lacrimosa03.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る


スイスのゴシックメタルバンド、LACRIMOSA(ラクリモーサ)の7作目。2001年作。
美しいメロディとシンフォニックな耽美的音世界が詰め込まれた素晴らしいアルバム。


lacrimosa_tilo_wolff02.jpg


曲目
1. Fassade - 1.Satz
2. Der Morgen Danach
3. Senses
4. Warum So Tief
5. Fassade - 2.Satz
6. Liebesspiel
7. Stumme Worte
8. Fassade - 3.Satz


1曲目。壮麗なオーケストラを取り入れた曲で、重々しくも、女性コーラスが美しい
スローテンポの曲。ティロの独特の雰囲気を醸し出すヴォーカルも健在だ。

2曲目。悲しげな笛の音と、語りかけるように歌うティロの歌声が、相乗効果のように
独自の耽美的哀愁感を醸し出す曲。

3曲目。女性ヴォーカルの歌声が耽美的で、どこかけだるい曲。

4曲目。重々しくもけだるく耽美的な曲。ティロが叫ぶように歌うが、全体的には、
静かな波の上を漂う闇のような曲だ。

5曲目。語りかけるように歌うティロと壮麗な女性コーラスが創りだす、
LACRIMOSA的耽美世界が見事に表現されている曲。

6曲目。ヘビーなギターリフで始まる重々しい曲。
何か懐かしい感じのする笛のメロディに耳を奪われる。

7曲目。ティロのナレーションで構成される耽美的なスローバラード。

8曲目。いきなりヘビーな演奏で始まるスローテンポでシンフォニックな曲。
ティロの、歌ともナレーションとも取れない不思議な歌唱法と女性コーラスが
混じり合って独特の耽美世界が表現させている。


スローからミドルテンポの曲が多く全体にずしりと重く、耽美的な世界観に
包まれているアルバムだ。

このアルバムは激しさや疾走感を求める人には向いていない、アンビエント的な
アルバムといえる。その意味でも、じっくりとLACRIMOSA(ラクリモーサ)の
耽美的な世界観に浸りたい人向けのアルバムだろう。


Lacrimosa - Der Morgen danach




Lacrimosa - Fassade - 2. Satz




50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

THE ENIGMA OF LIFE / SIRENIA

文庫版 うちの猫ら / 吉松文男・直子 (著)

comment iconコメント ( 2 )

No title

こんばんわ!
コメントありがとうございました♪
なんだか不思議な感じの曲調ですね!
英語は分からないのですが、
メロディーが聞いた事無い様な感じなので
ついずっと聞いてしまいそうです!

名前: りさ [Edit] 2013-03-10 22:52

りささんへ

こちらこそコメントありがとうございす。
不思議な感覚の音楽でしょう。
僕はすっかりはまってしまいました。

ちなみに言語はドイツ語で、もうさっぱり
わかりません。まあ、雰囲気が楽しめれば
いいかなと、思っています。

名前: H [Edit] 2013-03-11 12:55

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)