w100.gif

楽天からスカウトされました。僕のネットショップを見た楽天のA氏から電話があり、
ぜひ楽天に出店してほしいと、連絡がありました。ありがたい事です。

これでAmazon.co.jp、Yahoo Japan!と大手3社から出店のオファーがあり、
面白そうなのでチャレンジしています。

その他にも紙媒体のオファーなどいろいろあり、ネットショップって、
見てる人は見ているんですね。

いつも売上の20%は寄付しています。楽しいですよね。
一生会うことのない人の人生の一部を援助できる事は。

まあ、何にしろ楽しめる範囲で、遊んでみようと思います。
どこまで出来るか自分でも楽しみです。

それはさておき・・・。

---------------------------------------------------------

12DSCN9331.jpg

PC1号のハードディスクの動きが怪しくなってきたので、
この際、外付けのハードディスクにシステムごとバックアップしようと思い、
ネットをうろつき、フリーの丸ごとバックアップソフトを探しました。

結果、「Macrium Reflect Free Edition」というソフトに出会い、
インストールして動作確認してみました。

macriumreflectfreeeditionthum.png


このソフトの利点は、レスキューCD を作ることによって、
簡単にOSの入っているドライブもバックアップできる点です。
(レスキューCD=システム領域を復元するために単独で起動可能なCD)

そして、指定したディスク / パーティション を、一つのイメージファイルとして
バックアップし、後からその時の状態を 「 そっくりそのまま完全復元」 できます。
要するに取り扱いが簡単なお手軽フルバックアップツールなんですね。

システムドライブをバックアップしたい時はもちろん、今回のように
ハードディスクを引越しさせたい時などにも便利につかえます。

基本的にはレスキューCD作成ー>外付けハードディスクもしくはDVDにバックアップ
ー>復元という手順を取ります。

使用方法はとても簡単なので、ハードディスクがやばそうな人は、
このソフトを使って丸ごとバックアップしておくと、良い保険になります。
それにOSをクリーンインストールして再構築する時間より、圧倒的に短時間で
元の環境に戻せます。

ただひとつ注意点があります。日本語はとおらないので、ハードディスクの
名前やパスは8文字の英数字にしておくほうが無難です。
このへんは海外製のソフトではよくあることですのでご注意を。

それと僕は日本語化して使いたいので、最新版ではなく「Ver. 4.2.3775」を
使用しています。これに日本語化パッチを当てて日本語化しています。


Ver. 4.2.3775はこちらから


日本語化パッチはこちらから(Ver.に注意)

(上記は実際に僕がダウンロードしたサイトですから安全ですが、基本的に
インターネット上からのダウンロード、特に海外製のフリーソフトを導入する際は、
くれぐれもマルウエア・ウイルス等にご注意ください。)

日本語化は「Macrium Reflect Free Edition」のインストール先で日本語化パッチを実行するだけです。
日本語化が済んだら「Macrium Reflect Free Edition」は最新版をチェックしに行きますので、
自動のアップデートチェックを不可に設定しておきましょう。(日本語環境を保持するため)

reflect-01.gif

後、ダウンロードは30日Trial版ではなくFree版を落としてきて使いましょう。
なおご使用は自己責任で・・・。
(個人的には優れたまるごとバックアップソフトだと思います。)

macrium-02.jpg

ちなみに160GBのバックアップで、約1時間40分かかりました。
まあ、保険ですからこんなもんでしょう。

スポンサーサイト

No Gravity / Kiko Loureiro

正直者と嘘つき

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。