Amazon.co.jpで詳細を見る

1968年にデビューした
LED ZEPPELIN(レッド ツェッペリン)の2枚組みBESTアルバム。

広い音域の声を自在に操るロバート・プラントとROCK三大ギタリストと
呼ばれたジミー・ペイジの2人のフロントマンに、安定した演奏力で
全体を支えたベースのジョン・ポール・ジョーンズと独特のリズム感、
グルーヴ感を持つドラムのジョン・ボーナムが組み合わさった、まさに
奇跡のバンドのBEST版だから、楽しめない訳がない。全24曲入り。

曲目も時系列に並んでおり、LED ZEPPELINの演奏が、アルバムごとに
微妙にあるいは大胆にその演奏スタイルを変えていった事が、このCDを
聞いているとよくわかる。
LPの様にCDでもA面の最後を”天国への階段”で締めくくっているところなど、
なかなか憎い演出だ。
もう40年近く前の音楽だが、古びたところはまるでない。

LED ZEPPELINは、とにかくアマチュアBAND泣かせの存在だった。
ロバート・プラントやジョン・ボーナムの代わりなどどこにもいないのだ。
それでも当時BANDを組んでいた僕たちは、「移民の歌」と「BLACK DOG」を
引っさげて、他校の文化祭で演奏したりしていた。

LED ZEPPELINは偉大なBANDだった。その一面はこのアルバムを聴いて、
LED ZEPPELIN DVDを見れば伝わると思う。
今でもそうだが、僕にとっては、子供の頃から最高のBANDだった。
もし一度も聞いたり見た事がなければ、ぜひ聞いてほしいし見てほしいと、
個人的には思う。

50才以上の人でも腰抜かさないで聴けるか度・・8.5
メロディアス度・・8.0




スポンサーサイト

LED ZEPPELIN DVD / LED ZEPPELIN

はじめまして。

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。