a-001.jpg


またアメリカ・オレゴン州ローズバーグで銃の乱射事件があった。
犯人で死亡したクリス・マーサー容疑者(26)は
教員と学生合わせて9人を撃ち殺した。

犯人は宗教を尋ねてから発砲していたらしい。
宗教は殺人鬼を生み出す狂気の産物だ。
宗教の歴史は大量殺人の歴史と同じだ。


オバマ大統領はオレゴン州での銃撃事件を受け、ホワイトハウスで会見し、
「米国は先進国で数カ月おきに、こうした銃乱射事件が起きる
世界で唯一の国だ。我々は銃乱射事件にマヒしている」と述べ、
銃規制の強化を改めて訴えた。

--------------------------------------------------------------------

静かな町をおそった銃撃事件に、地元住民は衝撃を
受けているそうだが、それは嘘だ。

乱射事件のあった翌日、町の銃販売店ではライフル銃などを
物色する人で混み合っていたそうだ。

そして人々は、自分の身は自分で守らなければと、銃を手にする。
この段階で、もはや思考停止状態だ。


一体、自分の身は自分で守らなければと、銃を手にする理由はあるのか?
銃は、君やあなたを破滅に導く道具ではないだろうか?

--------------------------------------------------------------------

乱射事件のあった「アムクワ・コミュニティー・カレッジ」では、
学校内への銃持ち込みは禁止され、学校の警備員も丸腰だった。

同校で心理学を教えるシンディ・ウィルキンソンさん(55)は、
「教師や学生にも銃を持たせるべきだ」と話す。
もし、誰かが銃を持っていれば、乱射を食い止められたと考えるのだ。

--------------------------------------------------------------------

アメリカ人はこのような乱射事件があると、必ず「もしも」という
言葉を使い、銃に対する根本的な存在意義から思考をそらし、
思考停止に入る。


そしてまた、時期が来たら乱射事件が起こり、同じように
思考停止状態になり、根本的な銃の存在に対して
見て見ぬふりをする。

「教師や学生にも銃を持たせるべきだ」という意見は
小心者の不安に満ちた意見だ。
もちろん、その不安の原因は銃の存在だ。


--------------------------------------------------------------------

この町も人口約2万2千人の9割が白人で、共和党支持の保守層が多い。
銃をもつのは当たり前という。
白人はなぜそんなにも銃を必要としているのだろう。
その銃で誰が誰を、何から守るというのだろうか。


多くの犠牲を繰り返しているにもかかわらず、アメリカには
十分な銃規制の法律すらない。

行き着く先は破滅だと知っていても、誰も銃を手放さない。
アメリカ社会におけるストレスや不安感が、
銃を手放すことを拒むのだろう。
アメリカは不安定で恐怖に包まれた世界だ。


--------------------------------------------------------------------

追記

この事件の直後、米南部テネシー州ジェファーソン郡で、
近所に住む8歳の少女と、子犬をめぐるけんかになった11歳の少年が、
少女を銃で撃ち死亡させる事件があった。

父親の単発の12口径散弾銃で少女を撃ち殺した。
少年は第1級殺人罪で訴追され、少年拘置所に勾留されているという。

子供が子供を銃殺する世界はまともな世界なのか?
それでもアメリカ人は銃を愛して手放せないのか?

そしてこんなに悲惨な出来事があっても、アメリカ人は銃を手放せず
1ヶ月もすれば事件は風化してしまうだろう。
子供が子供を撃ち殺す事など、WASPにとっては些細な事なのだろう。


--------------------------------------------------------------------
--------------------------------------------------------------------

NEW
サブ・ブログを作りました。
こちらはランキングに参加しています。
お時間が有りましたら訪問していただき
ランキングボタンを押していただけると嬉しいです。

arrow-001.gif こちらは毎日更新中!?

↓↓よろしくお願いします

沖縄日記・島猫と遊ぶ日々(ΦωΦ)フフフ版


---------------------------------------------------------------------
---------------------------------------------------------------------

沈みゆく大国アメリカ

沈みゆく大国アメリカ
著者:堤未果
価格:777円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


スポンサーサイト

本が売れないのは図書館のせい?

南京大虐殺文書?また支那人がムカつく事をしました。ヽ(`Д´#)ノ

comment iconコメント ( 6 )

8歳と11歳。まさに“子供の喧嘩”じゃありませんか。
こんな喧嘩、日本でもざらにあります。
でも日本では死亡者は出てません。
なぜか。日本には銃がないからです。
子供が簡単に銃を手にできるアメリカ。お国柄の違い、なんてことではもう済まされません。
先ずは銃をゼロにするのが先決だろう、って米国人に強く言いたい。(言う術もないのですが)
こんなことを口にしている自分ですが、銃のない日本に住んでる部外者の遠吠えですか。
それに比べ日本人は偉い。
特に太閤さん。刀狩りは大正解でしたね。
それから明治維新政府。廃刀令の布告もお見事。
為政者の思惑もあったかと思いますが、それでも現在の平穏な社会を築いたことに違いはありません。

名前: ミドリノマッキー [Edit] 2015-10-26 23:08

おはようございます
銃は規制が必要だなと改めて思います。

名前: ネリム [Edit] 2015-10-28 09:38

ミドリノマッキーさん、こんにちは。

ミドリノマッキーさん、こんにちは。

>それに比べ日本人は偉い。
>特に太閤さん。刀狩りは大正解でしたね。
>それから明治維新政府。廃刀令の布告もお見事。

そうですね。ミドリノマッキーさんが言われるように、
日本人は賢いですね。先見の明がありました。
明治維新政府の廃刀令は素晴らしいアイデアです。

それに比べてアメリカは、何かと理由をつけては
銃を保有したがりますから、頭が古い。
時代はもう21世紀なのだから、もっと真剣に考えたほうがいい
と思います。

名前: H [Edit] 2015-10-29 18:05

ネリムさん、こんにちは。

ネリムさん、こんにちは。

アメリカは、もう銃の所持自体を
やめたほうがいいと思います。
根本から変えないとどうしようもないです。

名前: H [Edit] 2015-10-29 18:06

ただの子供のけんかで銃を使うというのは怖いですね。
アメリカではたびたび銃の乱射事件があるようですが、それを考えると日本は平和だと思います。
アメリカは銃の所持を禁止することを考えなければならないと思います。

名前: NOGTAN [Edit] 2015-10-30 21:03

NOGTANさん、こんにちは。

NOGTANさん、こんにちは。

子供が簡単に銃を手にできる世界は怖いですね。
アメリカはいつまで銃を野放しにしているのでしょうか。
おかしな国です。

名前: H [Edit] 2015-11-02 07:06

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)