taylor/vo:Slipknot)
4.Ion
5.Helden (feat.Till Lindemann/vo,Richard Z.Kruspe/g:Rammstein)
6.Stroke
7.Last Hope (feat.Dave Lombardo/d:Slayer)
8.I Don't Care (feat.Adam Gontier/:Three Days Grace)
9.Burn
10.S.O.S.(Anything But Love) (feat.Cristina Scabbia/vo:Lacuna Coil)
11.Peace


1曲目。 緊張感のある荘厳な雰囲気を持つ曲。チェロの生み出す豊かな表現力が素晴らしい。チェロの特性を見事に生かしきっている点も見事だ。

2曲目。どっしりしたリズムと、リードチェロが奏でるメロディが印象的な、耳に心地よい曲。チェロの魅力を最大限に引き出している。

3曲目。ミドルテンポの曲。クールな雰囲気から徐々にヒートアップしていく曲で、ヴォーカル入り。

4曲目。アップテンポのチェロメタルチューン。へヴィなリフに独特の味わいを感じる。

5曲目。 David Bowieの"Hero"のカバー曲。ヴォーカル入り。優しいチェロの音色のヴォーカルを引き立てる。アレンジの絶妙さには脱帽だ。

6曲目。 16分を刻む低音パートのリズミカルさ、メロディラインを奏でる美しさと、チェロの魅力が堪能できる曲。

7曲目。重厚なイントロに始まり疾走するスピード・チューン。激しいドラミングに激しいチェロの弓さばきが印象的。中間部のチェロソロはいっそう激しさを増す。 APOCALYPTICAの壮絶なテクニックを実感出来るメタルサウンド。

8曲目。物悲しく始まり、力強く展開していく曲。ヴォーカル入り。

9曲目。激しいドラムとメロディアスなチェロの対比が際立っている曲。チェロのメロディの良さが引き立っている。

10曲目。女性ヴォーカルのうたごえも穏やかな、少し寂しげで、優しい雰囲気の曲。

11曲目。クラシック色の強い曲。重厚でメロディアス。弦楽器独特の弓さばきが冴えている。


チェロという楽器の特徴である、高音域まで伸びる主旋律もこなし、ベースのような低音域もこなせる特性を、見事に生かしきっているそのサウンドは、唯一無二のサウンドだ。 またチェロを違和感無く、ヘヴイメタルサウンドに溶け込ませるその手法も見事。

さらに、このBANDの非凡なところは、自分たちに足りないものは(ヴォーカルとか)外部からゲストという形で導入する点だ。ゲストの人選もツボを得ており、そしてそれらは成功していると思う。

それにしてもフィンランドという国は実力がありかつユニークなBANDが多く輩出されるものだなと感心する。わずか530万人(北海道と近い)という人口比からすると、ものすごく優れたアーチストが多い。きっと音楽的にも文化的にも優れているのだろう。

なおAPOCALYPTICA(アポカリプティカ)という名前の由来は、APOCALYPSE(黙示録)とMETALLICA(メタリカ)を合体させた造語らしい。


Apocalyptica - Worlds Collide


Apocalyptica - Last Hope



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ CDレビューへ人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

STILLE / LACRIMOSA

NEMESIS / STRATOVARIUS

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)