3ヶ月ほど前に注文して行方不明になっていたCDが2枚、

今日届きました。コンテナごと日本じゃなくて他の国に

行ってしまっていたみたいで、海外通販はやれやれな事が

多いですね。アメリカ人、絶対謝らないし・・・

あなたの忍耐に感謝しますって、なにそれ。


という訳で今日はそのCDの紹介


avalon.jpg
Amazon.co.jpで詳細を見る
Amazon.co.jpで詳細を見る(国内盤)


元Stratovariusのギタリスト、ティモ・トルキが豪華
ミュージシャンを揃えて制作したメタル・オペラ・プロジェクト。

メタル・オペラというわりにはメタル色は薄く、美しい旋律で
聴かせてくれる。

その意味ではStratovariusの延長線上の音楽なのだけど、
Stratovarius脱退後のティモ・トルキが作り上げたアルバム
としては、一番まとまっている気がする。

ただ、個人的にはこれだけのメンバーを揃えたのだから、
もっと個性的な音楽を期待していたので、やや残念感あり。

なんかもっと突き抜けて欲しかった。


Timo Tolkki's Avalon - Enshrined In My Memory (Official video)



---------------------------------------

そしてもう1枚はFree - Heartbreaker

free01.jpg
Amazon.co.jpで詳細を見る



ガキの頃からこうゆう音楽を聴いて育って、
しっかりと身にしみているから、たまに無性に聴きたくなる。

そりゃあ音が溢れ出る今の音楽に比べると、若い人の耳には
スカスカな音に聞こえるかもしれないけれど、こうゆう音楽に
ROCKのスピリットが詰まっているのですよ。

まあ、音楽の嗜好は人それぞれだから、自分の好きな音楽を聴いて
楽しめばいいのだけれど、たまにはこうゆう音楽も、いいものですよ。


Free - Wishing Well


Free ~ Come Together In The Morning


スポンサーサイト

加齢黄斑変性対応サングラス

私たちが成功の梯子を登り続ける限り・・・

comment iconコメント ( 6 )

No title

こんにちは、Hさん。
「あなたの忍耐に感謝します」←これ、私もよくいいます。でも日本人だから、まず謝りますよ。「ソーリー」を言うのに全く抵抗はありません。でも抵抗がなさすぎて「ごめんね♪」になってるかもしれません。Hehehe!

名前: しょうが [Edit] 2013-07-23 01:32

しょうがさんへ

しょうがさん、こんにちは。

ああやっぱり、「あなたの忍耐に感謝します」って
常套句なのですか。

アメリカ人、「ソーリー」は禁句なんですかね。
面白いですね。

まあどちらにしろ、僕はアメリカ人の気さくな
感性は好きですけど。

名前: H [Edit] 2013-07-24 05:23

No title

こんばんわ

Free - Wishing Well  いいですね

この曲のカバーもいろいろありますが 自分的には
ゲイリーのカバーとか 惹かれます♪

名前: ももPAPA [Edit] 2013-07-24 23:33

ももPAPAさんへ

ももPAPAさん、こんにちは。

ゲイリーのカバーは、もうカバーという領域を超えて、
自分の歌になってますね。

Freeもゲイリーのカバーも、それぞれ味があって
聴き比べるのも楽しいです。

名前: H [Edit] 2013-07-25 18:07

AVALON

初めまして。
ちょくちょく拝見させていただいています。

私はジャーマンメタルとか北欧系のメタルが大好きで、
ずっとはまり込んで聞いていたんですが、
最近すっかりご無沙汰になっていました。

そんなときに貴ブログでティモトルキの名前を見て、
思わず懐かしさの余り買ってしまいましたw

仰るとおりもう少し突き抜けて欲しい感じですが、
私的には80点くらいの満足度でした。

また、寄らせていただきます!」

名前: こーでぃ [Edit] 2013-07-27 16:43

こーでぃさんへ

こーでぃさん、こんにちは。

ティモ・トルキ、Stratovarius脱退してからも

しぶとく頑張ってますね。なんだかホッとします。


僕も北欧系のメタル大好きです。

しっかりとした音楽理論に裏付けされた美しい旋律は、

クラシック音楽や民族音楽に影響を受けすぎている

感じがしないでもありませんが、心にグッときますね。

名前: H [Edit] 2013-07-28 18:13

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)