14a0960_005631.jpg

「氷点」「塩狩峠」などの作品で知られる小説家三浦綾子さんの
夫の光世さんが30日亡くなられたそうですね。
光世さんの様に陰徳を積まれた人間は、人間の一つの完成形です。
今頃あの世で綾子さんと再開を喜び合っていることでしょう。

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

さて、やかんを買いました。条件は普通の形で国産であること。
中国産だと、お湯を湧かしている間に変な成分が染み出てきそうで
気持ち悪いので国産は譲れない条件でした。
ちょっと神経質すぎるかもしれないけど、口に入るもの関連では
やっぱり中国製品はパス。安全第一ですね。

近所のホームセンターにあるやかんは安いけど、みな中国製。
しょうがないのでネットで検索。
ちょうどアマのタイムセールにいいのがあったので購入しました。

近所のホームセンターに並んでいる900円ぐらいのヤカンとの違いは
細かい部分の品質と使い勝手。さすがは日本製です。
取っ手の部分の握り心地とか、蓋の開け閉めとかに違いが出ていて
全体的にしっかりした物という印象で満足しています。

-----------------------------------------------------------------

最近、読書が読むから見るに変化してきました。
これは進行する老眼のせいです。
近視の老眼ってかなり辛いです。
まあ乱視が入っていないのがさいわいですけど。
でも最近、左目の視力が落ちてきた気がします。
モノがいっそう見づらくなってきました。
今度視力検査をしておいたほうがいいかな。

それにしても思うのが、子供の頃から本を沢山読んでおいて
良かったなということです。文章を読みづらくなった現在、
つくづく思います。

日本人の小説家としては故安部公房が好きでしたね~。
あの絶妙な虚構の世界がたまりませんでした。

-----------------------------------------------------------------

最近は若い世代が本を読まなくなってきたそうですが、
いかんよ、そんな事では。
若いうちに沢山の本に触れておいた方がいいです。

若いうちに読んだ本の内容は無意識にあなたに取り込まれ
永遠の財産になります。

だから若いうちから読書の習慣をつけておきましょう。
なんて説教臭いこと書いてる暇があったら
自分で自分に必要な本を見つけたほうが利口ですね。

-----------------------------------------------------------------

僕はいつも思うのですよ。偉そうに他人に説教してる暇があったら
自分自身を磨いたほうが得策だと。

他人の欠点を突いて説教している人間は大嫌いです。
僕自身も説教されるの大嫌い。
だから他人にも説教はしません。

僕は小学生の頃、自分で短所は認めて、その代わり長所を伸ばしていこうと
決めてから、それをずーっと実行しています。
おかげで他人の短所もそんなに気にならないので、らくです。

で、見つけましたよ。
行き過ぎた豊かさの中で自分を見失い、笑顔を忘れた日本人に
最適な本です。一度見てください。何か大切なモノを思い出しますよ。

ちなみに僕は本をばらして部屋中に貼っています。
なかなか気持ちいい空間が出来上がりました。嬉しい~。

-----------------------------------------------------------------

追記

「金は残すな自分で使え!」がテーマのやんちゃジジイ向け
ファッション誌が発売されるそうですが、出版社も煮詰まってますね。

個人的には、やんちゃジジイなんて大きなお世話です。
この歳の人間をやんちゃジジイなる型にはめようとしても、
無理っていうもんですよ。それにあの手この手でお金を
使わせようとしている。誰がそんなモノに引っかかるか!
自分の生き方は自分で決めますよ。
本当に心の貧しい編集者たちだな。







スポンサーサイト

ブログ開設3周年です!!

hide forever

comment iconコメント ( 3 )

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-11-06 11:01

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2014-11-06 12:20

はじめまして。
リンクして頂き、ありがとうございました。

こちらもリンクさせて頂きますね。
では、宜しくお願いします。

名前: ひでこ [Edit] 2014-11-06 18:26

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)