serenity01.jpg

Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


オーストリアのシンフォニックメタルバンド、SERENITY(セレニティー)の3rd。
2011年作。シンフォニックでドラマ性が高いややストレートなパワーメタルBAND。


曲目
1. Set Sail To...(Intro)
2. New Horizons
3. The Chevalier
4. Far From Home
5. Heavenly Mission
6. Prayer (Interlude)
7. State Of Siege
8. Changing Fate
9. When Canvas Starts To Burn
10. Serenade Of Flames
11. Youngest Of Windows(Bonus Track)
12. Below Eastern Skies (Interlude)
13. Beyond Desert Sands
14. To India's Shores(Bonus Track)
15. Lament (Interlude)
16. My Legacy


1曲目。 SEのインスト曲。


2曲目。 1曲目から続く、荘厳な演出で彩られたシンフォニックな
ミドル/アップテンポナンバー 。甘く透明感のあるヴォーカルの声が印象的だ。


3曲目。シンフォニックにスタートするメロディアスなミドルテンポの曲。
甘い男性ヴォーカルと女性ヴォーカルとの絡みが美しい。


4曲目。フラッシーなギターで力強く始まるシンフォニックパワーメタルナンバー。
中間部のギターソロも力強く響く。


5曲目。ヘビーなバラードナンバー。
特に盛り上がることもなく印象に残らない地味な曲。


6曲目。教会の雰囲気を醸し出している間奏曲。


7曲目。ゆったりしたエピックな導入部からいきなり躍動的な
メロディラインを展開し、再びヴォーカルがゆっくりと語りかけるように歌いだす
展開の複雑なミドル/アップテンポの曲。


8曲目。男性ヴォーカルと女性ヴォーカルによる、ゆったりとしたテンポのバラード。
アコースティックギターやストリングスの音色が美しい。
中間部のギターソロはエモーショナルだ。


9曲目。プログレッシブなリズムアレンジのミドルテンポの曲。
この曲も特に盛り上がることもない地味な曲。


10曲目。男性ヴォーカルと女性ヴォーカルによるデュエット曲。


11曲目。出だしのコーラスが印象的なスピード・チューン。中間部のピアノソロが美しい。


12曲目。中近東風の間奏曲。


13曲目。 12曲目から続いている、いきなり疾走するパワーメタルナンバー。
どことなく中近東風の香りがする間奏部が印象的。


14曲目。キラキラした感じのシンフォニックバラード。


15曲目。短いナレーション。


16曲目。ゆったりと始まり、アップテンポなパワーメタルへと突入していくアグレッシブな曲。


間奏曲を入れたり、女性ヴォーカルの導入などで変化をつけ、
1時間7分を飽きさせること無く聴かせる力量は、なかなかのものだ。
(SIRENIAのアイリン嬢、DELAINのシャルロッテ嬢がゲスト参加)


ただ、あきらかにKAMELOTやSONATA ARCTICAを彷彿させる曲があり、
BANDとしての個性という点では、今一つといった感じを受ける。

しかし全体的には良くできたアルバムなので、メロディック・
パワーメタル好きやシンフォニック・メタル好きは必聴のアルバムだろう。


Serenity - New Horizons



Serenity - My Legacy



50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.0
メロディアス度・・8.5



↓↓よろしければポチっとお願いします↓↓
にほんブログ村 音楽ブログ HR/HMへ
にほんブログ村人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

KARMA / KAMELOT

CIRCUS BLACK / AMBERIAN DAWN

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)