IMG_2192.jpg

北京の大気汚染がすごい事になってるそうですね。
北京市内は濃いスモッグに覆われて薄暗く、視界がぼやけて
100メートル先が見通せないほどだそうな。

高速道路が各地で通行止めとなり、多くの学校で屋外活動が
中止されるなどしたそうな。

まあ、自ら招いた現象なので、好きにやって下さい。
ただし日本には迷惑かけないでね。ウザイのよ。
支那は勝手にどんどん自滅てほしいわ。

日本にとっては支那の方が、イスラム国より何倍も厄介なんだよね。

それはさておき・・・。

-----------------------------------------------------------------

◯報復テロを終わらせるには

とても簡単な事だ。
欧米諸国が今まで散々中東から搾取してきたものを
中東に返せばいいのだ。

言いかえれば富の再配分・返還をすればいい。


欧米諸国は何千年にわたって、あまりにも富を独占してきた。
今回の大規模テロは、それが限界点に達した証拠だろう。
だから、盗みとってきた富を返還すればいいのだ。

中東と西側諸国の生活レベルを同じにすれば、
テロの原因も無くなるし、テロを行う理由もなくなる。
試してみる価値はあるだろう。

-----------------------------------------------------------------

しかし欧米諸国は、そのような富の再配分などには同意せず
この案は試されることはないだろう。
あくまでも僕の脳内で創りだされた理想論だ。
それはよくわかっている。


それに現実的に、テロリストと話し合う機会もないし、
欧米諸国も、話し合いの必要性は感じていないだろう。

そもそも話し合いで解決するならば、このような事態には
なっていない。

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

ではどうすればいいのか?
今回の報復テロの原因を考えてみよう。

「イスラム国」は犯行を認める声明をインターネット上に発表した。
フランスが同組織に対し、シリアなどで続ける空爆への
報復テロとしており・・・

と、「イスラム国」自体が言っているように、空爆が原因の報復テロだ。
という事は、空爆がものすごく効果があったという事だろう。
逆に言えば「イスラム国」にとっては、空爆は非常に嫌な攻撃なのだろう。
報復テロをすることによって、フランスの空爆を停止させたいのだろう。

「イスラム国」は空爆のせいで支配地をどんどん失ってきている。
幹部も次々と殺されている。これほどにも空爆が有効なのだ。


-----------------------------------------------------------------

とすれば、欧米の対応はひとつだ。
テロを撲滅するには、空爆を止めるのでなく、空爆を大幅強化する。
「イスラム国」がテロをすればするほど、空爆が激しくなるという
現実を突きつければいい。

もはやこの戦争を止めるすべは無い。
これはイスラム教とキリスト教の新たなる戦いの幕開けかもしれない。
宗教は常に反目し合い殺しあう。それは歴史が証明している。

-----------------------------------------------------------------

それと同時に「イスラム国」の資金源になっている油田も破壊する
必要があるだろう。
欧米各国が油田は後で利用できるから攻撃対象から外そうなどと
中途半端なことを考えているなら、「イスラム国」の資金源を
断つことはできす、「イスラム国」は継続して存在するだろう。


-----------------------------------------------------------------

僕は、テロを終わらせ、世界を平和にする方法を考えていたが、
残念ながら、結局テロとは徹底的に戦うしか方法がないことに
気付かされた。

だからテロに屈したら負けなのだ。
テロはテロを生み出す。
テロリストは徹底的に殲滅しなければならない。

人間とは実に殺し合いの好きな生物だ。
今回の報復テロから、「理想と現実」の間には人類では解決できない
闇があることをとつくづく感じた。

理想なき今、テロを終わらせ、世界を平和にする方法などは
人類にないのだ。

-----------------------------------------------------------------

追記

「イスラム国」掃討作戦を主導する米軍が、人質救出やIS幹部拘束
のため急襲部隊をイラクに派遣し始めたそうだ。

世界で一番地上戦の実戦を経験している米軍の実力は折り紙つきだ。
米軍が「イスラム国」掃討のために地上戦を行うことは、
最も効果的な作戦の一つだろう。
「イスラム国」にとっては脅威だ。

それとフランス等の国内にあるモスクは閉鎖したほうがいいだろう。
所詮はイスラム教の礼拝所。イスラムの味方だ。

イスラム教は「イスラム国」に対しては、手ぬるい。
それはやはり同胞意識があるからだろう。

キリスト教徒はイスラム教徒の本質を甘く見すぎている。
イスラム教徒はコーランが全てであり、コーランが
他宗教と対立構造を生む。


-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

追記+

しかし国連は、今回も何の役にも立たないね。
それもそのはず。国連事務総長の潘基文(パン・ギムン)は、
金で国連事務総長のイスを買ったチョンだった。(´Д`)
平和の意味も理解できない、未来の朝鮮酋長をめざす
無能のバカでした。

-----------------------------------------------------------------
-----------------------------------------------------------------

スポンサーサイト

鳩山由紀夫が沖縄に来て、琉球独立を煽ってるぞ。

シールズ(SEALDs)がなんとなく嫌いな理由

comment iconコメント ( 2 )

今度はジュネーブ?

おはようございます。

ジュネーブにISのメンバーがいるのでは、というニュースが今朝ありましたが、「自分さがしの旅」でISに加わる若者がいるんじゃ防ぎきれませんね。
だけど、今の若者たちの気持ちはわからないでもない。世の中は閉塞感に満ちていて八方塞がりの若者も多いようだし。自爆して報復してやりたい気持ちは理解できます。

名前: 昔とった杵柄 [Edit] 2015-12-11 06:46

昔とった杵柄さん、こんにちは。

誰からの視点で見ても、これだけ貧富の差が拡大すると
搾取されている側は搾取する者と戦う手段として、
テロしかありません。

昔とった杵柄さんが言われるように、
世の中は閉塞感に満ちていて八方塞がりですから、
どの道生きていてもしょうがない。
最期に報復してやりたくなる気持ちは、僕も理解できます。

名前: H [Edit] 2015-12-13 20:27

コメントの投稿





trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)