ご訪問ありがとうございます。

何でも本土は120年ぶりの大雪とかで大変ですね。
なくなられた方もいらっしゃるようで、ご冥福をお祈り申し上げます。

----------------------------------------------------------


kiko03.jpg


さて今日は、ご存知ANGRAの屋台骨、Kiko Loureiro(キコ・ルーレイロ)の初ソロ・
ギターインストアルバムです。

へヴィメタルとラテンの響きが見事に調和されたテクニカルな曲は
まさにキコの真骨頂。

さらにジャズっぽい曲や美しい旋律のアコースティックな曲も聴け、
サービス精神全開で、全力投球のアルバムだと思います。

kiko独特の緊張感のあるサウンドは、説得力があり、
普段へヴィメタルを聴かない人でも、十分楽しめる内容です。

ラテンのリズムは激しく切なく熱い!!


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5






kiko Loureiro - Dilemma


Kiko Loureiro - Endangered Species


Kiko Loureiro - Moment of Truth



スポンサーサイト

Perils Of The Deep Blue / Sirenia

ハードディスクをまるごとバックアップする。

comment iconコメント ( -2 )

H様 こんばんは

キコはたくさんソロ出していたのですね。
確かにラテンのリズムは感じたものの、
音圧は完全にメタルのモノなので、
メタル・ファン向けな気がします。
しかし気持ちよさそうに弾いていて痛快でした。


名前: GAOHEWGII [Edit] 2014-02-20 20:52

GAOHEWGIIさんへ

GAOHEWGIIさん、こんにちは。
GAOHEWGIIさんが言うように、キコのエレキギターでの
音圧は完全にメタルですね。

でもアコースティックギターで演奏する曲は、もろにラテンです。
基本的にキコの原点はラテンに根ざしているのかなと感じます。
原点がある人間は何事にも強いですね。

名前: H [Edit] 2014-02-21 11:28

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。