ここ何週間、ハーマンミラーのミラチェア在庫情報に集中している管理人ですが、先日、宜野湾市新城にある沖縄で唯一のハーマンミラー代理店である
MIX life-style(ミックスライフスタイル)
さん
に、ミラチェアの試座に行って来ました。

管理人のところから、まず名護市のバスターミナル・高速バス発着場まで、バスで約1時間。

f11-12-14-02.jpgf11-12-14-01.jpg
(名護バスターミナル&高速バス・バス停)

高速無料化実験とやらも終了しているので、すいすいとバスは進みます。そして高速バスに乗って約1時間10分、MIX life-styleさんの店舗最寄の高速バス停までいきました。

f11-12-14-03.jpgf11-12-14-04.jpg
(中城バス停&送迎ありがとうございます)

すると事前にお願いしてた送迎のために、HGさんがすでにバス停で待っていてくれました。そして高速を降り、HGさんの運転する車に同乗させていただき、MIX life-styleさんの店舗まで運んでもらいました。

管理人のメアドからLED ZEPPELIN好きであることを予想されていて、カーステからはBLACK DOGが流れてきました。いやビックリ。一本取られた感じで、いきなりテンションあがります。恐るべしMIX life-styleさん。

f11-12-14-05.jpg
(お店の入り口)

店内に入ると、今度はメールでやり取りをしていたYMさんが対応してくださり、椅子の置いてあるブースまで案内してくれました。そこには、ミラチェアとアーロンチェアの両方が置いてあり、両方試座できました。

YMさんから、椅子の調整方法を一通り説明を受け、後は2時間たっぷり、一人で椅子をいじくり回し、写真を撮ったりしていました。特に第一候補のミラチェアは1時間程度座りっぱなしで、いろいろと調整しながら座り具合を確認しました。

f11-12-14-06.jpg
(Lがミラチェア、Rがアーロンチェア。比べてみると、背もたれの形状が全く違いますね。)

最初に座った印象としては、どちらのチェアも自分に合わせて調整しないと、猫に小判状態です。
自分の体に合うようにきっちり調整をすると、まるで別の、優れたチェアになります。

f11-12-14-07.jpgf11-12-14-08.jpg

合わせるときは座面に深く腰掛けるのがポイントです。とにかく深く座ってください。最初に座面の奥行きを調整し、次に座面の高さを」調整します。ここで再度、しっかりと深く座り、座面の奥行きを確認・調整します。

座面のポジションをきっちり決めてから、ランバーサポートなどを設定したほうがいいです。とにかく座るという動作の基準は座面です。

結論から言うと、どちらも前傾姿勢をとれる、数少ない優れたワーキング・チェアです。(あくまでもワーキング・チェアとして設計されているので、リラックスを求める人には向きません。)

どちらにしろ最低1時間程度は座ったままで、試座する事を薦めます。1時間座り続けて、最も圧のかかるお尻(座骨付近)が痛みを感じなければ、第1段階はOKでしょう。これは10分程度の試座では、絶対わかりません。

それと管理人も含めてアーロンチェアかミラチェアか悩む人は多いと思いますので、試座した感想を書きます。
あくまでも個人的感想ですので、何度も言いますが最終的には、しっかり調整したチェアで、試座して下さい。
何と言っても10万を超すチェアですから。

f11-12-14-09.jpgf11-12-14-10.jpg
(ランバーサポート部・上がミラチェア、下がアーロンチェア)


まずは、管理人第一候補のミラチェア。

1・ポリプロピレン一体成型フレームレスの背もたれ面積はアーロンBより大きく、柔軟にしなる感じで、肩甲骨までしっかりと保持してくれる。
2・サイズが1サイズしかないためか、万人に向く座面形状をもち、座面高は38cmまで低くできる。
3・アーロンチェアに比べ、ランバーサポートの効きがとてもよい。
4・設計が新しいせいか、各種調整機能の使い方が直感的でわかりやすい。
5・アーロンチェアに比べ、後方リクライニング量が、やや少ない。
6・可動式の肘掛が、ややぐらつく。強度的にも弱い感じがする。
7・座面の奥行き調整が、座面前面を折る方式で、いまいち耐久性に不安があり、設計の詰めの甘さを感じさせる。


そして、アーロンチェアBサイズ。これもしっかりと調整した結果です。

1・背もたれが小さいため、管理人の場合、リクライニング時に、背もたれのフレーム部に体が当たる。
2・座面の両サイドが湾曲しているので、下肢が内転気味になる。(内股で座っている感じ)
3・ミラチェアより微妙な調整ができる反面、各種調整機能の取扱いがやや難しい。
4・ランバーサポートの効果が今一つ弱い。
5・A.B.Cとサイズ展開しているので、座面の奥行き調整は無い。


実際1時間ずつ程度、両方のチェアに座りましたが、お尻も腰も痛くなりませんでした。それなりに価格に見合ったワーキング・チェアだと思います。仕事だけではなく、読書や映画鑑賞などにも向いていると思います。

管理人がミラチェアを選択したのは、ポリプロピレン一体成型の背もたれと、ランバーサポートの効き目です。ミラチェアのランバーサポートは絶品です。総合的にみて、ミラチェアはアーロンチェアの欠点を改善したチェアだと思います。ヒューマンファクター的にもミラチェアの方が優れていました。

実を取る人はミラチェア、名を取る人はアーロンチェアを選択するのではないでしょうか。それと後5年もすれば、アーロンチェアのポジションはミラチェアに置き換わる予感もします。アーロンチェアはそろそろ、ブラッシュアップが必要な時期にきている気がします。


以上が管理人がそれぞれのチェアを試座した第1弾の感想です。試座して、よけいに物欲が湧いたのですが、 MIX life-styleさんには在庫が無く、納期は3ヶ月との事で、頭をひねってしまいました。 MIX life-styleさんの気遣いは見事なもので、まさにプロの仕事で、できれば永い付き合いをさせて頂きたい所なのですが、あの座り心地は忘れられず、すぐにでも入手したいのです。

ここは試座させていただいたMIX life-styleさんには悪いのですが、ネットで在庫ありのショップを見つける予定です。(現在Amazonには在庫有り。しかし希望する色が無い。)

さて、管理人は第一希望であるミラチェアの、座-背がテラコッタ-テラコッタの在庫を持つ店を見つけられるでしょうか。正直、1日でも早く手に入れたいです。現在、全国の代理店を探索中。

このレビューが、ミラチェアやアーロンチェアの購入を検討している人の役に立てば幸いです。それでは・・・。(続く・・・。


にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ

人気ブログランキングへ
スポンサーサイト

SCHEHRAZADE & OTHER STORIES / RENAISSANCE

TURN OF THE CARDS / RENAISSANCE

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)