lacrimosa04.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る


スイスのゴシックメタルバンド、LACRIMOSA(ラクリモーサ)の8作目。
2003年作。本アルバムはメタル色云々を超越した、壮大かつクラシカルかつ
耽美的なシンフォニーとなっている。


lacrimosa_tilo_wolff03.jpg


曲目
1. Kyrie - Overture
2. Durch Nacht und Flut - Suche Part 1
3. Sacrifice - Hingabe Part 1
4. Apart - Bittruf Part 1
5. Ein Hauch von Menschlichkeit - Suche Part 2
6. Eine Nacht in Ewigkeit - Hingabe Part 2
7. Malina - Bittruf Part 2
8. Die Schreie sind verstummt


1曲目。 12分にも及ぶ大作。ギター・ベース・ドラムは一切使われておらず、
壮大なシンフォニーとコーラスのみで構成されている LACRIMOSA
(ラクリモーサ)流のクラシック音楽。

哀愁を含んだメロディは美しくも哀しく、聴き手をLACRIMOSAの世界に
染めていく。永遠という言葉が相応しい楽曲だ。


2曲目。 ティロの独特の声が高らかに響く曲。オーケストラの奏でる
切ないメロディと、ティロのクセのあるヴォーカルが見事に融合している。
アンナとの声の絡み合いも美しい。


3曲目。たゆとうように歌うティロの独特の声が印象的な、ダークで
悲しげな曲。バックで鳴るキーボードの音色が陰鬱な雰囲気を強めている。
後半BANDが加わり盛り上がりをみせ、夜明けの近さを感じさせる。


4曲目。浮遊感のあるアンナのヴォーカルが、彷徨いながら何かを
探し求めているかのような感覚を受ける曲。


5曲目。ピエロが語るように歌うティロの独特の声が印象的な曲。
オーケストレーションとデジタルな打ち込みサウンドが見事に調和し、
独特の浮遊感を醸し出している。


6曲目。悲しげなピアノの音色をバックに、ティロが感情を込めつつも
淡々と歌うロマンチックな曲。


7曲目。弦楽器の音色と電子音的なチェンバロ風のキーボードの音色が
絶妙に絡み合う、LACRIMOSAとしてはテンポの良いノリの良い曲。


8曲目。 悲しげに、かつ静かに始まり、やがてBANDが加わると共に
力強くなり、再び静けさがやってくる。静と動を上手く使った展開の
複雑な曲。ギターソロの音色が美しい。



アルバムを通して鳴り響くオーケストラは、もはや行き着くところまで
行き着いた結果、メタルと言う枠には囚われないというLACRIMOSAの
美意識の表れのようだ。


そして、とことんまでに壮麗な美意識にこだわったそのサウンドは、
もはやLACRIMOSAでしか創り得ない、壮大なゴシックシンフォニーと言えるだろう。

このメタル色を排した本アルバムは、一般のメタラーには向かないかもしれないが、
チャレンジする価値はある。

また、シンフォニック・ゴシックとしての雰囲気を楽しめる人や、クラシック的な
サウンドが好きな人には薦められる優秀なアルバム。



Lacrimosa - Durch Nacht und Flut



Lacrimosa - Ein Hauch von Menschlichkeit



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.5
メロディアス度・・9.0



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

De lumiere et d'obscurite / DARK SANCTUARY

THE ENIGMA OF LIFE / SIRENIA

comment iconコメント ( 6 )

No title

こんにちは。
聴かせていただきました。
確かにクラシック寄りですね。
でも聴きはじめたときはデビッド・ボウイっぽい、グラムロックのような感じもしました。
「美」を追求すると、たどり着くところはひとつなんでしょうか。
おもしろかったです。
これからもよろしくお願いします(^^)

名前: いろもりカラス [Edit] 2013-03-18 18:00

No title

こんにちは、
聞かせてもらいましたー。
画面きれいでした。
Ein Hauch von Menschlichkeitがよかったです。

名前: 朝のかぜ [Edit] 2013-03-19 12:10

いろもりカラスさんへ

あ~本当だ。確かにデビッド・ボウイっぽいですね。
ナルシスティックな感じは同類の香りがします。

さて、次回は全くメタル色のないゴシック系のBANDを
取り上げる予定です。

僕もたどり着くところまで行ってみます。(^^)

名前: H [Edit] 2013-03-20 01:34

朝のかぜさんへ

僕もEin Hauch von Menschlichkeit大好きな曲です。

楽しんでいただけて良かったです。

アルバム通して聴くと、もっと素晴らしいですよ。

名前: H [Edit] 2013-03-20 01:36

先日はコメントありがとうございます。
音楽がお好きなのですね。
私も好きですが、ジャンルがかなり違うようで、
記事に関するコメントも残せません。
それでも何時ものご訪問に感謝しております。
今仕事が忙しくて、ブログをアップするだけで必死ですが、
時間が出来たらゆっくりと音楽鑑賞してみたいです。
私のジャンルも増えるかな。

名前: takechan0312 [Edit] 2013-03-20 18:43

takechan0312さんへ

コメントありがとうございます。
仕事が忙しいそうですが、お体に気をつけて
お過ごしください。
今後もよろしくお願いします。

名前: H [Edit] 2013-03-22 02:04

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)