nausika-001s.jpg

僕はウルトラQ~ウルトラセブン世代なので、それ以降のTV番組は
あまり知りません。特にアニメ系は全く無知です。
ガンガムやドラえもんやナウシカなど、名前は聞いたことがありますが
内容は一切知りません。

先日ひょんな事からエヴァンゲリオンというTVアニメを見る機会があったのですが
ウルトラQ世代としては面白さがわかりませんでした。

ただこのアニメを作った監督は精神が破綻しているなという印象は受けましたね。
新興宗教の教組に似ている感じがして、寒気すら覚えました。
要するに観客の存在など無視し、自分のエゴのみ表現している。

内容は劣化版2001年宇宙の旅という感じで後味が悪いアニメでした。
子供は騙せても大人は騙せないでしょう。

----------------------------------------------------------------------

あまりにも後味が悪いので、救いを求めるように、他のアニメを
探してみたのですが、なかなか気に入った作品が見つかりません。
個人的には目が異常に大きいキャラクターは受け入れられないので
その時点で多くのアニメは脱落です。

話はちょっと横道にそれますが米AmazonではドラゴンボールZという
日本製アニメが大人気ですね。半端じゃなくすごい人気です。
僕はこのアニメも内容は知らないのですが、アニメって結構
すごいマーケットを持っているんですね。

----------------------------------------------------------------------

それで僕の場合、エヴァに限らずアニメを見るのはクリエイティブな
作業ではないから退屈なのだと気が付きました。
ただ見ているだけって、いわゆる思考停止状態ですね。
それとアニメ耐性がないのも要因かな。

で、結局アニメを見るという行為は諦めました。
おかげで有意義に使える時間が増えたので、メデタシメデタシですね。
動けるうちは動いて、ヨボヨボ爺さんになってからアニメでも見ようかな。
アニメに関わっている暇はないという話でした。

あ、エヴァの「ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」お金が集まらず
失敗しましたね。ヨカッタですよ。世界中に恥を晒さなくて。
それにしてもエヴァおたって、エヴァ・ビジネスに上手くのせられて
あの手この手でお布施を要求されて馬鹿可哀想ですね。

----------------------------------------------------------------------

追記

アニメに対して批判的な記事を書きましたが、その後友人が教えてくれた
初期のジブリ作品を見てみました。

正直言って驚きました。初期のジブリ作品はいいですね。
やっぱり単純な戦闘モノより、生きる痛みや悲しみや希望を感じさせてくれる
初期のジブリ作品はとても素晴らしい。お薦めです。

戦闘モノアニメとは根底に流れているものがまるで違い、感動しました。
初期のジブリ、レベル高杉。

----------------------------------------------------------------------
----------------------------------------------------------------------

偏屈ジジイ(・∀・)

僕は基本的に自分で体験した事か、十分探索した事しか信じません。
聞く耳は持っていますが、あまり機能していないかもしれません(笑)。
頑固者で偏屈です。
ただそれらは固定化されてはいなく、時代とともに変化していく
柔軟性は持っています。

なぜならそれは自分自身が変化していくからです。
自分自身に嘘はつきたくありません。
他人の顔色を気にする人間にもなりたくない。

それに万物は流転しています。
大きな流れには逆らえません。

誰かの書いた本などから引用するような事は嫌いだし、苦手です。
新約聖書なんて一番嫌いな本ですね。
どんなにいい言葉が書かれていても、うわべだけの言葉でしょう。
僕は少なくても自分の経験した言葉で語りたいという願望は強いです。

なるべく様々な角度から物事を見るように努力はしていますが
なかなか難しいですね。

----------------------------------------------------------------------

僕は物事に対して「なぜ」もしくは「共感」で接近します。
わからない事を理解したいという願望も強い。
でもこれは時として剣の刃になるので注意深く使います。

答えが出るかどうかは重要ではありません。
問い続ける事に意味があると思ってます。

そして「共感」は僕にとって、とても重要な感覚。
生命という季節における湧き出る泉のようなものです。

----------------------------------------------------------------------

個人的には宗教組織・利権団体・スピリチュアリズムなどの詐欺組織が
大嫌いなので、たまに自分でもどうしようもなく、それらに対して
批判しますが、考えてみれば信者達に何か伝えようとしても
自分たちに都合のいい情報以外には耳を傾けないので
僕の行為は意味のない行為だと感じてます。

でも、信者予備軍に対しての警告にはなるかもしれないので
それで十分。(^^)
カルト宗教組織の誘導を受ける事がないように気をつけて!!

僕は今後も詐欺である宗教組織・利権団体・スピリチュアリズムに対する批判は続けます。

----------------------------------------------------------------------

それと僕は性善説をとりますが、いわゆる「いい人」ではありません。
困っている人が身近にいれば助ける事はしますが
それは人間として当たり前の行為です。
「いい人」を目指しての行為ではありません。

ですからわざわざ遠くまで出かけて、困っている人を探す事はしません。
そして自分で出来る範囲での援助しかできません。
僕の能力的には、それで十分だと思っています。
背伸びはしません。


最後まで読んでいただきありがとうございます。
これを書いている僕も生きている。
これを読んでくれたあなたも生きている。
今日があなたにとって、いい日でありますように。

----------------------------------------------------------------------



スポンサーサイト

Windows-UpdateとBMW i3とラフプレー

恥しらずな肉食系尻軽女子と群馬大学殺人病院

comment iconコメント ( 13 )

目が異常に大きいキャラクターは受け付けられないというのには笑えました。確かに・・・。アニメが日本の文化という論調がありますけれど、違和感を覚えます。文化の定義って何?と思ってしまいます。

名前: もこ [Edit] 2015-04-13 19:25

もこさん、こんにちは。

目が大きいキャラクターに見つめられると、なんとなく怖いんです。
視線恐怖症かも(笑)。

もこさんが言われるように、僕もアニメが日本の文化というのには
???クエスチョンマークが並びますね。
確かに定義付けが曖昧です。

名前: H [Edit] 2015-04-14 12:22

こんばんわ
初期のジブリがクオリティ高いのは同感です
最近のジブリは好きな方には申し訳ないですが面白くないなと思います。

名前: ネリム [Edit] 2015-04-14 17:41

ご無沙汰です、アニメ記事についつい喰い付いてしまった。
今年で56歳になる私ですけど、自称アニメヲタク?。

エヴァはねぇ~、正直知らない人にとっては難しいですよねぇ~。
これガンダムにも言えて、物語があまりにも難しく複雑で、初めから見ていないと理解出来ない部分が多数あると思いますし、Hさん言われる通り宗教がかっていて、万人に支持される作品ではないと私も思います。

ジブリ作品は私も大好きですよ。
でも私にとってのピークは[千と千尋]かな?。
これ以降の作品はどうにも・・・。

56歳のオッサンが評価するジブリ作品ベスト3!

1位
もののけ姫
2位
天空の城[ラピュタ]
3位
となりのトトロ
次点?
紅の豚

映像と物語の良さでは新海誠作品も良いですよ。
[雲の向こう約束の場所][秒速5センチメートル]
最近では[言の葉の庭]なんかも短いけれど映像は素晴らしい!
大人でないと理解し難い作品かな?。

名前: 中森 ユウジ [Edit] 2015-04-15 06:58

ネリムさん、こんにちは。

初期のジブリ作品はクオリティ高くてびっくりしました。
あれだけの作品を見せられたら、十分納得です。素晴らしい。
あのクオリティで毎年作品を作っていくのは、やはり難しいのでしょうね。

名前: H [Edit] 2015-04-15 18:06

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-04-16 06:46

中森 ユウジさん、こんにちは。

お久しぶりです。中森さんはカメラと車以外にもアニメも詳しいのですね。
幅広いですねえ。(^^)

ガンダムは見たこと無いのですが、難しくて複雑ですか。
情報ありがとうございます。僕は複雑な作品は苦手なので
ガンダムはスルーします。

ジブリの初期作品は本当に素晴らしかったです。
「ナウシカ」と「もののけ姫」を見ましたが、
どちらも奥深い内容で感動しました。

ジブリはディズニーと組んでから、急降下してしまったようですね。
あれだけのクオリティを維持するのは大変なのでしょう。

新海誠作品、Amazonで検索したら、物凄いレビュー数ですね。
いつか機会があったら見てみます。

名前: H [Edit] 2015-04-16 07:40

こんばんわ^^

そうですね…自分がスタッフとしてやってた頃は、みんな一生懸命生きてた様な気がします。
今の作品群は、何処と無くゆとりを感じさせますね。スタッフも面白く捻って遊んでるんじゃないかな?
切迫感がある様で無いのが特徴ですね。但し、技術的にはず~っと高度になってると思います。
技術的に出来ない特撮や、アニメはもはや昔の話でしょう(笑)

名前: sado jo [Edit] 2015-04-17 00:31

遅ればせながら・・・。

ネズミのグロい手を白い手袋で隠しているの?
そんなディズニーであったり、付随する樹脂製巨大おもちゃの大量消費、
みたいなカルチャーに否定的な僕ですが(笑、
娘たちのために購入したアニメDVDの中に、
ジブリの『パンダコパンダ』というのがあります。
彼女らは喜んで、アホみたいに何度も何度も観てますが(笑、
大人である僕にとっても、ふと考えさせられる何かが散りばめられてます。
声高な何かではなく、身の丈の何か、です。
レンタルするにはある意味別の勇気が必要な気がしないでもありませんが(笑、
もし、機会がありましたら(^^。

名前: hal [Edit] 2015-04-17 10:29

sado joさん、こんにちは。

sado joさんは制作側でしたか。
アニメの制作は大変でしょう。1作つくるのに莫大な手間がかかりそうですね。
でも「切迫感がある様で無い」と言うのは面白そうな現場ですね。

名前: H [Edit] 2015-04-18 07:04

hal さん、こんにちは。

>大人である僕にとっても、ふと考えさせられる何かが散りばめられてます。
>声高な何かではなく、身の丈の何か、です。

ふむふむ、興味を惹かれる言葉です。面白そうですね。

『パンダコパンダ』Amazonで検索してみました。
なかなかの評判。っていうか大人たちが高評価つけてますね。
機会がありましたらぜひ見てみようと思います。
情報ありがとうございます。(^^)

>彼女らは喜んで、アホみたいに何度も何度も観てますが(笑

いやいや、いい意味でアホみたいになれるのが素晴らしいですよ。
おりこうさんばかりだと、つまらない世界ですよ。きっと。

名前: H [Edit] 2015-04-18 07:06

ふむ。

こんにちは(*´∀`)ノ

私は…TVは野球とニュースしか見ないけども…
アニメ映画は観ますょ(笑)

小説と同じでエヴァに限らず…
そこには表現者の自由があってもいいかなと思ってますし。

アニメの話は別として…
多分、私も口にしないだけでHさんと似てる部分があると思います。
私は表裏一体の性悪説派なんですけども、困ってる人がいたら、自分の出来る範囲で良い人ぶらずに助けます。日本の文化と教育が私をそういう人間に育てました。だけど、遠征してまで人助けに行こうとは思いません。自分自身の負っている仕事や責任を放棄したくないからです。

自分が果たす責任は社会の一旦です。背伸びせずとも日々、働き税金を納めることでなんらかの社会福祉の役にたってると思います。

名前: Soive [Edit] 2015-04-20 15:21

Soiveさん、こんにちは。

>私は表裏一体の性悪説派なんですけども、

まあ性善説・性悪説のどちらでもいいんです。所詮言葉上の事です。
その人の人格には関係ない。
大事なのは実際にどういう行為をしているかですから。

>困ってる人がいたら、自分の出来る範囲で良い人ぶらずに助けます。
>日本の文化と教育が私をそういう人間に育てました。

それは日本の伝統的な文化である事は確かですね。
ただそれを身につけるためには、育った環境も大切。
それ以上に、自分で考える習慣を持っていて
自分の意見を自分の言葉で言える人のみが会得できる感性です。
Soiveさんはその感性を持っている。

残念な事にそれを会得できないで大人になった人間が多いから
現代日本は殺伐としている。
過剰な競争教育・競争社会による日本文化の破壊ですね。

>背伸びせずとも日々、働き税金を納めることで
>なんらかの社会福祉の役にたってると思います。

そう、そのとおりですね。
背伸びして、無理して生きる必要はありません。
あるがままでいいと思います。

名前: H [Edit] 2015-04-21 12:38

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)