lgbt-001.jpg

京都・祇園で中国人観光客のトラブルが相次いでいるそうです。
なんでも中国人の当たり屋が多いそうで、勝手に車のドアミラーに
倒れこんできて、金を請求するそうです。これは脅迫や恐喝です。

また、舞妓さんが中国系団体の観光客10人ぐらいに取り囲まれ、
写真撮影を強要され、逃げると腕をつかまれ、袖を引っ張られて
1、2万円はする襦袢を破かれています。
類似ケースは多数あるそうで、中国人にはお気を付け下さい。

とにかく中国人は日本人のようなモラルは持っていませんし、
ルールを守るといった人間としての基本的な能力も持っていないので
日本への入国を規制すべき民族です。


一部の日本人が爆買いで売上が上がったなんて喜んでますが
そんなミミッチイ事で無条件に中国人を入国させていると
大変な事になりますよ。

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

LGBT

生活を共にする同性カップルを、夫婦と同じような関係の
「パートナー」と認める制度が、全国に先駆けて東京都渋谷区と
世田谷区で5日から始まったとの事。

法律上の効果はないが、同性愛や性同一性障害などの性的少数者への
偏見や差別をなくす意識改革につながってほしいと当事者らは
期待しているそうですね。

-------------------------------------------------------------------

この件に関しては特別興味が無いというか、個人的な感想は
特に無いのですが、当事者の方の笑顔を見ると、これはこれであり
なのかなと思います。お幸せにお過ごしください。

ただ、基本的にどんな形であっても、少数派は所詮少数派である事は
忘れないほうがいいと思います。
そこを勘違いすると痛いことになるとおもいますね。


-------------------------------------------------------------------

さて、その点を勘違いした痛い話・・・。


「心は女性である性同一性障害の職員は、戸籍上の性別が男性である限り、
女性トイレを使ってはならない。」と経済産業省がこんな原則を示したそうだ。

使いたければ異動ごとに職場で同障害を公表するよう求めていた。
この職員は近く「人格権の侵害で、同障害を理由にした差別だ」として、
東京地裁に行政訴訟と国家賠償訴訟を起こすそうです。

ここで東京地裁に行政訴訟と国家賠償訴訟を起こす事自体が
すでにカン違いで、思い上がりがあり、痛いのですよ。
この性同一性障害の職員は、何の配慮も許容も出来ないアホですね。

-------------------------------------------------------------------

この職員が情報公開請求して開示された資料によると、
女性トイレの使用を認めない理由について、経産省は
①労働安全衛生法の省令で男女別のトイレ設置が定められている
②女性職員の了解が不可欠だが、2人から「抵抗感がある」との
声があがったなどと説明があったそうな。

要するに下半身に睾丸のついた男と同一のトイレに入るのには
抵抗感がある女性がいるという事だ。


-------------------------------------------------------------------

性同一性障害の職員は、自分の権利ばかりを主張する前に、
周りに迷惑がかかっていないか考える配慮は必要だろう。


性同一性障害だからといって、なんでも許されるわけではない。
お前は子供か?逆の立場になって、よく考えろ。

キミとはトイレを共有したくない人間がいるという事実を受け入れなさい。
障害者トイレの利用では、不十分なのかい?

なぜいきなり行政訴訟と国家賠償訴訟を起こすのかが
まったく理解できないね。プライドが許さない?

そのような行為が確実に理解者を減らしていくんだよ。


-------------------------------------------------------------------

ちなみにこの職員は心は女性であるそうだが、体は立派な睾丸付きの男性。
日本で性別変更するには卵巣や子宮、睾丸を摘出するといった
性別適合手術が必要だが、この職員は受けていない。
要するに「心は女性」という自己主張だけ。「体は男性」。

キミに一言贈ろう。

足るを知る

-------------------------------------------------------------------
-------------------------------------------------------------------

NEW
サブ・ブログを作りました。
こちらはランキングに参加しています。
お時間が有りましたら訪問していただき
ランキングボタンを押していただけると嬉しいです。

arrow-001.gif こちらは毎日更新中!?

↓↓よろしくお願いします

沖縄日記・島猫と遊ぶ日々(ΦωΦ)フフフ版


職場のLGBT読本

職場のLGBT読本
著者:柳沢正和
価格:2,160円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る




スポンサーサイト

赤と青

本が売れないのは図書館のせい?

comment iconコメント ( 8 )

この記事面白いですねぇ~。

アニメ好きの私としては、すぐに思いつくのが小説家の[奈須きのこ]氏。
性別は男ながら、本人は心は女という小説家です。
あの人の原作となるアニメ、結構観ています。

[月姫]からはじまり[空の境界]、そして[Fate]シリーズなど・・・。
別にこれといって違和感はないのですが、私生活はどうなんだろう?っと思うことは確かにあります。

男と女=SEXがあり子孫を残すための存在。

本当にそれだけが愛情表現なんでしょうかね。

ウチは女房の体調(かなり辛そうだったためあきらめた?)を考慮し、何年もそういう行動には出ていません。
でも、夫婦間のやり取りはお互いに持ちつ持たれつで、SEXがなくても違和感はぜんぜんナシ!。

これは男同士でも女同士でもありえることではないでしょうか?。

私達夫婦のよう、50代を超えての付き合い(付き合い始めて30年以上)だからこそ成しえる業だと思われますけど、実はそうでもないかもしれない。

したがって、私は同性愛が悪いとは思わず、でもそれがすべてだとも思いません。
よは心の問題。

男と女で結ばれていても、それを超越する仲になってしまえば、男と女である必要がないともいえまよね。

このコメントがHさんの意に反する、もしくはこのブログにそぐわないコメントと判断されるようでしたら削除して下さい。
その件に関して、私はHさんの判断にお任せしますし、削除されたからといって、私がHさんに対する見方を変えるつもりは一切ございません。。

名前: 中森 ユウジ [Edit] 2015-11-07 07:47

中国人観光客

今更言うまでもない事かも知れませんが、マナーは良くありません。

欧米人との落差が大きいので目立つんです。私の学生の頃は日本の農協さんの団体旅行が品位に欠けると批判されていましたが、今の中国人ほどではなかったと記憶しています。騒がしいだけで実害を及ぼすことはなかった。

街中に爆買いに来なくてもすむように空港や港湾で買い物をすませてトンボ帰りしてもらうようにしてもらいたいものです。

名前: 昔とった杵柄 [Edit] 2015-11-07 11:06

中森 ユウジさん、こんにちは。

中森 ユウジさん、こんにちは。

僕は中森 ユウジさんのコメントにおおかた同意ですね。

>男と女=SEXがあり子孫を残すための存在。
>本当にそれだけが愛情表現なんでしょうかね。

男と女=SEXがあり子孫を残すための存在は、国策として
国が滅びないためのプロバガンタでしょうね。
個人には関係ない。

愛情表現を個体レベルで判断すると、中森 ユウジさんの
言われるように、男という区別も女という区別もなくなるでしょう。
まさに心の問題で、個人の問題。

僕は、他人に迷惑をかけなければ、それぞれの考えを持った人が、
自由に判断・行動して愛情表現すればいいと思っています。

名前: H [Edit] 2015-11-08 07:15

昔とった杵柄さん、こんにちは。

昔とった杵柄さん、こんにちは。

「トンボ帰り」はいいアイディアですね。
それならば中国人による実害もないですし、日本も汚れない。
どこでもつばを吐き、糞尿を垂れる民族には
日本に来てほしくありません。

名前: H [Edit] 2015-11-08 07:17

Hさんのブログほど痛快なブログは見たことありません。
フフフ版も応援ぽちしてきました。

名前: 豪州サンディ [Edit] 2015-11-09 14:18

豪州サンディさん、こんにちは。

豪州サンディさん、こんにちは。

いつも応援ありがとうございます。
今後もよろしくお願いします。

名前: H [Edit] 2015-11-11 12:18

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

名前: - [Edit] 2015-11-12 11:24

鍵コメさんへ

個人的に、愛について思考されるのは良いことだと思います。
しかし僕の、愛について書いた文章は
引用するほどの価値はありませんよ。

愛は概念ではなく、行動です。
その点はご理解ください。

連絡どうもありがとうございました。

名前: H [Edit] 2015-11-13 17:31

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)