royal-hunt-01.jpg


SET LIST

1. Hell Comes Down From Heaven
2. A Bullet's Tale
3. Running Out Of Tears
4. One Minute Left To Live
5. Sign Of Yesterday
6. Won't Trust, Won't Fear, Won't Beg
7. A Life To Die For

ROYAL HUNTの2年振り、通算12枚目のアルバム。2013作。
本作は、D.C.クーパーがバンドに復帰しての2作目。
前作はコンパクトでキャッチーな曲が多く、いかにもD.C.クーパーが
歌うべく曲で構成されていたが、本作もその点は引きつながれている。

ただ前作と違うのは楽曲のスケール感が大幅に増している点だろう。
そして内容的には、よりプログレッシヴな面が強調され
クラシカルなメロディにあふれた素晴らしい内容になっている。

さらにアンダーセンのキーボード・ソロが無くなった分、ヨナス・ラーセンが
ギターを弾きまくっているのが、元ギターキッズとしてはうれしい点だ。
ヨナス・ラーセンの奏でる音色はヘビーで、作品全体を通して華になっている。

ストレートでメロディアスだった前作に比べると、本作のほうが大作志向であり、
アルバム全体で聴かせる内容になっている。その意味では前作の方が取っつきやすい
内容ではあるが、本作は聴けば聴くほどハートに染みてくる。

結論を言うと本作は、北欧のバンドならではの憂いと壮麗さを持つ
シンフォニック・ロックをベースにして、プログレッシヴなアプローチを
加えたドラマティックなサウンドに、D.C.クーパーの生々しい程に
エモーショナルなヴォーカルが加わるという、ROYAL HUNTでなければ
創りえなかったであろう魅力にあふれた大傑作アルバムだ。


50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・9.0
メロディアス度・・8.5





Royal Hunt "A Life To Die For" Lyric Video



スポンサーサイト

やっぱり教師は使えない。

楽天出店顛末記2

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)