12DSCN8435.jpg


今日は真面目な話。

これは個人への攻撃ではなく、現実の日本美術界の一面。

日本の美術界がいかに疲労し、腐敗しているかを伝えるための

覚え書きです。

-------------------------------------------------


先月、今は亡き美術界の大物、〇〇郁夫氏の妻(87)が

2億円の遺産隠しをしていたことが発覚しました。

この妻、金に対する執着心はものすごく強いようで、

いわゆる強欲ってやつですね。



さて、遺産を残した〇〇郁夫氏はどうだったかというと、

政財界との繋がりを強め、金になる絵ばかりを描いていました。

この人も強欲ですね。こんな人達が美術界のトップに君臨して

いたのですから、いかに日本の美術界が腐敗しているか、わかります。



なぜ、絵という才能で稼いだお金を、

他者のために使わないのでしょうか。


きっと何万人もの命を救えたと思います。

ユネスコ親善大使までやっておきながら、実態は強欲。

ユネスコ親善大使も、強欲を満足させるものだったのでしょう。



アーチストを名乗りながら、その正体は金の亡者という、

こうゆう哀しい老人に僕はなりたくない。


--------------------------------------------------

国境なき医師団

0120-999-199 (9:00-19:00)

www.msf.or.jp

--------------------------------------------------

このような老人とは正反対に、女性ロックバンド

「プリンセスプリンセス」が、コンサートで得た

収益約5億円を、義援金として被災地に寄付している。

どちらがアーチストとして後世に残るだろうか。

いや、どちらが人間としての本質を持つのだろうか。




スポンサーサイト

私たちは望みがかなえられないとなぜ不幸だと感じるのだろう?

ギタリスト探し

comment iconコメント ( 4 )

No title

こんばんは~

難しいですね。

たぶん、絵は残るけど、
寄付の印象は薄れていく...

だから利用されるのだと...

いっぱい貯めても、
使い切るわけではないのに...

そう考えると、
もう少し考えようはありますね。

ビル・ゲイツさんのように...

名前: flowerh [Edit] 2013-08-26 00:03

flowerhさんへ

flowerhさん、こんにちは。

そうですね。難しいですよね。
flowerhさんの言うとおり、絵は残るけど、
寄付の印象は薄れていくでしょう。

アメリカのように成功者は寄付をして当たり前みたいな
風潮が生まれないと、どうにもならないでしょうね。


まあビル・ゲイツさんは、日本の富裕層とは
3桁ぐらい違う額を稼いでいるから、
あれぐらいしないとバチ当たりますよ。

名前: H [Edit] 2013-08-28 00:12

こんばんは

エイチさん、お久しぶり。うれしかったです。

ところで、こんな人たちもいるんですか。

私なんか60と、ちょっとですが、もう先も長くはないだろうから食っていけるだけで十分と考えています。

それを、90にならんとする方が億の金に執心しますか。
今から使い切れますか?
手伝ってあげてもいいですけど。
死んだときに抱いていきますか。閻魔様に喜ばれるでしょうね。

名前: ミドリノマッキー [Edit] 2013-08-30 22:23

ミドリノマッキーさんへ

ミドリノマッキーさん、こんにちは。

お久しぶりぶりです。


やっぱり、いくつになってもお金に執心する人は

いるみたいですね。人間ってなんなのだろうって

思います。


僕は、こうゆう哀しい人生の終盤は

迎えたくありませんね~。

名前: H [Edit] 2013-09-02 12:04

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)