lacrimosa06.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る


スイスのゴシックメタルバンド、LACRIMOSA(ラクリモーサ)の
10作目のアルバム。2009年作。 クラシカルな要素とメタリックな
要素が自然に融合された、まさにLACRIMOSA独自の音世界が展開
されている。


曲目
1. die Sehnsucht in mir
2. Mandira Nabula
3. A.u.S.
4. Feuer
5. a prayer for your heart
6. I lost my star in Krasnodar
7. die Taube
8. call me with the voice of love
9. der tote Winkel
10. Koma


1曲目。 まさにクラシカルな要素とメタリックな要素が融合した耽美な曲。
ティロの語りかけるような独特のヴォーカルが聴き手をLACRIMOSA
ワールドに引きずり込む。苦しげに叫ぶティロの声が印象的だ。


2曲目。キャッチーでメロディアスな曲。ヨーロッパ的哀愁を感じる曲。


3曲目。 美しいバラード調の曲。静けさの中で輝く光を見ているようだ。
クラシカルなサウンドが実に素晴らしい。


4曲目。この曲もクラシカルな要素とメタリックな要素が見事に融合した曲。
LACRIMOSAにしてはアップテンポな曲で、どこかサーカス小屋で鳴り響く
音楽を連想させる。


5曲目。アコースティックな調べで始まる、メロディアスで夢見るような心地の曲。
アンナの澄んだ声が曲に厚みを加えている。


6曲目。これもアップテンポで夢見るような曲。
サビのメロディがキャッチーで心地良い。


7曲目。 ピアノの音色が美しいスローバラード。
ティロの語りかけるような独特のヴォーカルと、
クラシカルなシンセワークが曲の輪郭を際立てる。


8曲目。明るめの曲調で、メロディラインが美しい、
ゆったりとした懐の深い曲。


9曲目。 LACRIMOSA風行進曲。弦楽器の響きが心地良い。


10曲目。起伏にとんだ、ややアップテンポの曲で、ティロのヴォーカルも力強い。


前作よりポップで起伏にとんでいる曲が多い分、前作より聴きやすい
アルバムだ。
派手さはないが美しい楽曲群は、聴き手の心をとらえて離さないだろう。
LACRIMOSAらしい幻想的で優秀な作品がつまったアルバム。


Lacrimosa - die Sehnsucht in mir


Lacrimosa - Mandira Nabula



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

CIRCUS BLACK / AMBERIAN DAWN

LICHTGESTALT / LACRIMOSA

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)