DSCN2994.jpg


もうすぐワールドカップ開催ですね。
さて日本代表はどこまで行くでしょうか。
まあ、素人の戯言として聴いて下さい。

さて、それ以前にメンバーの選出は当たり前すぎて
個人的には面白くありませんでしたね。

---------------------------------------------------------------

DFには闘莉王選手を入れて欲しかった。まとまりのない日本代表に
睨みを効かせ、まとめ上げるためにも、闘莉王選手は必要でしょう。
それにDFも怪我人だらけだし。

後、MFの数がやけに少ないのが気がかりです。
怪我上がりの長谷部選手や34才の遠藤選手で最後まで持つのか?
FW減らしてでも中村憲剛選手は必要だったのではないでしょうか。

そして問題のFW陣。裸の王様イライラ君の本田選手のおかげで
若い選手がイライラオーラにやられて萎縮している。
今の本田選手はチームにとってお荷物だと思う。

自分にイライラ、他人にイライラしていたら、全体が落ち着かない。
僕だったら本田選手は使わないな。ここは香川選手を中心に
早いパス回しで攻撃を組み立てる。
本田選手が入ると攻撃がワンテンポ遅れるのが致命的。

---------------------------------------------------------------

結局、冷静で好調なのは岡崎選手と長友選手。長友選手起点のサイド攻撃+
香川選手起点の早いパス回し攻撃でいければいいね。

何度も言うけど、これは素人の戯言だから熱くならないで。

それで結果の予測なんだけど、1分2敗でグループリーグ敗退かな。
一番の敗因はザッケローニ監督の冴えない采配でしょう。
基本的にザッケローニタイプの保守的な監督は、日本に向いていないんですよ。
トルシエ監督のようにリーダーシップを発揮するタイプがいいのではないのかな。

早い話、ワールドカップ以前に監督の選定をミスっているから勝てないんだよね。
世界の壁は高くて厚いです。それに対して日本はサッカー文化を育成しないとね。

---------------------------------------------------------------

と、ここまで好き勝手書きましたが、心のなかではBEST16まではいってほしいと
思っている反面、一度痛い目を見て帰ってくるのもいいかなと思ってます。

以上、おじさんの戯言でした。
選手の皆さんにはぜひこの戯言ひっくり返す活躍を期待してます。

それにしても日本人は批評精神が無いよね。なんでも許しちゃう。
ダメなものはダメって言わないといい選手は育たないよ。

Hのネットショップ
デジタルアート沖縄・楽天市場店

僕のFaceBookはこちら


-------------------------------------------------------

追記

それにしれもWカップ、ブラジルで開催するのはいろいろリスキーですよね。
日本から試合を見に行く人達、夜は外に出ないこと、そして変なものには
手を出さないことが必要ですよ。
ブラジルの夜は、まじでヤバイ世界ですから。

スポンサーサイト

神秘の森・43・生命の樹04

中国は自らもめ事を起こしたことない?

comment iconコメント ( 2 )

こんにちは

ほとんど同意です!
香川トップ下で、ドルトムンド時代を彷彿とさせる
ダイレクトパスの応酬。ジョーカーは斉藤学。これで得点無限!
本田には早く適職のボランチ修行して欲しいです。

ザッケロー二は3バックを諦めたことで細貝と中村憲を
外したと思われます。
その時点でコロンビア戦は棄てられてしまいました。

私もトルシエは日本サッカー史上、クラマーさんに匹敵する
恩人だと思います。リーダーシップも勿論ですが、宿舎の選び方、
食事、その他選手の国際人としての哲学、様々もたらしてくれました。
本気でJリーグや協会、選手とも喧嘩したのも彼だけでしょう!


名前: pipco1980 [Edit] 2014-06-09 07:12

pipco1980さん、こんにちは。

pipco1980さん、こんにちは。
そうそう、pipco1980さんの言う布陣で戦ってもらいたかった。
本当に本田選手にはボランチ修行して欲しいですよね。

それと監督。pipco1980さんが言うようにトルシエ監督は日本の大恩人で
日本の選手を精神的に国際化してくれましたよね。
常に真正面から本気で相手をしてくれた見事な監督だったと思います。

それに比べてザッケローニ監督は何となく煮え切らないっていうか
本気度が伝わってこないです。
さてどんなワールドカップになることやら・・・。

名前: H [Edit] 2014-06-10 11:41

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)