140413-02-s.jpg

沖縄は4月に入って気温が一気に上がり、昼間は28度前後になります。
もう海水浴も可能な季節です。
個人的には気温が一気に上がったので、体がついていけず、ややバテ気味。

それはさておき・・・。

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

宗教組織に属し、かりそめの心の平安を得ている人がたくさんいます。
例えかりそめの平安だとしても、それはその人の自由です。
ただし宗教組織の中に真理はありません。
かりそめのものは所詮かりそめです。

平安を求めた人はその代償として社会から遠ざかり
本来の生命の目的である不安定さに負け平安に死を迎えます。
生命は不安定であるからこそ有意義な季節なのです。

僕は信仰する個人はあえて否定しませんが、宗教組織は否定します。
生命の本来の目的と宗教組織は相容れないのです。

------------------------------------------------------------------------------

宗教は幻覚や妄想を「神の啓示」と受けとることから始まります。
そして地獄や悪魔を信じない時代になれば、次は宇宙人や霊が
とって代わり新しい宗教を作ります。

それで宗教組織とは一言で言うと腐った卵です。
神の名を語る腐った教組のもとに思考停止の信徒が集まる組織です。

腐った卵は外面はいいので外から見ても腐っているか判断するのは難しい。
それゆえ宗教組織は危険なのです。

世の中にはいろいろな意見があっていいのですが、宗教組織は
自分達の教義しか認めない心の狭い狂信的な人間の集団です。

------------------------------------------------------------------------------

そもそも宗教組織は神を信じるという信心深い人を増やすのではなく
自分たちの教義を信じてもらわねばならないのです。

神父や牧師は仏教ではなくキリスト教を信じてもらわねばならない。
さらに同じキリスト教でもプロテスタントではなくカトリックに
入信してもらわねばバチカンは困るのです。

そして自分達の神を信仰してもらうために自分達の神と
他の団体の神の違いを宣伝するのです。
おかしな話ですよね。でも信者は洗脳されているから気がつかない。

それでキリスト教は一神教でありながらも、その組織ごとに
独自の神がいて独自の教義があるのです。

しかしキリスト自身はキリスト教を作って自分を崇めよとは
一言も言っていないのです。不思議ですね。
キリスト教とはなんの為にあるか考えたことはありますか。

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

例えばキリスト教系の末日聖徒イエス・キリスト教会(通称モルモン教)は
創始者ジョセフ・スミスに30~40人の妻がいたそうです。
妻の中には既婚者や14歳の少女もいたという事。異常でしょう。

そのうえ創始者は神から特別な啓示を受けた預言者として存在していたそうです。
狂ってますよね。そもそも神からの啓示・預言なんて無いのですから。

------------------------------------------------------------------------------

それではなぜ予言とかは無い、あるいは不可能なのでしょうか。
それは万物は流転するので予言できないのです。
全ては計画されている事ではなく、あるがままなのです。
逆説的ですが予言は予言した瞬間、予言ではなくなるのです。

予言や占いの結果は錯覚の産物です。
そして予言や占いを行う人間の99%は愚かな偽物です。

もう一度言います。全ての出来事は固定されたことではなく
未定の状態で動いていきますから予言や占いなど人間には不可能なのです。
この世界に固定された未来など無いのです。全て流動的です。

------------------------------------------------------------------------------

次に英国国教会を観察してみましょう。
英国国教会は16世紀、当時のヘンリー8世が離婚がしたいがために
ローマ教会(カトリック)から無理やり独立した教団です。
笑えるでしょう。自分が離婚したいがために教団を作るなんて。

この様な創始者が創りあげた組織ですから真理などあるはずもありません。

------------------------------------------------------------------------------

それでは次に日本を代表する日本基督教団。
沖縄にも腐るほどあります。
本来教会は1年365日開放しておく場所なのですが、
沖縄の日本基督教団の教会は日曜日のみの営業です。
その他の日々は駐車場やマンションの経営に忙しく
教会は閉まっています。
この教団の牧師たちはまさにサラリーマンですね。

この教団の唯一の発明は、日本のキリスト教系ではじめて教会の空き地を
駐車場やマンションにして経営を合理化した事ぐらいです。

ここにも真理のかけらもありません。

------------------------------------------------------------------------------
------------------------------------------------------------------------------

ちょっと例を上げただけでも宗教組織のくだらなさがわかります。
他の団体も似たようなものです。

ただ新興宗教団体は勧誘その他の手口が巧妙になってきているので
十分注意して下さい。新興宗教なんて中身の無い空っぽな組織ですが
その分信者はすっかり洗脳されており、勧誘もしつこいです。

その上教義はいろいろな宗教のいいとこ取りなので
一見すばらしく感じてしまうかもしれませんが
所詮は寄せ集めの産物なので、注意深く対処すれば見破れます。

でもそのくだらない組織に多くの人間が洗脳されて参加している事実は
ある意味怖いですよね。

------------------------------------------------------------------------------

それで人はなぜ洗脳されてしまうのでしょうか。
それはまず恐怖心を煽られていくからです。
死への恐怖や生の不安を煽られます。
例えば悪いことをすると地獄に行くとか言われます。
子供じみてますよね。本来地獄など無いのですから。

そしてもうひとつは、組織の中に入ってしまえば
かりそめの安心感が生まれるのです。
自分で考えなくても、教団が指示してくれるのです。
これは危険な思考停止状態なのですが、多くの人は
揺りかごから墓場まで指示してくれる教団を受け入れるのです。

------------------------------------------------------------------------------

そのように特定の教団に洗脳された人々は自分達の教義が全てだと信じこみ
他の教団・思想に対しては異常なほど排他的です。
それゆえ神の名を語り、何世紀も殺戮を繰り返しています。
これは歴史的事実です。

------------------------------------------------------------------------------

ではまとめましょう。
時代はもはや21世紀。
もう腐った宗教組織やスピリチュアリズムにしがみつく時代は終わりにしましょう。
あなたは宗教家によって恐怖心を植え付けられ、洗脳されているのです。

後100年もすれば宗教組織は組織が持つ矛盾ゆえ崩壊するでしょう。
そして個人で真理を探求する時代に移るでしょう。
それが本来の真理へいたる道なのです。組織の中に真理はありません。

宗教の役目はすでに終わりました。
聖書や経典などに意味はありません。過去の遺物です。

宗教・スピリチュアリズムなどは子供の遊びです。
宗教・スピリチュアリズムなどは娯楽の域を超えません。
マニュアルに頼るのではなく、自分で考え自分で行動し
平和な世界を作りましょう。

------------------------------------------------------------------------------

大切な事はこの世で愛と係り、人助けをすることなのです。
いろいろな方法で人を助けることができます。

生きていること自体が人助けになる場合もあります。
実際に人を助ける場合もあります。
愛の表現方法は人それぞれで無限です。
愛の表現方法を比較する意味はありません。
愛は比較など超越しています。
愛は葛藤がありませんから人を傷つけません。

教会や修道院の奥に引きこもって祈りを捧げても何も生まれません。
大切なのは行為することなのです。
そして行為こそが人間が愛を表現できる数少ないチャンスなのです。


------------------------------------------------------------------------------

宗教やスピリチュアリズムを信仰している不幸な人間に本を送ります。
あなたは時代に取り残され、心のなかには恐怖が根を下ろし、
それゆえ宗教家やスピリチュアリズムを信仰している事を
この本は教えてくれるでしょう。


死を見つめる心

死を見つめる心
著者:岸本英夫
価格:496円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



スポンサーサイト

恥しらずな肉食系尻軽女子と群馬大学殺人病院

スバルと沖縄USJとチュニジア戦

comment iconコメント ( 9 )

なんとなくわかっていても言葉で理性的に表すのは難しいです。今回の姑の死去に際して、S学会の義姉に悩まされました。宗教を信じてないヒトより大いに俗っぽく、大いに無神経で。この世での害としか思えない。冷静に考えれば神や仏がいないのはわかりそうなことですが宗教に頼るのはそうしたほうが楽だからでしょうか?Hさんの発信はほんとに世のため人のためだと思います。理性的に表現できない私としては期待大です。

名前: もこ [Edit] 2015-04-03 01:22

こんばんわ~
Hさんの一言一言に共感します!
私も宗教は胡散臭いとずっと思っていました。
私は自分を信じていますし、
手を合わせるのは両親やご先祖様にです。
よく言いますよね、
 ” 詐欺師の成れの果てが宗教家 ” って。
これが真実だと思います。

名前: アクアマリンちゃん [Edit] 2015-04-03 22:01

もこさん、こんにちは。

S学会はカルト集団なのでけっこう厄介です。
池田大作という神の名を語る腐った教組のもとに
思考停止の信徒が集まる組織です。

もこさんの言われるようにまさにこの世の害です。
信者は自分達の教義しか認めない心の狭い狂信的な人間なので
親戚であっても関わらないほうがいいです。

人がS学会に洗脳されるのは、内部に入るとゆりかごから
墓場まで面倒を見てくれて、安心感が得られるからです。
自分で考えなくても、S学会が指示してくれるのです。
要するに一見楽な人生を送れるのです。

しかしそれは危険な思考停止状態で、S学会の信者などは
生きながらにして精神は死んでいるのです。

名前: H [Edit] 2015-04-04 08:44

アクアマリンちゃんさん、こんにちは。

アクアマリンちゃんさんの言われるように、宗教を信じるより
自分を信じるほうが大事な事ですよね。
宗教には近づかないほうがいいです。

> 詐欺師の成れの果てが宗教家

まさにそのとおりですね。宗教なんて詐欺です。
信じる者は救われません。

名前: H [Edit] 2015-04-04 08:46

はじめまして、いつもこそこそ拝見しております。

エヴァ、DVDは高いので、以前、漫画本の中古買って読みました。
僕は宗教もエヴァも否定しませんが、
問題はフォロワーたち、というのが共通します(笑。

世界に存在するカルト教団の中には集団自殺という結末になるものもあります。
フォロワー求心に利用していたアルマゲドン、なんて起こりませんし。
社会には相容れないしんどさがある、というのは僕だってそうです、解ります。
その閉塞感から巨大な破壊、ドラスティックな再構築、
というイメージが生まれるのかも知れませんが、
自身は必ず、再構築された世界を生き残っている、と考えるお目出度さ、が、
月に槍刺したりとか、頭を空にして教義で満たすフォロワーたち、
に共通してると感じます(笑。

僕には二人の娘がありまして、彼女たちにいつも言うのは、
「自分の頭で考えて、自分のホントの気持ちを、
ホントの自分の言葉で伝えられる人間になりなさい。」
ということなんですが、難しいのは、「自分の頭で考えたこと」の、
正しさ公正さ、をいかに担保するか、という問題です。
自分の頭で考えたからやりたいようにやる、ではひとりカルト教団ですから(笑。

僕も日々公正である事、を思いますけど、今、それが解らなくてもいいと思っています。
人生の目的は、自分を知って幸せに生きること、そのために、
身の回りの様々な関係性に助けられて学ぶこと、だと思いますので。


さて、先日散歩の途中にあったお寺で、面白い啓蒙文を見ました。
『占いに迷い一層深くなり』と書いてありました。
占いよりも仏教を信じなさい、という信徒勧誘かも知れませんが・・・。
ソレって目くそ鼻くそやろー!って思わず吹き出して、写真撮りまくりました(笑。

すみません、長々と・・・(^^;

名前: hal [Edit] 2015-04-04 09:48

halさん、こんにちは。

halさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

>「自分の頭で考えて、自分のホントの気持ちを、
>ホントの自分の言葉で伝えられる人間になりなさい。」

素晴らしい表現です。まさに教育の原点ですね。
大人が子供に伝えるべき重要な事です。
大いに賛同します。

>難しいのは、「自分の頭で考えたこと」の、
>正しさ公正さ、をいかに担保するか、という問題です。

これは机上の知識だけではなく、いろいろな体験が補ってくれると思います。
喜怒哀楽を体験する事で、知識だけではない人間の生きる痛みのような事を
感じ取れると思います。

どうしても知識だけですと、halさんの言われるような問題点が浮かび上がってきますから
それを経験で補っていけばいいというのが僕の持論です。
勉強も体験も全てが終わりのない学びです。
知識と経験が両輪の輪のようになって人生を歩めたら素敵ですね。


>人生の目的は、自分を知って幸せに生きること、そのために、
>身の回りの様々な関係性に助けられて学ぶこと、だと思いますので。

そうですね。人生は苦しくても社会から退却せず、関係性の中で助けあいながら
生きていくのが生命の使い方だと思います。
若い人には、人間はけっして一人ぼっちではなく、多くの関係性の中で生きていることを
知ってほしいなと思います。
そして人生の不安定さに負けないで生きてほしいです。

名前: H [Edit] 2015-04-05 07:07

組織は死に体。

信仰とは、明確な証拠がなく、また客観的な評価はどうであれ、
自分はある対象を従順に受け入れる、という意思表明です。
ですから、いくら証拠を列挙しても、いくら論理的に話しても、
狂信・盲信の人は自分の信仰を捨てようとは思わないものです。

サリンを撒いて結果的におかしな教団だと証明されても、
それでも、いまだに熱心な信者たちが教団を存続させています。

イエスはクリスチャンじゃなかったという話があります。
自分をブッダという人間は気をつけよという話があります。
教えを説いた人は立派でも、その追随者と自称する人たちが
組織をつくり上げると、おかしな集団になるようです。

人間の一番の問題点は、思い上がり、偉そうにして、
他の人々を見下すことだろう、と私は思っています。

組織ができると、階級ができ、上の者がいばる根拠ができます。
組織の存在目的の第一は、自分の組織を存続させることです。
そんなものをありがたがってはいけませんね。

名前: ☆バーソ☆ [Edit] 2015-04-05 15:37

☆バーソ☆さん、こんにちは。

>ですから、いくら証拠を列挙しても、いくら論理的に話しても、
>狂信・盲信の人は自分の信仰を捨てようとは思わないものです。

確かにその通りで、信者達に何か伝えようとしても
自分たちに都合のいい情報以外には耳を傾けないので
とても難しいです。
基本的によそ者の話は無視しますね。


>教えを説いた人は立派でも、その追随者と自称する人たちが
>組織をつくり上げると、おかしな集団になるようです。

それで何故、追従者は組織化するのでしょうか。
立派な教えを広めるため?
だとしても、それは余計な行為でしょう。

イエスにフォーカスすると、イエスが無くなった段階で終わりにすべきなのです。
イエスは私を崇めよとも教えを広めよとも言っていません。

しかしイエスを神格化したい連中は、神格化するために組織を作るでしょう。
そして本来個人的な信仰を、組織を守るがための信仰に歪めていきます。
僕は個人的な信仰はいいと思っています。
しかし組織的な、組織を守るがための信仰は認めません。

そして残念ながら宗教組織は信仰のためではなく、組織を守る為に存在し
他者を排除するので、やはり不要な存在でしょう。

名前: H [Edit] 2015-04-06 12:52

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2017-01-06 01:48

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)