char-001.jpg

懐かしいなあ~、Char&ストラトキャスター。
(いや、この画像のギターはムスタングかな?)

ストラトキャスターは、少年時代バイトして初めて買ったエレキ・ギターです。
もちろん本家FenderじゃなくてFernandesっていうコピー品だったけど。

当時Fenderは高くて買えなかった。でも今はFender-Japanっていうのが
あるようでFenderのストラトが5万円で買えるのですね。
いい時代だなあ。うらやましい。

あ、ギターはネットで買わないほうがいいですよ。個体差あるから。
実際に手にとって弾いてみた方がいい。
ネットの情報より、あなたの感性を大切にした方がいいです。

それはさておき・・・。

---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------

僕は少年時代、ギターキッズでバンドを組んで
エレキギターばかり弾いていました。
もちろん勉強はしましたよ。数学とか物理とかは好きでしたから。

それにある意味、ギターを弾くとは数学的な行為でしたし。

でも音楽室は嫌いでしたね。ベートーヴェンの肖像画が怖くて(笑)。
学校でエレキギター弾くと不良扱いされる時代でした。
もちろん僕は違う意味で不良品でしたが・・・。


たまたまバンド仲間の父親がいわゆる興行主で、高校生時代の夏休みに
Charのローディーをさせてもらいました。
ローディーって言っても、使い走りみたいな感じでしたが。

Charは音楽には厳しい人だったけど、僕達子供には「ヘイ、ボーヤ」とか
声をかけてくれて優しかったです。

---------------------------------------------------------------------

リハーサル風景とかたっぷり観察できたのですが、Charは天才でした。
多分、日本人で一番色気のある音を出すギタリストでしょう。

Charが醸しだす音色と言ったら、もうすごいの一言。
テクニックがどうのこうのじゃない。
テクニックだけなら練習すれば追いつけるけど、
もう醸し出す香りが違うんです。

例えば同じ譜面で演奏しても、間のとり方がぜんぜん違うんですよ。
Charの演奏は僕には想像もつかない間のとり方で愕然としました。
音符のないところの音がぜんぜん違う!!

---------------------------------------------------------------------

当時一応プロを目指していた僕たちは、Charのあまりの天才ぶりに
度肝を抜かれるとともに、魂まで抜かれちゃいました。
プロとアマチュアの差を思い知らされましたね。
年齢も5,6才しか違わないので年齢的には大差はないのですが
「ああ、こんな天才が世の中にはいるのか!!敵わない」

そう、この体験がきっかけでプロを目指すのは止めました。
子供ながらそれだけ衝撃を受けたのですね。
いや~、自分の現実を見せつけられ、夢から醒めました。

---------------------------------------------------------------------

ある意味、早い時点で夢から醒めて良かったのかもしれません。
その夏休みが終わってからは、勉強にも力を入れましたよ。
嫌いだった学科も勉強しました。

当時の彼女が実によく出来た女性で、親切丁寧に勉強を手伝ってくれました。
おかげで効率よく受験勉強用の知識を吸収出来ました。

ちなみにその彼女は高校卒業と同時にアメリカに行き
奨学金を貰ってアメリカの大学に行きましたよ。
輝いていて眩しかった。

僕はとにかくギターオンリーの生活からギター+勉強の生活へ方向転換。
まあ、ミュージシャンを諦めた悔しさゆえの方向転換です。

でもミュージシャンにはなれなかったけど、他の色々な経験は
積めたので、人生には満足しています。

人生は歳を取るほど面白くなってきますね。

---------------------------------------------------------------------

そのCharが今年6 月に還暦を迎えるのですね。
それを思うと自身の若かりし頃を思い出し、何となく感慨深いです。

さて10 年ぶ りのリリースである、Charの還暦アルバムでは
どんな音楽を聴かせてくれるのか、今から楽しみにしています。




Kagerou - Char


Soramoyou no Kagen ga Waruku Naru Mae Ni - Char


スポンサーサイト

バカにつける薬はありませんか?

米上下両院合同会議と福井のトンデモ裁判官

comment iconコメント ( 16 )

こんばんは

私も高1でフェルナンデスのストラトキャスターが最初でした。
一緒ですね。
色々曲折ありますが、理工学部の大学生とは名ばかりの
フーテンギター弾きで、もっと良い楽器を買う為にバイトバイトの生活で
遂には学校から追い出されてしまいました。
その後も、どこかで見切りを付けなければならなかったのでしょうが、
それがノビノビになることで、相当に遅い『社会人デビュー』となって
まあ、楽な人生ではなかったです。
まあ煙草を吸ってたことは後悔してますけど、
音楽好きは誇りでもありますね!

名前: pipco1980 [Edit] 2015-05-14 01:04

プロと言われる方は、やはり天才なのですね。
Hさんのこと
少し教えていただいた感じです。

今もエレキギターをひくことがあるのでしょうか。
音楽全般 不得意な私は、ひけるだけでも天才と思います。

名前: Miyu [Edit] 2015-05-14 06:46

こんにちは^^
Charの練習風景が見れるなんて
羨ましいですね

このアルバムは傑作品ですよね
私も今でもコピーしてます^^
60歳かぁ

名前: jack [Edit] 2015-05-14 13:54

こんばんは、はじめまして。

なんだか、読んでいて懐かしい気持ちになりました。

明日から、日曜日まで沖縄に行きます。
Hさんの住む街ですね。

名前: 森須もりん [Edit] 2015-05-14 21:47

pipco1980さん、こんにちは。

pipco1980さんもフェルナンデスでしたか。
あの当時は学生の身分でフェンダーなぞ手が出るはずもなく、
フェンダーモデルはみんなフェルナンデス使ってましたよね。

pipco1980さんはプロデビューされたのでしょう。
すごいなあ~、尊敬します。
険しい道を進んだのですから
いい経験されましたよね。

>音楽好きは誇りでもありますね!

そうですね。まさにそのとおり!!
音楽最高~!!

名前: H [Edit] 2015-05-15 09:34

Miyuさん、こんにちは。

プロとアマチュアはもうレベルが全然違いますね。
プロって元々の才能に加えて、それをやることが好きで好きで
たまらなくて、努力を苦にしないからすごいですよ。
やっぱり何事も楽しむ事が大事みたいです。

僕は今もたまにギター弾きますが、
小指の押さえが弱くなってきました。(^_^;)

名前: H [Edit] 2015-05-15 09:36

jackさん、こんにちは。

>Charの練習風景が見れるなんて 羨ましいですね

友人の親父さんが興行主をやっていて、そのコネで
Charの練習風景をたっぷり見ることが出来ました。
ラッキーでした。

Charはリハーサルから熱かったですよ。
納得するまでリハーサルしてました。
プロってすごいなと思いました。

名前: H [Edit] 2015-05-15 09:42

森須もりんさん、こんにちは。

>なんだか、読んでいて懐かしい気持ちになりました。

どうもありがとうございます。
僕も書いてて、懐かしい気持ちになりました。

>明日から、日曜日まで沖縄に行きます。

今年の沖縄は例年になく蒸し暑いので
熱中症にはおきをつけください。

名前: H [Edit] 2015-05-15 09:46

説得力のあるギター

お邪魔します~

私も初ギターはストラトですが、トーカイでした。もう今はないですかね…。
大学の頃チャー(ジョニルチャ)のコピーバンドやってましたけど、彼らの
雰囲気は出ませんでしたねえ・・・。あ、私はドラムです。

> 音符のないところの音がぜんぜん違う!!
激しく同意、です。音に色気ありますよねえ、あの人は。
突き詰めればセンスの問題ってことでしょうか…。

名前: ふじつぼだんき [Edit] 2015-05-15 19:50

ふじつぼだんきさん、こんにちは。

ふじつぼだんきさんはドラマーですか。
僕も何回かドラム叩いてみましたが
一人前に叩けるようになるには時間がかかりますよね。
僕はドラマー向きではありませんでしたよ。

>音に色気ありますよねえ、あの人は。
>突き詰めればセンスの問題ってことでしょうか…。

まさにふじつぼだんきさんが言われるとおり、
Charの醸し出す音色は色気がありますね。
Charは日本で一番色気のある音を出すギタリストではないでしょうか。
もう生で聞いた時は身震いしました。

名前: H [Edit] 2015-05-16 17:05

こんばんは。
いきなりCharが出てきて、びっくりしました。
今でも聴いてます。
練習風景を見れたなんて、ホント羨ましいです。

Hさん、プロを目指していたんですね。
すごいな~
私はちょっと手を付けて終わってしまいました。

来月、武道館ライブにいってきま~す。

名前: ぐるこ [Edit] 2015-05-16 22:53

はじめまして

こんにちは 
訪問履歴よりお伺いしました。

Char 懐かしいです。
気絶するほど悩ましい でしたっけ?!
かすかに歌を覚えています。
還暦を迎えるのですねぇ。
時の流れは速いなぁと感じています。

またお伺いしますね。

名前: 花梨 [Edit] 2015-05-17 09:33

ぐるこさん、こんにちは。

若かりし頃のCharのリハーサル風景を見れたのは
ホントにラッキーでしたね。
プロってリハーサルからしてプロなんですね。
アマチュアとはレベルが違いました。

>来月、武道館ライブにいってきま~す。

おお、いいですね~。
楽しんできて下さ~い。(^^)

名前: H [Edit] 2015-05-17 17:21

久々の音楽ネタ、嬉しいです!(^^)

Charさん、懐かしいですね。
今でもラジオで「SMOKEY」が流れたりすると、シビレます。
まだ日本のロックというものがメジャーじゃなかった時代に、
既にあのクオリティのロックを確立していたのですから、
今考えるとほんとスゴイです。
天才ですね。

Hさん、間近でCharさんの音色を聴いたなんて、羨まし~♪

冒頭の写真は、現在のCharさんかな?
歳を重ねるほどにカッコ良くなる男は、本物ですね。

「人生は歳を取るほど面白くなってくる」

Hさんのこの言葉に賛成!
きっとCharさんも同じように思っていることでしょう。

名前: 文伽 [Edit] 2015-05-18 03:20

花梨さん、こんにちは。

花梨さん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
今後ともよろしくお願いします。

そう、Charも6月で還暦ですよ。
本当に時は瞬く間に過ぎていきますね。

個人的には、人生は歳を取るほど面白くなっていくと
思っていますが、花梨さんはいかがですか。

名前: H [Edit] 2015-05-18 08:00

文伽さん、こんにちは。

本当に音楽ネタ、久しぶりでした。(^_^;)

たまたまCharの「SMOKEY」が流れていて
懐かしくなってデビュー・アルバム引っ張りだして
聞き入りました。
ウム、やっぱりCharは素晴らしいですね。

>歳を重ねるほどにカッコ良くなる男は、本物ですね。

まさにそのとおりですね。
Charは男の僕から見てもカッコいい。
年齢重ねて熟成したワインのような香りがして
たまりませんね。

文伽さんの言われるようにCharは本物ですね。

名前: H [Edit] 2015-05-19 06:48

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)