Luca-Rhapsody.jpg


Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)
Amazon.co.jpでMP3を試聴する


元RHAPSODY OF FIREの中心的人物、ルカ・トゥリッリ(g)の新BANDによる
1stアルバム。2012年作。ルカ・トゥリッリがどんなBANDを組んだのか
興味があったので聴いてみた。

曲目
01. Quantum X
02. Ascending To Infinity
03. Dante's Inferno
04. Excalibur
05. Tormento E Passione
06. Dark Fate Of Atlantis
07. Luna
08. Clash Of The Titans
09. Of Michael The Archangel And Lucifer's Fall
10. March Of Time (HELLOWEEN cover)


1曲目。
エキゾチックなムードを醸し出している2曲めに続くイントロ的な曲。

2曲目。
ハイトーンヴォイスが心地良い、ファンタジックで高揚感溢れるルカお得意の
楽曲。ギターソロも充実している。

3曲目。
ミドルテンポでじっくりと聴かせる曲。
シンフォニックでメリハリのついたダークな楽曲。

4曲目。
民謡調のイントロからいきなり緊迫感あるサウンドに変化する重厚な曲。
飛翔系のメロディーで、クラシカルな雰囲気も持ち合わせ、いかにもルカ的な曲。

5曲目。
もの悲しいピアノによるイントロから、ドラマティックに展開する曲。
ソプラノ女性ヴォーカルとのデュエットで、オペラ的なムードが演出されている。

6曲目。
先行配信された曲で、エスニックで怪しげな雰囲気のオープニングから、
場面展開するように疾走する曲。高揚感溢れるメロディが心地良い。

7曲目。
女性ヴォーカルとのデュエットによるムーディーなバラードナンバー。

8曲目。
街中のざわめきのSEで始まり、序奏部分を経てサビで一気に力強く爆発する曲。

9曲目。
16分の大作。クワイアが大仰に盛り上がるパートやオペラチックなヴォーカルの
パートが目立ち、シアトリカルな要素が強い曲。
スケール感のある展開ではあるが、正直、さすがに16分は長く、途中でダレてしまう。

10曲目。
Helloweenの名曲をシンフォニックにアレンジしてカヴァーした曲。
ハツラツとしたヴォーカルが心地良い。


ルカ・トゥリッリ(g)の新BANDによる1stアルバムという事で、期待は高まり、
自然とハードルは高くなってしまったが、アルバムは期待通り、いや期待以上の
完成度だった。


また、ほぼ無名の新ヴォーカル、アレッサンドロ・コンティの力量が心配だったが、
アレッサンドロ・コンティは予想以上のシンガーであり、時折、線の細い表現も
見られるが、アルバムの完成度を一段と引き上げている。


全体にサウンド・プロモーションは初期のラプソディと後期のラプソディを
ミックスしたような感じで、メタル色はやや薄いものの、
華麗な世界を展開するシネマティックな構成は、説得力があり見事だ。


本アルバムは、従来のラプソディー・オブ・ファイアのファンは元より、
シンフォニックメタルファンは、安心して聴けるアルバム。


Luca Turilli's Rhapsody - Ascending to infinity


Luca Turilli's Rhapsody - Dark Fate Of Atlantis



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

Amazonお買い得情報 / BLIND GUARDIAN

ALL ENDS / ALL ENDS

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)