DSCN3482.jpg

子供が犠牲になる事件が増えている。
もちろん一番の原因は犯罪者が野放しになっている事だ。
犯罪者は氏名・住所・顔写真をネットにさらし、
健全な国民の安全を優先するべきだ。
犯罪者に人権など無い。

殺人者はさっさと死刑にすべき。殺人者は更生する事など無いし
存在の意味もない。死刑に抑止力は無いだろうが、遺族の心は休まるだろう。
世の中には不要な人間も存在するのだ。

-----------------------------------------------------------------------------

しかし気になるのは、今回の犠牲者の小学生は、深夜に徘徊をしていた事だ。
小学生が深夜に徘徊?信じられない。

親は何をしているのだ。身近にいる大人は何をしているのだ。
小学生ぐらいのガキは事の善悪も、人間の善悪もわからない未熟な存在だ。
それを保護・教育するために親が存在するのだが
今回の犠牲者の小学生の親は、責任を放棄している点で親失格だろう。

親が子供への保護・教育を何らかの理由で放棄してしまったら、
子供は糸の切れた凧のように、どこに向かうかわからない。
子供に道を示す事が親が一番にやるべきことなのだ。


-----------------------------------------------------------------------------

深夜に徘徊する時点で、犯罪に巻き込まれる率が高くなるのは、
中学生でもわかる事だ。
それでいながら、小学生に深夜徘徊という危険な行為を許した親は
危機管理意識のない親だ。子供を愛していない親だ。


仕事が忙しいとか、いろいろな言い訳はあるだろうが、一番大事なことは
経験値が少なく無知な子供の生命を守ることだろう。
その一番大事なことを実行できなかったのだから、救いはない。
子供に対する責任を放棄したのだから、責められてもしょうがない。

子供にとって一番身近な存在である親ができない事を
他人ができるわけがない。
子供に対する親の責任は想像以上に大きいのだ。
親は子供の生と死に大きく関わっているのだ。


-----------------------------------------------------------------------------

深夜に子供を徘徊させたら、犯罪に巻き込まれる確率が高いことを
理解できないような危機管理能力のない親に、子供など持つ資格はない。

親の一番大事な仕事は、子供が分別つくように、しっかり教育する事だ。
そして独り立ちできるまでは、全力で保護する責任がある事だ。

大事なことは、豊かな生活を与える事ではない。
生命の正しい使い方を教える事だ。

-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------

追記

この記事は親や保護者を糾弾するために書いたものではありません。
すでに時代は私の子供時代とは違い、何がおこるかわからない時代に
なっています。

この記事の根底には、今回のような不幸な殺人事件が2度と起こらないように
するには、どうしたらよいかという問いかけがあります。

その答えは親・保護者が今までの概念を捨て、新たに危機管理意識を
強く持たなければならないという事です。


-----------------------------------------------------------------------------

子供は分別のつく青年になるまで、親・保護者が保護・教育しなくては
なりません。その過程で、十分コミュニケーションをとれば
子供の現在の立場も理解できるだろうし、また理解すべきだと思います。

やはり何より重要なのは相互コミニュケーションであり、その中で
人間性が育っていくのかなと思います。

その意味では子供はもちろん、親・保護者も成長していかなければならないし、
成長するべきです。

-----------------------------------------------------------------------------

これは理想論かもしれませんが、理想をかかげなければ、何も変化しないでしょう。
時代は変化していきます。私達にも変化を求められています。
親・保護者が変化していかなければ、今回のような事件は無くならないでしょう。
もはや時代は危機管理意識を持つ必要性を示しています。

今回の事件から、しっかり教訓を学びましょう。
親子間でコミュニケーションをとりましょう。
そうする事で、次の事件・事故を防げるはずです。


-----------------------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------------------
スポンサーサイト

五輪エンブレム使用中止とWINDOWS10の無断データ収集機能

東京五輪の大会エンブレムデザインは完全なパクリである

comment iconコメント ( 7 )

養育義務放棄

おはようございます。
この言葉は昔からあり、そういう親はいつの時代にもいたのでしょう。だけど私の周囲にはそういう親は見当たりません。今でも珍しい部類の親だったのではないでしょうか。そうであって欲しいものです。

名前: 昔とった杵柄 [Edit] 2015-09-01 05:47

こんにちわ。
近年、子供が変質者の犠牲になる事件が多いですね。
昔は大人も子供も夜は家にいましたが
時代が変わったんですかね?
子供が深夜に外を徘徊しているなど信じられないです。
親と子の関係もかわってしまったのですかね。

名前: Rosy0033 [Edit] 2015-09-01 07:03

昔とった杵柄さん、こんにちは。

昔とった杵柄さん、こんにちは。

そうですか。昔から養育義務放棄という言葉があったのですか。
僕自身も周りに養育義務放棄するような大人がいなかったので
養育義務放棄をする大人が信じられません。
子供は親が保護・教育をするのが当然だと思います。

名前: H [Edit] 2015-09-02 18:31

Rosy0033さん、こんにちは。

Rosy0033さん、こんにちは。

本当に子供が犠牲になる事件が多くて、心が痛みます。
子供の深夜徘徊なんて、信じられません。
Rosy0033さんの言われるように、親と子の関係が
昔とは変わってしまったのかもしれません。
無責任な親が目立ちます。

名前: H [Edit] 2015-09-02 18:35

こんばんは!
Hさんの言われるように、子供が夜中に街をうろつくことや
プチ家出と言って外泊することに無関心な親は
一体何なのだろうと不思議でした。
最近こんな話を聞きました。
以前は親子が 縦 の関係で、親は子供を守る意識が強かったが
今は フラット な関係になって それが希薄になっていると。
私には、親の責任を放棄した言い訳にしか聞こえなかったけれど
一理あるのかもしれません。

名前: アクアマリンちゃん [Edit] 2015-09-02 20:44

アクアマリンちゃんさん、こんにちは。

アクアマリンちゃんさん、こんにちは。

そういえば、プチ家出ってありましたね。
僕も子供が無断で外泊することに無関心な親は
何を考えているのか不思議でした。
今思えば、プチ家出っていうのも育児放棄ですね。

>以前は親子が 縦 の関係で、親は子供を守る意識が強かったが
>今は フラット な関係になって それが希薄になっていると。

なるほど。縦の関係がフラットな関係になって、友達感覚に
なってしまったのですかね。

僕は、親は友達ではなく、無知な子供を保護・教育する立場に
いるべきだと思っています。
親が友達感覚になるのはちょっと違う。
親は友達ではなく、親を貫くべきだと思います。

名前: H [Edit] 2015-09-04 17:36

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-09-04 22:41

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)